Jugoslovenska škola

私淑するものとして “Srbija do Tokija” 東京までセルビア "Od Vardara pa do Triglava" ヴァルダル川からトリグラウ山まで ユーゴスラヴィア プラーヴィ

Dr.ミルティン・イヴコヴィッチ - ミルティナッツ (ユーゴスラビア王国代表) / セルビア主将 医者 革命家 反ファシズム主義者 共産主義者 闘士 サッカー選手

ユーゴスラビア、特にセルビアのスポーツ、サッカーの世界では―このスポーツと表裏一体に結びつく― Dr.ミルティン・イヴコヴィッチ-ミルティナッツは多くを意味する。

 二度の世界大戦期の伝説的選手の一人、ユーゴスラビア王国代表、1930年ウルグアイ第1回W杯3位の主将 (最初のW杯のベストイレブン、世界最高のディフェンダー)、 バルカン戦争、第一次世界大戦では、陸軍元帥、最高司令部参謀長だったセルビアの国民的英雄ラドミル・プトニクの孫、 カラジョルジェ星勲章とレジオンドヌール勲章を受勲した陸軍大佐ヨヴァン・イヴコヴィッチの息子、 愛国者、医者、反ファシズム主義者、左翼、共産主義者、硬骨漢、闊達、1906.3.3 - 1943.5. 25 ベオグラード生まれ。

フドバル レカル

 現在のツルヴェナ・ズヴェズダの母体で、セルビア民族主義の象徴であるSKユーゴスラヴィヤで活躍 ( 16歳でデビュー、通算235試合、カレニッチ市場近くの荒地で技を磨き、象徴的な名を持つ小さなクラブ "オビリッチ"が最初のクラブ) 、のちにBASKベオグラードへ ( "Soko"から 改名された第3のクラブ)、ユーゴスラビア王国代表には( 19歳でデビュー、通算39試合、モンテビデオW杯では主将)、 アムステルダムオリンピックベルリンオリンピック、第1回モンテビデオW杯に参加、 サッカーと同時に勉学も怠らず、医学に精励し、クネズ・ミハイロヴァ通りで開業し、医者として従事。

ポリティカ

 ミルティナッツは共産主義運動の同調者だった(国王アレクサンダル1世政権では顕在することはなかった)。 ナチス・ドイツの占領時(ミラン・ネディッチの管理下のもとフューラーの手中にあった傀儡:セルビア救国政府) に共産主義運動と連携する。 最初の政治的関与は、ユーゴスラビア共産主義者同盟と協力し、ドイツのヒトラー政権への抗議のために、ベルリンオリンピックへのボイコットを主導したことだった。 さらに、ユーゴスラヴィア共産主義青年同盟 (SKOJ) の新聞 "ムラドスト"の編集長となり スポーツのプロフェッショナリズムや政治化など今日にも関連する事柄を多く批評した。 しかしながら、これらの政治活動は、特殊警察やナチス・ドイツの秘密国家警察ゲシュタポに気付かれずに見過ごされることはなかった。 最後の試合となったBASKの記念試合でナチスが捕らえたときには、最終的に、この積極的な共産主義イデオロギーの信仰が終焉となり、若く、論議を呼ぶ人生はわずか36年で終えた。

 人生、愛、犠牲、進取、情熱...のなかで正義を探る人々にとって道徳的規範や愛国心ロールモデルとなる並外れた人格の永続する記憶はここに残る。ミルティン・イヴコヴィッチ - ミルティナッツ,伝説は永遠に続く。

f:id:mancedragan:20180304182253g:plain

ゾラン・ミルコビッチ"バタ" バティツァ コニャルニク FKラド パルチザン・ベオグラード 伝説 NATO空爆 1999.10.9 クロアチア代表対ユーゴスラビア代表 マクシミール 前半41分 赤紙 3本指 ロベルト・ヤルニ

燦然と刻印された歴史

国民的英雄、コニャルニクの兵士帰還!dobrodošao kući!Ljubi te Batica!ostati u lijepom sjećanju!je jedan BATA !!Srce Na Teren!パルチザン・ベオグラード

 スポーツ自体を超えた試合、政治的試合、アメリカの交渉人、特使リチャード・ホルブルックとスロボダン・ミロシェヴィッチの長きに渡る会合、 最も荒れ狂った最盛期に侵入した第三のユーゴスラヴィアを壊滅したNATO空爆、スロボダン・ミロシェヴィッチ政権の終焉の兆候が暗示された政治的に荒れ狂った時期、 街路では頻々に起る抗議集会とデモ、積弊の一掃、暗殺...苦難を耐え忍ぶ日々-1999.10.9 UEFA欧州選手権予選 マクシミール クロアチア代表対ユーゴスラビア代表

