Jugoslovenska škola

私淑するものとして “Srbija do Tokija” 東京までセルビア "Od Vardara pa do Triglava" ヴァルダル川からトリグラウ山まで ユーゴスラヴィア プラーヴィ

Dr.ミルティン・イヴコヴィッチ - ミルティナッツ (ユーゴスラビア王国代表) / セルビア主将 医者 革命家 反ファシズム主義者 共産主義者 闘士 サッカー選手

ユーゴスラビア、特にセルビアのスポーツ、サッカーの世界では―このスポーツと表裏一体に結びつく― Dr.ミルティン・イヴコヴィッチ-ミルティナッツは多くを意味する。

 二度の世界大戦期の伝説的選手の一人、ユーゴスラビア王国代表、1930年ウルグアイ第1回W杯3位の主将 (最初のW杯のベストイレブン、世界最高のディフェンダー)、 バルカン戦争、第一次世界大戦では、陸軍元帥、最高司令部参謀長だったセルビアの国民的英雄ラドミル・プトニクの孫、 カラジョルジェ星勲章とレジオンドヌール勲章を受勲した陸軍大佐ヨヴァン・イヴコヴィッチの息子、 愛国者、医者、反ファシズム主義者、左翼、共産主義者、硬骨漢、闊達、1906.3.3 - 1943.5. 25 ベオグラード生まれ。

フドバル レカル

 現在のツルヴェナ・ズヴェズダの母体で、セルビア民族主義の象徴であるSKユーゴスラヴィヤで活躍 ( 16歳でデビュー、通算235試合、カレニッチ市場近くの荒地で技を磨き、象徴的な名を持つ小さなクラブ "オビリッチ"が最初のクラブ) 、のちにBASKベオグラードへ ( "Soko"から 改名された第3のクラブ)、ユーゴスラビア王国代表には( 19歳でデビュー、通算39試合、モンテビデオW杯では主将)、 アムステルダムオリンピックベルリンオリンピック、第1回モンテビデオW杯に参加、 サッカーと同時に勉学も怠らず、医学に精励し、クネズ・ミハイロヴァ通りで開業し、医者として従事。

ポリティカ

 ミルティナッツは共産主義運動の同調者だった(国王アレクサンダル1世政権では顕在することはなかった)。 ナチス・ドイツの占領時(ミラン・ネディッチの管理下のもとフューラーの手中にあった傀儡:セルビア救国政府) に共産主義運動と連携する。 最初の政治的関与は、ユーゴスラビア共産主義者同盟と協力し、ドイツのヒトラー政権への抗議のために、ベルリンオリンピックへのボイコットを主導したことだった。 さらに、ユーゴスラヴィア共産主義青年同盟 (SKOJ) の新聞 "ムラドスト"の編集長となり スポーツのプロフェッショナリズムや政治化など今日にも関連する事柄を多く批評した。 しかしながら、これらの政治活動は、特殊警察やナチス・ドイツの秘密国家警察ゲシュタポに気付かれずに見過ごされることはなかった。 最後の試合となったBASKの記念試合でナチスが捕らえたときには、最終的に、この積極的な共産主義イデオロギーの信仰が終焉となり、若く、論議を呼ぶ人生はわずか36年で終えた。

 人生、愛、犠牲、進取、情熱...のなかで正義を探る人々にとって道徳的規範や愛国心ロールモデルとなる並外れた人格の永続する記憶はここに残る。ミルティン・イヴコヴィッチ - ミルティナッツ,伝説は永遠に続く。

f:id:mancedragan:20180304182253g:plain

ファディル・ヴォクリに捧げる最大の勝利、コソボ代表 / サッカーと政治 新たな国家 ファディル・ヴォクリ ダルダニア コソボ アルバニア コソボはセルビア シプタル帽 ダルダネット ダルダン イリュリア ヴェダト・ムリチ メルギム・ヴォイヴォダ ヴァロン・ベリシャ ジェルダン・シャチリ ヴァロン・ベーラミ グラニト・ジャカ

