Jugoslovenska škola

私淑するものとして ヴァルダル川からトリグラウ山まで ユーゴスラヴィア プラーヴィ

淵源/ 政治家とサッカー Tole Lopove! セルビア ユーゴスラビア 代表 パルチザン・ベオグラード ツルヴェナ・ズヴェズダ

政柄を握るトミスラヴ・ニコリッチがアレクサンダル・ヴチッチに。
イビツァ・ダチッチのセルビア社会党がアレクサンダル・ヴチッチのセルビア進歩党に。パルチザン・ベオグラードツルヴェナ・ズヴェズダに。

 セルビアでは、サッカーは政争の道具であり政府の支局。 ヨハネの黙示録の四騎士―アレクサンダル・ヴチッチ 、スラヴィシャ・コケザ、ズヴェズダン・テルジッチ、スラヴォリュブ・ムスリン― が再び駆る。

 政治家による策謀、不正な資金の流れ、巨大な負債、犯罪、疑わしい結果、スタジアムでの暴動、空席、無意味な競技方法、クラブリーダーの絶え間ない言論戦、 早過ぎる才能の売買―最新は、崩壊前のユーゴスラビア代表の一員として、1990年マレーシアでの世界選手権で銀メダルを獲得したバスケットボール選手ダニエル・イリッチの息子、ニシュ出身で、ピクシー・ストイコビッチに憧れる、ルカとイヴァンのイリッチ兄弟、弟のイヴァン・イリッチは16歳15日のツルヴェナ・ズヴェズダの歴代最年少出場記録を更新―、エージェントの過度の干渉などの悪弊と共にヴチッチの政治的ドゥミ・モンドがサッカーを侵害する。

 

 

f:id:mancedragan:20170709193551j:plain

f:id:mancedragan:20170709191806j:plain

黒い山モンテネグロ代表 ハラブリ・ソコリ ユーゴスラビア/ペータル2世ペトロヴィッチ-ニェゴシュ、アレクサンダル1世、聖サヴァ、ステファン・ネマニャ、ミロヴァン・ジラス、ニコラ1世、エレナ・デル・モンテネグロ 、ペコ・ダプチェヴィッチ、エレナ・ペトロヴナ、ミリツァ・ニコラエヴナ、プレドラグ・ミヤトヴィッチ、デヤン・サビチェヴィッチ

ユーゴスラビア浩瀚な歴史において、第1回目のFIFAワールドカップでのブラジル戦の活躍により、エル・グランデ・ミロヴァンの異名が奉られ、最初のワールドカップで世界のベストイレブンに主将のミルティン・イヴコヴィッチと共に選出されたミロヴァン・ヤクシッチ以降、定期的にテントウムシと共に偉大なゲームの大家―おくらく、殆どの人は、ブドゥチノストでもスティエスカでもなく、ポドゴリツァの小さなムラドストが、偉大な黒い山の名手―プレドラグ・ミヤトヴィッチ、デヤン・サビチェヴィッチ、レフィク・シャバナジョヴィッチ、近くはステヴァン・ヨヴェティッチなど―を生んだことを、知らない―を授ける人口67万人の新しい国家モンテネグロ

 2006年ワールドアップでは合同国家セルビア・モンテネグロとして欧州予選でスペインを抑え、10試合1失点という予選に参加した51か国で最高の守備を構築して、記録を残し、目覚ましい成績で勝ち上がったにもかかわらず、まさにトーナメント開幕直前6月に、ミロ・ジュカノヴィッチ政権によるセルビア共和国との国家連合の解消と独立の国民投票によって、独立が承認され、セルビアセルビア・モンテネグロ代表の後継国家チームとなり、袂を分かち、2つの独立した国家の共同芸術作品を、再び政治によって、崩壊された勇敢な鷹は、多民族国家ユーゴスラビアの青の衣鉢を受け継ぎ、ミルコ・ヴチニッチステヴァン・ヨヴェティッチ、ステファン・サヴィッチなどの後に、アダム・マルシッチ、マルコ・ヤンコヴィッチ、ネボイシャ・コソヴィッチ、セアド・ハクシャバノヴィッチ―独立後、史上三番目の最年少デヴュー、ラザル・ツァレヴィッチ―父親が会長を務めるOFKグルバリで才腕をふるい、スペインのバルセロナが契約を勝ち取る―などを羽に加えて鬱勃たる闘志を抱き大きく翔る。

