Jugoslovenska škola

私淑するものとして “Srbija do Tokija” 東京までセルビア "Od Vardara pa do Triglava" ヴァルダル川からトリグラウ山まで ユーゴスラヴィア プラーヴィ

Dr.ミルティン・イヴコヴィッチ - ミルティナッツ (ユーゴスラビア王国代表) / セルビア主将 医者 革命家 反ファシズム主義者 共産主義者 闘士 サッカー選手

ユーゴスラビア、特にセルビアのスポーツ、サッカーの世界では―このスポーツと表裏一体に結びつく― Dr.ミルティン・イヴコヴィッチ-ミルティナッツは多くを意味する。

 二度の世界大戦期の伝説的選手の一人、ユーゴスラビア王国代表、1930年ウルグアイ第1回W杯3位の主将 (最初のW杯のベストイレブン、世界最高のディフェンダー)、 バルカン戦争、第一次世界大戦では、陸軍元帥、最高司令部参謀長だったセルビアの国民的英雄ラドミル・プトニクの孫、 カラジョルジェ星勲章とレジオンドヌール勲章を受勲した陸軍大佐ヨヴァン・イヴコヴィッチの息子、 愛国者、医者、反ファシズム主義者、左翼、共産主義者、硬骨漢、闊達、1906.3.3 - 1943.5. 25 ベオグラード生まれ。

フドバル レカル

 現在のツルヴェナ・ズヴェズダの母体で、セルビア民族主義の象徴であるSKユーゴスラヴィヤで活躍 ( 16歳でデビュー、通算235試合、カレニッチ市場近くの荒地で技を磨き、象徴的な名を持つ小さなクラブ "オビリッチ"が最初のクラブ) 、のちにBASKベオグラードへ ( "Soko"から 改名された第3のクラブ)、ユーゴスラビア王国代表には( 19歳でデビュー、通算39試合、モンテビデオW杯では主将)、 アムステルダムオリンピックベルリンオリンピック、第1回モンテビデオW杯に参加、 サッカーと同時に勉学も怠らず、医学に精励し、クネズ・ミハイロヴァ通りで開業し、医者として従事。

ポリティカ

 ミルティナッツは共産主義運動の同調者だった(国王アレクサンダル1世政権では顕在することはなかった)。 ナチス・ドイツの占領時(ミラン・ネディッチの管理下のもとフューラーの手中にあった傀儡:セルビア救国政府) に共産主義運動と連携する。 最初の政治的関与は、ユーゴスラビア共産主義者同盟と協力し、ドイツのヒトラー政権への抗議のために、ベルリンオリンピックへのボイコットを主導したことだった。 さらに、ユーゴスラヴィア共産主義青年同盟 (SKOJ) の新聞 "ムラドスト"の編集長となり スポーツのプロフェッショナリズムや政治化など今日にも関連する事柄を多く批評した。 しかしながら、これらの政治活動は、特殊警察やナチス・ドイツの秘密国家警察ゲシュタポに気付かれずに見過ごされることはなかった。 最後の試合となったBASKの記念試合でナチスが捕らえたときには、最終的に、この積極的な共産主義イデオロギーの信仰が終焉となり、若く、論議を呼ぶ人生はわずか36年で終えた。

 人生、愛、犠牲、進取、情熱...のなかで正義を探る人々にとって道徳的規範や愛国心ロールモデルとなる並外れた人格の永続する記憶はここに残る。ミルティン・イヴコヴィッチ - ミルティナッツ,伝説は永遠に続く。

f:id:mancedragan:20180304182253g:plain

Veprat e tua nuk do te harrohen asnjehere Legjendë ! 23.07.1960 - 09.06.2018 ファディル・ボクリ 伝説 フトボリト  ダルダナト コソボ代表

nuk harrohesh kurr!

faleminderit për gjithçka!Ishe dhe to te mbetesh ne zemrat tona!Faleminderit per gjithcka Kampion!Do na mungosh shume !Vokrriiii dhe gooollëëë!Lamtumirë Legjendë!