戢鱗潜翼

泥沼化した民族紛争から旧ユーゴ解体・消滅後も、動乱の時代を生き、忍従し、国際社会に完全に認められてない、伝説的なファディル・ヴォクリの苦心惨憺によって待望の210番目に国際サッカー連盟FIFA)の新たな正式加盟国になった開闢草昧のコソヴォは当然まだ国際刑事警察機構(インターポール)の加盟は認められてない 。それにも関わらず、コソボ警察は 欧州選手権予選2020のチェコ代表戦で最大の勝利を得た試合を"コソボセルビア"の政治的な旗を掲げたドローンを飛ばして、再び妨害しようとした国家主義を迅速に、見事に対処した。 目下、若きダルダニア人の大きな挑戦、長き不敗記録はまだまだ続く...

Kosova – Çekia Kosova e pret në “Fadil Vokrri” kombëtaren e Çekisë, ndeshje kjo e vlefshme për kualifikimet në Euro 2020. Formacionet zyrtare: Kosova-Çekia 2:1 Stadiumi “Fadil Vokrri”, Prishtinë. Shikues: 13.000. Gjyqtar: D. Makkelie (Holanda). Shënues: Muriqi (20’), Vojvoda (66’)– Schick (16’). Kartonat e verdhë: Muriqi – Celustka, Masopust. Kosova: Muric, Vojvoda, Rrahmani, Aliti, Hadërgjonaj, Voca, Halimi (Rashkaj 87’), Zhegrova (Muslija 56’), Celina, Rashani (V. Berisha 51’) dhe Muriqi. Çekia: Vaclik, Kaderabek, Celustka, Suchy, Boril, Darida, Soucek, Masopust (Dolezal 81’), Kral (Husbauer 72’), Schick (Krmencik 61’) dhe Jankto.

Rinia jonë nuk vuan nga mungesa e talentit dhe e aftësive por nga mungesa e përkrahjes dhe e mundësive. Futbolli është dëshmi se ne jemi popull që punojmë po aq sa tjerët dhe se me përkushtimin dhe mbështetjen e duhur nga shteti do të mund të shkëlqenim në secilën fushë e të sfidonim secilin shtet. Urime për fitoren e merituar! Shpresojmë shumë e urojmë me zemër të na gëzojë me fitore edhe kombëtarja në ndeshjen e sontme me Francën! アルビン・クルティ コソボ民族主義派野党 ヴェテヴェンドシェ! 自主決定

f:id:mancedragan:20190910191636g:plain

ペーパー・プレーヤー ドゥシャン・ヴラホヴィッチ"ドゥツャ" (パルチザン・ベオグラード) / アルバニア・マフィア セルビアの闇の支配者 ファリ・ラマダニ ピニ・ザハヴィ パルチザン・ベオグラード フィオレンティーナ Ciganine

悪名高いアルバニア・マフィアは、綿密に諜報機関、主に、クロアチア情報庁(HOS) とドイツ連邦情報局(BND) の一部と紐帯して、セルビアのサッカーでどんな小さな出来事でも扱い、麻薬、兵器、爆発装置等からの資金洗浄と共に、 才能ある選手の移籍に関しての運用や選手の経済的権利を通して、多くの資金を稼ぎ、セルビアの分裂、サンジャックやコソボの分離を促進するために、過激派に資金を分配する。

 彼らは、常に租税回避地キプロスで、キプロスのクラブ、アポロン・リマソールを重要な中継地点として、 選手を売り、若しくは貸し出し、売買する。しかしながら、彼らの才能ある選手は、決してキプロスの地に足を踏み入れることはない。 それどころか、キプロスのクラブおかげで、彼らは転売で多くの利益を生み出し、キプロスのクラブは、 スポーツ的観点ではなく、投資として、権利を買い上げる。通常、アポロンから受け取るセルビアのクラブの総額は、最終価格より少なく、 多くの選手はわずか数日で転売されると同時に、その利益はキプロスで投資家に残る。 クラブでの彼らの存在は、フィールドでなく、ペーパー、つまり、ただ書類の上だけにしか残らない。

 彫刻的なクラブの拠点であるキプロスの他に、もう一つの租税回避地カリブ海ヴァージン諸島、ネイビス島、ベリーズ、そしてアメリカ合衆国のニューヨークも加えて、彼らは投資を通じて広大に精華を増益し続ける。