09.10.1999, Maksimir, Zagreb, Hrvatska, 38743 gledatelja Kvalifikacijska utakmica za Europsko prvenstvo Belgija/Nizozemska 2000, skupina 8 HRVATSKA – JUGOSLAVIJA 2:2 (1:2) Stadion Maksimir u Zagrebu. Gledalaca: oko 40.000. Sudija: Hose Garsija Aranda (Španija). Žuti kartoni: Soldo, Stanić, Tudor, Jurić (Hrvatska), Jokanović, Mihajlović (Jugoslavija). Crveni karton: Mirković (Jugoslavija) u 43. minutu. Strelci: Bokšić (20) i Stanić (46) za Hrvatsku, Stanić (26. autogol) i Stanković (31) za Jugoslaviju. HRVATSKA: Dražen Ladić, Tomislav Rukavina, Robert Kovač, Igor Tudor, Robert Jarni, Goran Jurić, Aljoša Asanović, Zvonimir Soldo, Davor Šuker, Mario Stanić, Alen Bokšić (igrali su još: Igor Bišćan, Josip Simić, Milan Rapaić). Selektor: Miroslav Blažević. SR JUGOSLAVIJA: Ivica Kralj, Zoran Mirković, Miroslav Đukić, Goran Đorović, Siniša Mihajlović, Slaviša Jokanović, Albert Nađ, Dejan Stanković, Dragan Stojković, Predrag Mijatović, Savo Milošević (igrali su još: Dražen Bolić, Ljubinko Drulović, Dejan Savićević). Selektor: Vujadin Boškov.

f:id:mancedragan:20180827070857g:plain

 

 

Moja domovina 我が祖国 クロアチア クロアチア代表 フルヴァツカ ヴァトレニ 2018 ワールドカップ・決勝 2018.07.15 18:00 ルジニキ・スタジアム 得点:イヴァン・ペリシッチ28' マリオ・マンジュキッチ69' 観客 : 78,011 主審 : ネストル・ピタナ(アルゼンチン)  スレブロ ズラトヌ・ロプトゥ: ルカ・モドリッチ コリンダ・グラバル-キタロヴィッチ

Svakog dana mislim na tebe

Slušam vijesti, brojim korake Nemir je u srcima, a ljubav u nama Ima samo jedna istina Svaka zvijezda sija za tebe Kamen puca pjesma putuje Tisuću generacija noćas ne spava Cijeli svijet je sada sa nama.. Sa nama! Moja domovina, moja domovina,Ima snagu zlatnog žita,Ima oči boje mora,Moja zemlja Hrvatska.Moja domovina, moja domovina,Ima snagu zlatnog žita,Ima oči boje mora,Moja zemlja Hrvatska.Svakog dana mislim na tebe Slušam vijesti, brojim korake Nemir je u srcima, a ljubav u nama Ima samo jedna istina.Svaka zvijezda sija za tebe Kamen puca pjesma putujeTisuću generacija noćas ne spava Cijeli svijet je sada sa nama.. Sa nama!Moja domovina, moja domovina,Ima snagu zlatnog žita,Ima oči boje mora,Moja zemlja Hrvatska.Vratit ću se moram doći, tu je moj dom,Moje sunce, moje nebo.Novi dan se budi kao sreća osvaja Ti si tu sa nama... Sa nama!Moja domovina, moja domovina,Ima snagu zlatnog žita,Ima oči boje mora,Moja zemlja Hrvatska.Ima snagu zlatnog žita, Ima oči boje mora,Moja zemlja Hrvatska.

Moja domovina 我が祖国 クロアチア クロアチア代表 フルヴァツカ ヴァトレニ

ルカ・モドリッチ イヴァン・ペリシッチ マリオ・マンジュキッチ

2018 ワールドカップ・決勝

Finalna utakmica Svjetskog prvenstva u nogometu:Francuska – Hrvatska 4:2 (2:1)

Moskva – Stadion Lužniki.Gledatelja 78.011.

Sudac: Nestor Pitana (Argentina)

Strijelci: 1:0 Mandžukić (18 – autogol), 1:1 Perišić (28), 2:1 Griezmann (38 – 11m), 3:1 Pogba (59), 4:1 Mbappe (65), 4:2 Mandžukić (69).