f:id:mancedragan:20170630053133j:plain

f:id:mancedragan:20170618231501j:plain

軍靴を履くザダールとズヴォルニクのボールの芸術家 /ルカ・モドリッチ ミラレム・ピアニッチ ユーゴスラビア 10番 クロアチア代表 ボスニア・ヘルツェゴビナ代表

日々の生活で、ベラヤを避けるために、賢さ、鋭い洞察力、多くのアイディアが、遺伝子に書き込まれる地域ユーゴスラビア

 現在、ユーゴスラビアのデセトク―アレクサンダル・ティルナニッチ、ブラゴイェ・マルヤノヴィッチ、スティエパン・ボベク、ベルナルド・ブカス、ライコ・ミティッチ、ミラン・ガリッチ、 ドラゴスラヴ・シェクララツからサフェト・スシッチドラガン・ストイコビッチデヤン・サビチェビッチズボニミール・ボバン、ロベルト・プロシネチュキなどへ―のドグマを受け継ぐ二人の芸術家Luka Modrić―スヴェティロク山頂の南にあり、ヴェレビト山脈の険しい勾配に位置するオブロヴァツ近傍ザトンの村落、小さい村モドリチ出身、クロアチア内戦では、名をもらった祖父をチェトニックに殺害され、セルビア武装勢力ユーゴスラビア人民軍の侵攻を逃れるため、生家を捨て、砲撃や銃弾の中、ザダールの難民シェルターとなったNKザダルスタジアム近くのホテルで暮らし、NKザダル、ディナモ・ザグレブボスニア・ヘルツェゴビナクロアチア系クラブNKズリニスキ・モスタルインテル・ザプレシッチで人格を涵養したスペインのレアル・マドリードルカ・モドリッチと、カレシヤ出身でドリナ・ズヴォルニクの選手だった父親ファフルディンのもと、ボスニア紛争で、セルビア民兵部隊やユーゴスラビア人民軍が占領し、近郊のカラカイとチェロペクの収容所でボシュニャック人が殲滅された、悲劇の町のひとつスルプスカ共和国ズヴォルニクに生まれ、騒がしい銃声を避け、多くのズマイェヴィと同様に、ディアスポラとなり、ルクセンブルク、フランスに潜り生き抜いたイタリアのユヴェントスのミラレム・ピヤニッチ―がチャンピオンズリーグ決勝の大舞台で相まみえる。

 行き場をなくした国粋主義者愛国主義者の祭祀、劇場であり、戦場に、軍靴を履くボールの芸術家Miralem Pjanićが華美に舞う。

f:id:mancedragan:20170606000018j:plain

f:id:mancedragan:20170606000030j:plain

コソヴォアルバニアサッカー新たな嚆矢/スカンデルベグ、ムハンマド・アリー・パシャ、イスマイル・チェマリ、ゾグー1世、エンヴェル・ホッジャ、ムスタファ・ケマル・アタテュルク、アリ・サミ・イェン、マザー・テレサ、ロロ・ボリチ、パナヨト・パノ、アデム・ヤシャリ、アギム・ラマダニ、ラムシュ・ハラディナイ、アジズ・サリフ、ノバク・ジョコビッチ、マイリンダ・ケルメンディ

民族と文化と言語が融和するサッカースタジアム、コソボにとって最大のモクス、ミトロヴィツァにある"アデム・ヤシャリ" ―コソボ解放軍の父、コソボ解放軍の創設者、伝説の司令官、アルバニア人にとってのコソボ独立のシンボルである魁偉なアデム・ヤシャリの名をとって命名する― が、コソボの政治的承認が停滞する一方で、遂に復興が進められ、矮小で新しい国家の外交道具であるサッカーを通じて、何十年もの孤立に終止符を打ち、国際社会に統合する道を切り開く。