このビジネス・スキームの中心で、 弁護士、役人、政治家、仲介人やオフショア・カンパニーらと強力で広範なネットワークを作り上げた 悪名高いアルバニア・マフィア、ファリ・ラマダニは、傑出した一種のサッカーの寡頭政治の支配者 (アポロンの株主構成で大株主は重鎮ピニ・ザハヴィ、ラマダニの側近)

 世界でも裏社会で最も強力なラマダニとザハヴィが同じ本拠を持つのは明白であるという仮定の下、その様なビジネスを策動し再三再四言及されるイタリアのトスカーナポルトガルリスボン、スペインのマヨルカ島、ベルギーのムスクロンも忘れてはならない。

  セルビア・サッカーの非公式の統治者

ファリ・ラマダニ: テヴォド、マケドニア生まれ ベルリン在住 今や欧州屈指のエージェント マフィア リアン・スポーツ・エージェンシーのオーナー  本物のオクトパス 非公式の統治者 滅多に公に晒すことはなく、メディアに現れるときには、主に才能ある選手のハイジャックに関しての多くの非難 W杯でもラマダーニが代表を篭絡し暗躍したことで非難を浴びる 疑義をもった者は去り、代表チームは権威を失った  国内での促進者、ファシリテーターセルビアの大統領、セルビア進歩党党首アレクサンダル・ヴチッチの寵愛を受けるツルヴェナ・ズヴェズダ会長、前セルビアサッカー協会会長、マフィアともつながるズヴェズダン・テルジッチ 彼の婿ありラマダニの側近ニコラ・ダミヤナツ アレクサンダル・ヴチッチ-セルビア進歩党-ツルヴェナ・ズヴェズダ セルビア 中国 アレクサンダル・ヴチッチ 習近平 セルビア・サッカーリーグ山東玲瓏輪胎(リンロンタイヤ)・スーペルリーガ

  ラマダニ・ビジネス

ドゥシャン・ブラホビッチ"ドゥツャ" (19): 2000.1.28  ゼムン ベオグラード生まれ 長身191cm、75 kg 左利き 体格に似つかないスピードも併せ持つ 前程万里 戢鱗潜翼 剣抜弩張 歳寒松柏 アルティナ OFKベオグラード パルチザン・ベオグラード  新たなドラガン・マンス デヴェトカ 欧州で高尚なゼムネル工場でここ数十年最も有望な才能 巨匠チカ・トルバの置き土産

15歳の時にパルティザンのクラブ歴代最年少でプロフェッショナル契約を締結 パイオニアリーグでは15試合23得点 2015/2016シーズン23節スタラ・カラブルマでのOFKベオグラード戦でパルティザンのクラブ歴代最年少16歳24日でデビュー  プロキャリア2試合目の24節ツルヴェナ・ズヴェズダとの伝統のベオグラード・ダービー、ヴィエチニ・デルビーで永遠のダービーでの歴代最年少出場記録を16歳30日で更新  28節FKラドニク・スルドゥリツァ戦でクラブ歴代最年少得点記録を16歳2か月2日で更新 カップ戦決勝ではヤヴォル戦で試合を決定づける得点を挙げ優勝に貢献した。

新しいツルノ・ベリの双肩を担うと誰もが大いに期待したが、マフィアが現れて孵卵器から全てを奪い去ってから全く別の方途に向かってしまった。悪のヴィライェトに入れ、運営陣は新しい才能を消し去り全てを隠匿した。15か月の静穏と種種の憶説の後に、イタリアのフィレンツェのクラブに権利が運営上の問題が解決する18歳になると同時に移ることが露になった。

悪の方途に向かって忘れられる中、イタリアのセリエAで2018/2019シーズン第6節スタディオ・サン・シーロジュゼッペ・メアッツァでのインテル・ミラノ戦で18歳7ヶ月28日でデビュー  2000年世代では最初の選手となった。しかしそれ以降セリエAの舞台では扱い方を知らない一部のイタリアの衆愚は200分も満たない席しか用意しなかった。継ぎ目なく若いヴィオラのチームに加わることを受け入れ、リリパット国で小人に囲まれるガリバーの如くプリマヴェーラの舞台では21試合19得点(コッパ・イタリアのタイトルと得点王に贈られるカポカンノニエーレ賞を手にした) 