Hrvatska (4-2-3-1): Subašić – Strinić(od 81. Pjaca -), Vida, Lovren, Vrsaljko – Brozović, Rakitić, Modrić; Perišić, Rebić(od 71. Kramarić -) – Mandžukić

Dobitnici "Zlatne lopte":2018 -LUKA MODRIĆ (HRVATSKA)

f:id:mancedragan:20180716225608g:plain

f:id:mancedragan:20180716225642g:plain

クロアチア独立初代大統領フラニョ・トゥジマン クロアチア代表  クロアチア民主同盟(HDZ) サッカーと政治 ヴァトレニ 愛国的情熱 支配的イデオロギー 2018W杯 ズラトコ・ダリッチ ルカ・モドリッチ イヴァン・ラキティッチ

初代クロアチア大統領フラニョ・トゥジマンは、クロアチア民主同盟(HDZ)が手段として利用した巨大な集団的狂喜を通して、 "サッカーの勝利は戦争同様にナショナル・アイデンティティを作り出す"と説くことによって、 クロアチア代表チームを説話と感情をもって入念に作り上げることで、サッカーを重要な役割と理論づけた。

 ツジマン政権時、サッカーは不慣れな政治的な搾取の対象となり、重要な民族主義イデオロギーを反映し、政治的、象徴的なメッセージの有力な伝送器として機能した。

 ユーゴスラビアから独立後、クロアチアでは90年代、解釈、イメージ、メタファーを含めサッカーは、 国家の同一性や文化が特に高尚な戦いの間で統合されたのと関連して、国家の表現という意味で、非常に政治化されていた。

 サッカー、特に代表チームは、ツジマンの国家の構想でそのような重要な役割を占め、自身のアイデンティティと深く情緒的な結びつきを象徴する特別な愛着、ヴァトレニを中心に構築していった。― 今日まだ、 政治、スポーツ当局にとって、問題を引き起こすようにはみえないように 、多くの疑問をもたらすウスタシャ政権に至る民族主義者や修正主義者のレトリックの再生でないわけではない。

f:id:mancedragan:20180711105815g:plain

2018 FIFAワールドカップ: ルカ・モドリッチ (クロアチア代表) 世界最高峰のデセト、小さな偽証者 10番 ディナモ・ザグレブ マミッチのATM

誰もが認めるクロアチアのデセト10番キャプテンは、前ディナモ・ザグレブの独裁者ズドラヴコ・マミッチを支援したことで強く糾弾されている。

 ワールドカップの開幕直前、モドリッチはキャプテンの腕章を破棄することなく、偽証罪で起訴された。犯した過失は微罪には分類されない。

 クロアチアで最も強力な人格、気骨のある人物、ディナモ・ザグレブ、その国で最も強大なクラブの取締役会長、彼の助言者、 ズドラヴコ・マミッチを庇い、隠匿するために、証言を変えたことで起訴されている。

 7月6日、ズドラヴコ・マミッチは、クラブに属する選手売却に関しての資金の横領で、懲役6年半を言い渡された。 14日、逃避していたボスニア・ヘルツェゴビナで逮捕された。 16日、ワールドカップでの最初の勝利で、独裁者を忘却の彼方に押しやる、これ以上、光輝の行く手を邪魔されたくはない...

f:id:mancedragan:20180704230342g:plain

Hakmarrja Shqiponja makth i serbeve Shqiponja dykrenore 双頭の黒鷲 宿願 

Hakmarrja Shqiponja makth i serbeve

Futbolli është një lojë që ka emocione të forta dhe të bukura!Simboli i Shqiponjës nuk është aspak një simbol i ndaluar në asnjë vend të Botës. Nuk është simbol lufte, urrejtjeje dhe diskriminimi!Sukseset e shqiptarëve s'kanë të ndalur!Zvicra mund të fluturojë drejt suksesit! Shqiponja dykrenore 双頭の黒鷲 宿願 

f:id:mancedragan:20180625145942g:plain

2018 FIFAワールドカップ グループE 2018.6.22 20:00 セルビア代表 - コソボ代表 1:2 (1:0) 得点:アレクサンダル・ミトロヴィッチ 5' - グラニト・ジャカ 52' ジェルダン・シャチリ 90' 会場:カリーニングラード 観客:33,167 主審:フェリックス・ブリッヒ(ドイツ)

コソボの"3番目の代表チーム"

 国際司法裁判所(ICJ)が、独立に関して適法と判決を下した時以来、セルビアに対して最大の勝利!