 往時、第二次世界大戦、枢軸国によるユーゴスラビア侵攻、イタリアのベニート・ムッソリーニファシズム政権の帝国主義政策アルバニア侵攻の時代を代表するリザ・ルシュタ、ナイム・クリェイジウ、ロロ・ボリチ、独裁者エンヴェル・ホッジャ の特異な共産主義政権の鎖国体制によって隠されたパナヨト・パノ、ユーゴスラビア連邦民共和国とそれに属する共和国セルビア自治区に再統合した時代の、ローマオリンピックの金メダルと第1回目UEFA欧州選手権の銀メダルに貢献したハフルディン・ユスフィ、ミルティン・ショシキッチ、ウラジミール・ドゥルコビッチやジェバド・プレカジ、ファディル・ボクリ、ツルヴェナ・ズヴェズダの欧州チャンピオンズリーグの優勝に貢献したステヴァン・ストヤノヴィッチ、スロボダン・ミロシェヴィッチ独裁政権の混迷期の、アルバニア人で最初にW杯に参加した、クロアチア代表のフランスW杯3位のメンバー、ユーゴスラビア崩壊直後に非公式に発足したコソボ代表でも活動したアルディアン・コズニク、ストイコビッチ・ピクシー、ミヤトヴィッチ、サビチェヴィッチ、ミハイロヴィッチユーゴヴィッチ、ジュキッチ、ヨカノヴィッチ、スタンコヴィッチなどと激動の時代の難路を共に歩んだゴラン・ジョロヴィッチ、トルコ代表の歴代最多得点者、同国の英雄となったハカン・シュキュルなどから、今日のアルバニア共産主義の崩壊、市民戦争、コソボ紛争などの惨禍を被り運命を分けた、ロリック・ツァナ、ヴァロン・ベーラミジェルダン・シャチリ、タウラントとグラニトのジャカ兄弟、ヴァロン・ベリシャ、ミロト・ラシツァミロト・ラシカ、ベルサント・セリナ、アルベル・ゼネリ、ドニス・アヴディヤイ、ヘクラン・クリエジウ、ラビノット・カバシ、アルバレシュのアントニオ・カンドレーヴァとマテオ・ムサッキオ、エルセイド・ヒサイ、シュコドラン・ムスタフィ、エトリト・ベリシャ、トーマス・ストラコシャなどへ、アルバニアのショービニズムやイレデンティズムが、奸知に長ける政治家とともに、再び扇動する。

f:id:mancedragan:20170609152535j:plain

f:id:mancedragan:20170609153537j:plain

f:id:mancedragan:20170609141837j:plain

f:id:mancedragan:20170607055825j:plain

もう一人の青年ボスニア/セルビア代表黄金の"鷲"ミヤト・ガチノヴィッチ

世界の血まみれの揺籃地、凄惨な歴史を有し、多文化都市サラエボで、第一次世界大戦の勃発の起因となったハプスブルグ帝国からのボスニア・ヘルツェゴヴィナの解放と南スラブの統一を目指す「青年ボスニア」の革命運動による暗殺者ガヴリロ・プリンツィプが放った一発の銃弾によって―オーストリアハンガリーハプスブルク)帝国帝位継承者フランツ・フェルディナント大公と妻ゾフィーが暗殺されたサラエボ事件から100年余り、「青年ボスニア(ムラダ・ボスナMlada Bosna)」の理論的指導者であり、 革命組織の創立者、大セルビアの実現を目指す青年ボスニアの背後組織であるセルビア王国の軍人アスピことドラグティン・ディミトリエヴィッチを指導者とする秘密結社「統一か死か(通称黒手組)」の重要メンバー であったヴラディミール・ガチノビッチの子孫が、U-19欧州選手権U-20ワールドカップで優勝を勝ち取ったのちに、遂にワールドカップ2018欧州予選を戦うセルビアフル代表に招集され、 初ゴールと勝利で最高のデビュー戦を飾り、気勢をあげる。