今はすべてが自らの掌中に。来るシーズンはラマダーニが策動する一つアルテミオ・フランキですべてが可能...

f:id:mancedragan:20190827065201g:plain

ストラヒニャ・パヴロヴィッチ"カラバ"(18),パルチザン・ベオグラード / ユーゴスラビア人民軍新たな兵士 ノヴィ・パルティザノヴェ・ベベ ツルノ・ベリ 黒白 フムスカ グロバリ デチュコ Da volim crno bele

勇邁卓犖

ストラヒニャ・パヴロビッチ"カラバ":2001.05.24 オドブラナ シャバツ出身 矮小なクラブのサヴァチウム シュマディヤ代表 欧州で名高いパルチザン・ベオグラードのシュコーレでもしかするとここ数十年最も有望な才能をもつショトペル 長身194cm、屈強、雄勁、鉄面皮、昂然、跳躍、達見、位置 市場ではそのようなプロフィールが特に不足している高級な左足を持つDF 烏獲之力 抜山蓋世 燃犀之明 巨匠チカ・トルバの置き土産 欧州で高尚なゼムネル工場の最新作Partizan Belgrade セルビアの最新のビセル ファリ・ラマダ

2019年2月23日23節ノヴィ・サドのプロレテル戦(3対0)に17歳8か月30日でデビュー  プロキャリアの2試合目の17歳でなんと敵地マラカナでのツルヴェナ・ズヴェズダとの峻烈な伝統である永遠の ダービー、ベオグラード・ダービー、ヴィエチニ・デルビー(1対1)でスタメンに大胆にも名を連ねて、並外れた精神を見せ辛うじて耐え抜き、真の洗礼を受けた 巨匠チカ・トルバが最後の作品としてトプチィデルスコ・ブルドに運び陶冶した才能は新しいツルノ・ベリを双肩に担う。ドゥシャン・トルボイェヴィッチ

f:id:mancedragan:20190811200302g:plain

フィリップ・ステヴァノヴィッチ "フィツァ"(16),パルチザン・ベオグラード / ユーゴスラビア地域の新しい記録の刻印 ノヴィ・パルティザノヴェ・ベベ ツルノ・ベリ 黒白 フムスカ グロバリ デチュコ Da volim crno bele

白眉最良

フィリップ・ステヴァノビッチ "フィツァ":2002.09.25 ナパダチュ ウジツェ出身 アリリェにある矮小なクラブのヴラニッチ 巨匠チカ・トルバの置き土産  欧州で高尚なゼムネル工場の最新作Partizan Belgrade セルビアの最新のビセル  ユーゴスラビア地域の新しい記録の刻印 高級なテクニック ドリブル 

2018年12月9日20節FKラド戦(3対0)で16歳2か月14日での史上3番目のパルティザンのクラブ歴代最年少出場デビュー  2019年8月1日ヨーロッパリーグ予選ラウンド2の2stレグでのコノーズ・キー戦(3対0)で16歳10か月7日の史上2番目のクラブ歴代最年少得点記録、 クラブと代表での欧州戦のコンペティションでは歴代最年少得点記録を更新 巨匠チカ・トルバが最後の作品としてトプチィデルスコ・ブルドに運び陶冶した才能は新しいツルノ・ベリを双肩に担う。ドゥシャン・トルボイェヴィッチ

f:id:mancedragan:20190804195652g:plain

シニシャ・ミハイロヴィッチ "バルビカ"(ユーゴスラビア代表 / ヴコヴァル) / 生まれながらの勝利者 サッカーと政治 超国家主義者 愛国主義者 悪魔の左足 FKの名手 背番号11 東京までセルビア Srbija do Tokija ジェリコ・ラジュナトヴィッチ"アルカン" ボロヴォ ヴォイヴォディナ ツルヴェナ・ズヴェズダ