 ヘルベティア人の応援のもと、ナティのドレスを着きて先発メンバーに名を連ねた卓出したダルダニア人選手、ダルダネト: ジェルダン・シャチリグラニト・ジャカヴァロン・ベーラミ、 近隣マケドニアブレリム・ジェマイリとともに、シュチプタルが3分の1以上も占めた。

 約190万人の住人と比較しても、スイスで生活するコソボアルバニア人は、20万人以上と目覚ましい比率を持つ。 ドイツをベースとしたコミュニティーらとともに、彼らはコソヴォにとって重要な財源の一つであり、 毎年、1億7500万スイスフラン(約1億5000万ユーロ)が送金される。 コソボ首相、コソボ未来同盟(AKK)の党首ラムシュ・ハラディナイ自身も、独立のためのゲリラ組織、コソボ解放軍のリーダーになるために戻る以前は、 スイスでナイトクラブの用心棒、空手の教師やアルバニア民族主義者組織 "コソボ国民運動"の一員として、勃々たる雄図をもって若き日を過ごしていた。

f:id:mancedragan:20180624193108j:plain

f:id:mancedragan:20180624183954g:plain

f:id:mancedragan:20180624184038g:plain

f:id:mancedragan:20180624184324g:plain

f:id:mancedragan:20180624184350g:plain

 

Veprat e tua nuk do te harrohen asnjehere Legjendë ! 23.07.1960 - 09.06.2018 ファディル・ヴォクリ 伝説 フトボリト  ダルダネト コソボ代表

nuk harrohesh kurr!

faleminderit për gjithçka!Ishe dhe to te mbetesh ne zemrat tona!Faleminderit per gjithcka Kampion!Do na mungosh shume !Vokrriiii dhe gooollëëë!Lamtumirë Legjendë!

Veprat e tua nuk do te harrohen asnjehere Legjendë ! 23.07.1960 - 09.06.2018 ファディル・ボクリ 伝説 ユーゴスラビア コソボ アルバニア ポドゥイェヴォ ダルダネト コソボ代表 ラピ プリシュティナ パルティザンベオグラード

f:id:mancedragan:20180620221340g:plain

 

ニコラ・ミレンコヴィッチ "ブレキ" (セルビア代表) / 新しいネマニャ・ヴィディッチ ベオグラード ウジツェ パルチザン・ベオグラード ツルヴェナ・ズヴェズダ テレオプティク スパルタク・スボティツァ

ノヴィ・パルティザノヴェ・ヴェヴェ

ニコラ・ミレンコビッチ "ブレキ": 1997.10.7 ベオグラード生まれ パルチザン・ベオグラード ファリ・ラマダニ 流星のようなキャリア  高速の筋収縮を許容する白色筋線維の比率が高く、身長195センチで屈強さと速さを併せ持つ拙速な芸術品 欧州で名高いパルチザン・シュコーレでは過度な才能と適用されてなかった、 それゆえにプロフェッショナル契約はもちろん、スカラシップの契約さえも得ることができなかった、2015/16 シーズンにテレオプティクへ、一人の専門家イヴァン・トミッチとの邂逅がなければ、3、4部リーグに今日隠れていても不思議ではなかった、 パルチザン・ベオグラードのファースト・チームには、2016年4月10日FKムラドスト・ルチャニ戦で18歳5か月29日デヴュー、ヴォイヴォディナ戦で初ゴール、 そのゴールはパルチザンのそのシーズンの100ゴールでもあった、ファーストシーズンは4試合1ゴール、次のシーズンは"ツルノ・ベリ"の柱の一員として32試合2ゴール、 パルチザンの最後の試合では、カップ戦決勝、永遠のライバル、ツルヴェナ・ズヴェズダ戦のベオグラード・ダービーでゴールを挙げ、ズヴェズダからダブルクラウンを奪い、ヒーロとなり、別れを告げた、 このゴールは118回のベオグラード・ダービーで当時21歳のネマニャ・ヴィディッチパルチザンに対して挙げたゴールと時間や角度がほとんど同じで重なる、 パルチザンでは通算44試合4ゴール、2018FIFAワールドカップに向けセルビア代表初選出、6月3日チリ戦で20歳7か月23日のセルビア代表デビュー、 伝説的なデヤン・サビチェビッチが、セルビア・モンテネグロ代表の椅子に座っていた時、2002年10月12日ナポリスタディオ・サン・パオロでのイタリア戦で、 軌道上に21歳の青二ネマニャ・ヴィディッチを発射台に置いたように、その時、ヴィディッチとペアを組み、のちに、ディレクター、トレーナーまたは クラブ社長で成功し、現在セルビア代表の椅子に座る快活なムラデン・クルスタイッチは、デーヨがズヴェズダの若き主将を信頼したように、 ワールドカップの舞台で同じような作法をとる、これは大きな代表の発射傾斜台となる。

f:id:mancedragan:20180614222236g:plain