Veprat e tua nuk do te harrohen asnjehere Legjendë ! 23.07.1960 - 09.06.2018 ファディル・ボクリ 伝説 ユーゴスラビア コソボ アルバニア ポドゥイェヴォ ダルダナト コソボ代表 ラピ プリシュティナ パルティザンベオグラード

f:id:mancedragan:20180620221340g:plain

 

ニコラ・ミレンコヴィッチ "ブレキ" (セルビア代表) / 新しいネマニャ・ヴィディッチ ベオグラード ウジツェ パルチザン・ベオグラード ツルヴェナ・ズヴェズダ テレオプティク スパルタク・スボティツァ

ノヴィ・パルティザノヴェ・ヴェヴェ

ニコラ・ミレンコビッチ "ブレキ": 1997.10.7 ベオグラード生まれ パルチザン・ベオグラード ファリ・ラマダニ 流星のようなキャリア  高速の筋収縮を許容する白色筋線維の比率が高く、身長195センチで屈強さと速さを併せ持つ拙速な芸術品 欧州で名高いパルチザン・シュコーレでは過度な才能と適用されてなかった、 それゆえにプロフェッショナル契約はもちろん、スカラシップの契約さえも得ることができなかった、2015/16 シーズンにテレオプティクへ、一人の専門家イヴァン・トミッチとの邂逅がなければ、3、4部リーグに今日隠れていても不思議ではなかった、 パルチザン・ベオグラードのファースト・チームには、2016年4月10日FKムラドスト・ルチャニ戦で18歳5か月29日デヴュー、ヴォイヴォディナ戦で初ゴール、 そのゴールはパルチザンのそのシーズンの100ゴールでもあった、ファーストシーズンは4試合1ゴール、次のシーズンは"ツルノ・ベリ"の柱の一員として32試合2ゴール、 パルチザンの最後の試合では、カップ戦決勝、永遠のライバル、ツルヴェナ・ズヴェズダ戦のベオグラード・ダービーでゴールを挙げ、ズヴェズダからダブルクラウンを奪い、ヒーロとなり、別れを告げた、 このゴールは118回のベオグラード・ダービーで当時21歳のネマニャ・ヴィディッチパルチザンに対して挙げたゴールと時間や角度がほとんど同じで重なる、 パルチザンでは通算44試合4ゴール、2018FIFAワールドカップに向けセルビア代表初選出、6月3日チリ戦で20歳7か月23日のセルビア代表デビュー、 伝説的なデヤン・サビチェビッチが、セルビア・モンテネグロ代表の椅子に座っていた時、2002年10月12日ナポリスタディオ・サン・パオロでのイタリア戦で、 軌道上に21歳の青二ネマニャ・ヴィディッチを発射台に置いたように、その時、ヴィディッチとペアを組み、のちに、ディレクター、トレーナーまたは クラブ社長で成功し、現在セルビア代表の椅子に座る快活なムラデン・クルスタイッチは、デーヨがズヴェズダの若き主将を信頼したように、 ワールドカップの舞台で同じような作法をとる、これは大きな代表の発射傾斜台となる。

f:id:mancedragan:20180614222236g:plain

 

 

アルバニア・ディアスポラ アルバレシュとアルヴァニテスからW杯 / スイス代表 コソボ代表 アルバニア代表  コソボとアルバニア統一 大アルバニア主義 スカンデルベグ マザー・テレサ ゴンジャ・ボヤジュ ネネ・テレザ イスマイル・カダレ ジョン・ミリ インヴァ・ムラ アンリ・サラ フェリド・ムラド ジェームズ・ベルーシ エリザ・ドゥシュク スタン・ドラゴッティ エラ・イストレフィ リタ・オラ デュア・リパ