跿跔科頭

シニシャ・ミハイロビッチ "バルビカ、シニシャ、ミハ":1969.02.20 激戦の地、戦争の象徴の一つである複雑なヴコヴァル生まれ オドブラナ  ボロヴォ ヴォイヴォディナ ツルヴェナ・ズヴェズダ

世界でも稀なキャリア 稀代 強烈なキャラクター 美徳と欠陥 超国家主義者 愛国主義者 共産主義者 国華 雄勁 気骨 跿跔科頭 烈士徇名 剛毅果断 曠世之感 怒髪衝天 知勇兼備

ロックスターのような長髪 バルビカ 悪魔の左足 サッカー史に残る最高のフリーキッカーの一人 FKの名手 背番号11 キャリアの初めは左ウィング 戦争、政治的混迷のため去らなければならなかった時、巨匠ヴヤディン・ボシュコフの懇請でイタリアに渡ってからはディフェンダー 

イタリアのセリエAでのFKの歴代最多得点数の記録保持者 FKでのハットトリック 大セルビア主義者のスローガンになった、スロボダン・ミロシェヴィッチ独裁政権下で使われた「Srbija do Tokijaスルビヤ・ド・トキヤ/東京までセルビア 」を生んだ契機となった欧州と世界を制覇したツルヴェナ・ズヴェズダの黄金の星世代

悪名高きジェリコ・ラジュナトヴィッチ"アルカン"との特別な関係 ユーゴスラビア崩壊、内戦、制裁、空爆と、激動の時代を生き抜いた戦士  ヨシップ・ブロズ・ティトー スロボダン・ミロシェヴィッチ UDBA NATO空爆 逆行した歴史的な政治的試合、マクシミール決戦 ブコバル91

故郷のクラブである3部ヴコヴァルのボロヴォから17歳でベリ・マナスティルでのスパルタ戦(1対1)でいきなり得点を挙げ華々しいデビュー 多くの喝采を受け、ユース年代の列国議会の大会では SRクロアチア代表(クロアチア社会主義共和国)でプレーしていた ノヴィ・サドのヴォイヴォディナではリュプコ・ペトロヴィッチのもとで直に地位を築き誰も予想できなかったリーグ優勝に大いに貢献  ヴォイヴォディナで2年半の冒険を終えた後、監督リュプコと共に欧州の強豪ツルヴェナ・ズヴェズダに移った  最初のシーズンにリーグ優勝に貢献したが、とりわけ欧州チャンピオンカップの準決勝バイエルン・ミュンヘンでのFKの得点と決勝に導く決定的な奮励が記憶されている(欧州戦10試合5得点)  そのあと欧州チャンピオンカップインターコンチネンタルカップで欧州と世界を制覇

代表ではユース年代ではSRクロアチア代表(クロアチア社会主義共和国)でのプレーが発端でミロスラフ・ブラジェヴィッチ"チーロ"の関心を引き、クロアチアの浄域ディナモ・ザグレブに招待されたとき、 ユーゴスラビア代表クロアチア人ミルコ・ヨジッチはディナモか、または代表を退くかと脅迫した それ故に世界を制覇した有名な"チリ人"代表チームにはいなかった  のちに選出されたときにU-21欧州選手権では準優勝  シニア年代には軍靴や戦車に踏みにじられた多民族融合の伝説的なユーゴスラビア代表SFRに巨匠サライリヤのイヴィツァ・オシムのもとで22歳2か月26日にデビュー  ユーゴスラビア崩壊後、そのあと国際復帰したユーゴスラビア代表FRで過酷な状況下のもとプレーを続けた  代表最後の国際試合は、その時には既にセルビア・モンテネグロ代表SCGだった 騒乱の渦の中SFRY、FRY、SCGで代表通算63試合10得点、レッドカード(5)を受けた記録的な数も型破りなキャラクターを表している  再び人生で最も困難な試合が待っている!絶対に勝利を!

Veliki igrac, uspjesan i kao trener. Izdrzi legendo, moras dobiti i ovu najtezu utakmicu utakmicu zivota ! Sve može da se pobedi u životu!Rodio si se znajući samo za život, živeo si znajući samo za pobede! Siniša pobedi!

f:id:mancedragan:20190717061041g:plain

EP 2017: エリフ・エルマス(17),FKラボトニツキ / 仲間よ,奴を失わないようにしろ,これはまさに黄金!

爬羅剔抉

エリフ・エルマス(北マケドニア代表): 1999.09.27 スコピエ出身 FKラボトニツキ フィリッポス2世からの小さなボールの芸術家 Elmas(名前はトルコ語でダイヤモンド)  ファリ・ラマダニ  栴檀双葉 大巧若拙 心広体胖 ユーゴスラビア オスマン帝国 マケドニア ユスキュプ トルコ  トルベシュ ポマク 北マケドニア マケドニア代表 ダルコ・パンチェフ FKヴァルダル

独立した新しい時代の気運が澎湃しているマケドニアのトルベシュ人、ポマク人の家庭でスコピエの最も激戦の地区ビュテルで育った まるで運命であったかのように小さなクラブである"フェネルバフチェ"・テフェユズでボールと戯れ 、小さなクラブではあったが、既に多くの礼賛と嘆賞があった オランダのフリースラントのクラブやスペインのカタロニアの軽業師が特に熱心であったが 、12歳の時、家族はマケドニアで権威ある学校ラボトニチキを最終的に選んだ ラボトニチキではのちの代表監督イゴール・アンゲロフスキが直ぐにフィールドに押し出し、 2015/16シーズンに9月30日カップ戦ゴスティヴァル戦(4対0)16歳3日でデビュー そのあとすぐリーグ戦でもメタルルグスコピエ戦でデビューした 最初のシーズンは11試合1ゴール  2016/17シーズンでは17歳でラボトニチキの中心として3位に貢献し脚光を浴びた  33試合6ゴール7アシスト  トルコ代表も懸命に説得して働きかけていたものの 、その時すべての段階を飛ばして、W杯欧州予選2018のスペイン戦のマケドニア代表に選出され、2017年6月11日のスペイン戦(1対2)17歳8か月18日で代表デビュー  デビュー戦では33歳アンドレス・イニエスタや28歳セルヒオ・ブスケツらのスペインの経験豊富な練達した名手を手玉に取った  その僅かあとには、UEFA U-21欧州選手権2017の決勝トーナメントに独立後初めて進出し勝ち抜いたU-21代表チームに大会最年少で切り札としても選出された...

f:id:mancedragan:20190709081611g:plain

ミロト・ラシツァ (コソボ代表) / シプタル帽を被る外交家 サッカーと政治 ナショナリズムとパトリオティズムとアイデンティティー ダルダニア コソボ アルバニア ファディル・ボクリの最後の置き土産 アルティン・ララの愛蔵品

慧可断臂

ミロト・ラシツァ ミロト・ラシカ ミロート・ラシカ: 1996.06.28 ヴシュトリ/ヴチトルン出身(人口約3万人の小さな町、コソボ北部、ミトロビッツァ)

生まれた時には既に政治的緊張、民族衝突が増大し戦禍を逃れなければならなかった ダルダニア人の稚拙な芸術品 ファディル・ボクリの最後の置き土産 アルティン・ララの愛蔵品  ダルダニア人 ダルダニア コソボ アルバニア イリュリア  ダルダン ダルダネト ユーゴスラビア 大アルバニア Unë Biri yt Kosovë ! 2つの国家代表 右ウイングの著名者  キャリアで現在、右ウイングのポジションで98試合17ゴール22アシスト(一方で左ウイングでは19試合だけ3ゴール2アシスト)  ファディル・ボークリの衣鉢を継ぐ 瑰意琦行 ロケット・マン 剽悍 韋駄天走 驚異的なスピード シプタル帽を被る外交家

ユーゴスラヴィア崩壊、紛争以降、秘密裡で行われていたUEFAFIFAに認可されず世界から孤立した矮小なコソボスーペルリーガ(コソヴォの1部)に属していたKF ヴシュトリア(当時はラムコス・コソヴァ)で 2013/14 シーズンに16歳でデビュー  デビューしてすぐに1年近くの大怪我を負いフィールドを離れた  怪我の期間中、アルティン・ララの懇請によって、ドイツのハノーファーに移り治療を受ける  完治後、コソボを離れオランダに渡りアーネムの町で直ぐにポジションを託されクラブにとってかつてない偉業に貢献し (KNVBカップ、オランダのカップ戦での優勝、クラブの124年の歴史で初のトロフィー、決勝戦でアシスト)、通算100試合15ゴール24アシスト