Një tokë, një popull, një ëndërr

 アルバニアの移民は、出生国の人口と比べ、世界で最大の移民を持つ一つ。欧州の人々の中でも、最も古く、最も高名な移民の伝統を持つ一つ。 まず最初に知られる移民は、15世紀までに遡り、アルバレシュとアルヴァニテスが知られている。 彼らは、オスマン帝国のバルカン侵攻やスカンデルベグの死後、多くのアルバニア住人の排斥と関連する。

 これらの移民の波は、結果として、南イタリアギリシャダルマチア沿岸などの重要なアルバニアの定住を創り出した。 この最も著名なモデルは、南イタリアに位置するアルバレシュ・コミュニティ― 今日彼らの子孫は、民族言語学のマイノリティ―アルバレシュ、アルヴァニテス、アルバナスにあたる。 トルコでは、アルバニア起源の何百万人が系統的に移り、それは主にオスマン帝国時代に起因する。

 ミグリミは、アルバニア人が居住するすべての地域に影響を与えている。 旧ユーゴスラビアに住む大勢のアルバニア人は、第二次世界大戦後に、多くが定住地から逃れていった。 これらの数は、セルビアコソヴォアルバニア住人に対する増大なる弾圧が結果として、 1980年代初期から漸増していった。 そして、アルバニア共産主義体制崩壊のすぐあと、 イタリアへのアルバニア人の大きな移住が続き、それから欧州の国々へ続いた。

 今日、アルバニアの最大の人口集中地は、ヨーロッパ大陸では、イタリア、スイス、ドイツ、または英国、ベルギー とされる、 また、大西洋を通して、アメリカ合衆国やカナダは、多くのアルバニア人を受け入れ、 現在、アルバニア人は、すべての大陸で約50以上の国家に存在している。

エディ・ラマとハシム・サチがW杯に送る統一主義者

スイス代表 デンマーク代表

ベルギー代表

f:id:mancedragan:20180603213408g:plain

ボスニア・ヘルツェゴビナ連邦とスルプスカ共和国のW杯 / もう一つのユーゴスラビア イビチャ・オシム バキル・イゼトベゴビッチ ドラガン・チョービッチ ムラデン・イバニッチ ミロラド・ドディク 民主行動党 クロアチア民主同盟 民主進歩党 独立社会民主同盟

政治家や民族主義者の陥穽によって、民族融和、多民族性―街灯柱に横たわる大酒飲みのように、国際社会が何十年も頼った無意味なトーテム― を軍靴や戦車に踏みにじられ、現在も政治リーダーや御用聞きたちが戦争に導いた古いレシピを使いながら、市民を民族グループに分割しようと画策する ―代表チームは常に通り抜けられない妨害を受ける―勇壮な多文化・多民族国家ボスニア・ヘルツェゴビナは、2018 FIFAワールドカップのファイナル・トーナメントには“ズマイェヴィ” は居ないが、 ボスニア・ヘルツェゴビナ出身の監督や選手は数多く参加し、竜となって踊る。

 代表監督

  • ズラトコ・ダリッチ 出身:リヴノ
  • ムラデン・クルスタイッチ 出身:ゼニツァ
  • ウラディミール・ペトコビッチ 出身:サラエヴォ サライリヤ
代表選手
  • ヴェドラン・チョルルカ 出身:デルヴェンタ
  • マテオ・コヴァチッチ 出身:コトル・バロシュ
  • デヤン・ロブレン 出身:ゼニツァ
  • セルゲイ・ミリンコビッチ-サビッチ 出身:サンスキ・モスト
  • ルカ・ヨビッチ 出身:ビイェリナ
  • ミラン・ロディッチ 出身:ドルヴァル
  • ハリス・セフェロビッチ 出身:サンスキ・モスト
  • マリオ・ガヴラノビッチ 出身:グラダチャツ

f:id:mancedragan:20180608222309g:plain