アルバニア代表の全ユース年代のカテゴリーを通過して、2016年3月の19歳9ヶ月1日で代表デビュー  そのあと直ぐに、遂に待望のUEFAFIFAに加盟を承認され難路を抜け出した開闢草昧のコソボ代表に2016年5月6日の20歳2ヶ月8日で歴史的初の国際試合で代表デビュー  以降今まで20試合でまだ2得点4アシスト

ファディル・ボクリの精神が徐々に涵養し始めた今季、紙の上では左サイドだが、より中央の脇を自由に浮遊し 、試合の状況では稀だが試合を武装する自治を高めるためセカンド・ストライカーとしての役割も担うようになり エリアの外側からも仕留める

より自由に、よりゴールに

ゴールよりアシストに注力していた以前のシーズン、姿とは違い 、今季、ドイツ・ブンデスリーガで試合の勝利を決定づける決勝点は、ドイツで3位のゴール数:殺し屋 30試合12ゴール6アシストを記録 今は敵手を仕留める魁偉なアデム・ヤシャリの如く気味悪い兵士に徐々に進化している 。いずれにせよ、すべてがフィールドで作用する。向上し続けろ!あなたはファディル・ヴォクリに成り得りえる必要な特性をすべて備えている。

f:id:mancedragan:20190607214326g:plain

f:id:mancedragan:20190607214352g:plain

ドラゴスラブ・シェクラーラッツ "シェキ " (ユーゴスラビア代表 / ツルヴェナ・ズヴェズダ) / サッカーと政治 伝説 銘肌鏤骨 星人 ズヴェズディナ・ズヴェズダ ヨシップ・ブロズ・チトー スロボダン・ペネジッチ "クルツン" アレクサンダル・ランコヴィッチ ジェリコ・ラジュナトヴィッチ "アルカン"

星人

ラゴスラブ・シェクラーラッツ "シェキ" ドラゴスラフ・シェクララッツ ドラゴスラヴ・シェクララツ: 1937.11.30 - 2019.01.05 シュティプ (ユーゴスラビア王国 / マケドニア) ベオグラード育ち ツルヴェナ・ズヴェズダ ヴェズニ・イグラチュ

ドリブル王 ボールの芸術家 ボールの大家 豊富なトリックを多用する大観衆を引きつけるエンターティナー 曲芸師 第二次世界大戦後、世界で最も華々しい伝説的選手(フランスのレイモン・コパ、ブラジルのガリンシャ、アルゼンチンのオマール・シボリ)  最大のドリブラーの1人 桁外れの妙技と奇術児戯 ボヘミアン・プレーヤー 欧州と世界を制覇した1991ズヴェズダの黄金の星世代のクリエーター 若く有望で更に難攻不落の選手を集めた最初の一人 主人公として映画化されたコメディ映画"Šeki snima, pazi se" キャリアで光と影 審判への打擲 2度の1年以上の長期出場停止 無数の逸話と論争 獰猛 昂然 悪名高きジェリコ・ラジュナトヴィッチ"アルカン"との関係 アルカンのFKオビリッチを指揮

ズヴェズダの権威あるズヴェズディナ・ズヴェズダ6星人の1人(ライコ・ミティッチ、ドラガン・ジャイッチ、 ウラディミール・ペトロヴィッチ "ピジョン"、ドラガン・ストイコビッチ "ピクシー"、1991年世代) ライコ・ミティッチに次ぐ第2星人 1955年3月6日プロレテル・ズレニャニン戦17歳でデビュー ズヴェズダでは11年間で375試合119ゴール 5つのリーグと3つのカップ ミトローパ・カップ( 1958ダニューブ・カップ、最初の国際主要の欧州クラブの大会のひとつ)

ユーゴスラビア代表41試合6ゴール 1956年9月30日18歳で代表デビュー 2大会のワールドカップ(チリ人世代、1962チリW杯4位、ウルグアイ戦、その時通常は10段階評価で史上唯一初めて存在しない採点11、大会のベストの1人)と1つのオリンピック(1956メルボルンオリンピック、銀メダル) 最初の欧州選手権である1960欧州ネイションズカップ(準優勝、最初の欧州選手権の大会ベスト11) 代表では1958ベオグラードJNA・スタジアムでのイングランド代表 (5対0)での活躍がとりわけ記憶されている。

絶大の力を有するイタリアの実業家、イタリアを代表する自動車会社フィアットのオーナーでありユヴェントスのクラブのオーナーであるジャンニ・アニェッリは 、空の小切手を送り、どうにかして連れて行こうとしたが、秘密警察の長、OZNAやUDBAの第一人者、ヨシップ・ブロズ・チトーの親玉であり側近、ユーゴスラビア最高権力者の1人アレクサンダル・ランコヴィッチ と政治の第一人者、国民的英雄、OZNAの長、セルビア社会主義共和国首相スロボダン・ペネジッチ "クルツン"の共産主義者の大立者は阻止した。 栄光の絶頂として、権威ある最高の賞バロンドールが贈られると考えられていたが(最終的にチェコスロバキアのヨゼフ・マソプストに渡る)、ナチス地域ニシュのラドニチュキ戦で起こした主審スボティッツァ人パヴレ・トゥムバスを打擲した致命的な事件によって 、最高の権威の代わりに、ドラコンのような過酷な罰則 - 1年半の出場停止 - を受け、それが大きな代償となり、暗雲に覆われた隘路に消えていく。ドラゴスラフ・シェクララッツ

legende su vječne!!Legende nikad ne umiru !!永遠に!!

Dragoslav Šekularac

Da se nikad ne zaboravi Sreda, 24. mart 1999. godine NATO agresija na Saveznu Republiku Jugoslaviju / 1999.3.24 NATO空爆 伝説 銘肌鏤骨 ドラガン・ストイコヴィッチ "ピクシー" NATO STOP STRIKES! 帝国主義 人道的危機 NATO アメリカ ランブイエ  スロボダン・ミロシェヴィッチ イブラヒム・ルゴヴァ ビル・クリントン リチャード・ホルブルック マデレーン・オルブライト

Na današnji dan pre tačno 20 godina NATO je protivno svim međunarodnim pravima počeo sa agresijom i bombardovanjem SR Jugoslavije!

Nemojte zaboravljati istoriju i dešavanja na ovim prostorima i sva zla koja su nam ti ljudi doneli i probleme i sa Kosovom. Da se nikada ne zaboravi. I da se nikada ne ponovi. Da se ne zaboravi, da se nikad ne ponovi. Nikad u NATO, NIKAD! Nismo te zaboravili silo. A nećeš ni ti nas. Srbija pamti. Sve!

ドラガン・ストイコビッチ "ピクシー" ストイコヴィッチ 伝説 銘肌鏤骨 1999 ランブイエ城 ランブイエ合意 和平交渉 アネックスB NATO NATO空爆 MiG-29 アライド・フォース作戦 コソボ地上査察団 クマノヴォ合意 スロボダン・ミロシェヴィッチ イブラヒム・ルゴヴァ ハシム・サチ コソボ解放軍 (UÇK:KLA) ビル・クリントン リチャード・ホルブルック マデレーン・オルブライト トニー・ブレア ゲアハルト・シュレーダー ジャック・シラク ハビエル・ソラナ ウェスレイ・クラーク ハシム・サチ ラムシュ・ハラディナイ クリストファー・ヒル ヴォルフガング・ペトリシュ ボリス・メイヨールスキー 国際連合(UN)アメリ欧州連合EU) フランス ドイツ イギリス ロシア ユーゴスラビア連邦共和国 FRY セルビア モンテネグロ コソボ アルバニア ラチャク ゴーラ人 ロマ人 ボシュニャクトルコ人 国連安保理決議1244 国際連合コソボ暫定行政ミッション 帝国主義 人道的危機 テロリズム 制裁 売国奴

f:id:mancedragan:20190329210540g:plain