 世界の歴史を動かし、名を刻んだ祖先、青年ボスニアのリーダーのように、スルプスカ共和国に属するヘルツェゴヴィナ南部の町トレビニェ出身の、数々の名選手を輩出したヴォイヴォディナ・ノヴィサドのFC"ヴヤディン・ボシュコヴ"で陶冶された後継者は、再び民族の解放と自由の尊厳のために闘う。

f:id:mancedragan:20170623015624g:plain

f:id:mancedragan:20170623015641g:plain

端倪すべからざる人物 新たなミロシュ・オビリッチ プリンツィプ アルカン / ツルヴェナ・ズヴェズダ ヴチッチ首相、テルジッチ、コケザ、チョヴィッチ vs パルティザン 1:1 34アレクサンダル・ヴチッチ - 87ウロシュ・ジュルジェヴィッチ

政治家、極右の民族主義者、武装マフィア、戦場帰りの犯罪者たちが、サッカーを壊し、猖獗を極めるセルビア共和国
 ツルヴェナ・ズヴェズダのウルトラス・リーダー、ズヴェズダを勢力基盤にして、サポーターを兵士として採用し、ユーゴ戦争を戦った悪名高いセルビア民兵組織アルカンの虎のリーダー、兵士の間でセルビアの英雄の象徴となり、その人気を政界に入るために利用し、当時衰退していたシェシェリのセルビア急進党の代わりとして、極右政党セルビア統一党を結成した政治家、オスマン帝国の侵攻でのコソボの戦いで、ムラト1世を暗殺して中世セルビア口承文芸の英雄と語り伝えられ、セルビアの大叙事詩の重要人物になったミロス・オビリッチにちなんで付けられた、1924年に設立し長い歴史を持ち、当時2部に相当したクラブFKオビリッチを買収し、その悪名高い名声と軍規を用いて、魔法のチームに変えたクラブ社長、世界で最も強力な民兵指揮官、マフィアのボスと多くの顔を持ち、サッカーに最も愛情と活力を注いだジェリコ・ラジュナトヴィッチ、通称アルカンと彼の黒い伝説は今も生き続ける。

 大統領選挙ではツルヴェナ・ズヴェズダの支持を多く獲得できれば、票を得えて生きることができるため、謀議を凝し、籠絡する首相アレクサンダル・ブチッチ、サッカー協会現会長スラヴィシャ・コケザ、 ベオグラード市長、副首相やコソボ調整センターなどを歴任した政治家、現在バスケットボールのKKツルヴェナ・ズヴェズダ会長、サッカー部門で取締役も務めるネボイシャ・チョヴィッチ、OFKベオグラード会長、2005年から2008年までサッカー協会会長、アルファとオメガ現在ツルヴェナ・ズヴェズダ会長のズヴェズダン・テルジッチ―今月153戦目ツルヴェナ・ズヴェズダVSパルチザンの“ヴィエチニ・デルビー”ベオグラード・ダービーでは、ミロラド・マジッチを引っ込め、ブチッチ首相率いるセルビア進歩党と組む疑惑のマヨ・ヴヨヴィッチを主審に送り込み、第25節ヴォイヴォディナ・ノヴィサド戦を不正に操作した―ドイツ、租税回避地のマルタとキプロスを拠点に、大物代理人ピニ・ザハビと策動して、独自のビジネススキームを完成させ、弁護士、代理人、政治家、サッカー役員、オフショアカンパニーなどと強力なネットワークを創り上げ、そうして欧州で巨大な影響力を持つ一種のサッカーの寡頭資本家となったテトボ出身マケドニアアルバニア系アブドゥルガファル・ラマダニことファリ・ラマダーニ―今度はゼムネルの最新作ニコラ・ミレンコヴィッチとドゥシャン・ヴラホヴィッチを奪う、ラマダニに仕えるテルジッチの義理兄弟ニコラ・ダミヤナツなどの怪人は、現代でも最も妄信されている宗教のひとつサッカーを権力に利用して破壊する。

f:id:mancedragan:20170312194144j:plain

f:id:mancedragan:20170514074852j:plain

f:id:mancedragan:20170514074859j:plain

 

コンスタンティヌス大帝、ドラガン・ストイコヴィッチ ピクシー、イバン・ミリュコビッチ、ステバン・シンジェリッチ、ステヴァン・スレマツ、デヤン・ペトコヴィッチ /蘊奥、ニシュの先賢、セルビア代表黄金の"鷲"

逸話は、ニーシュで始まり、当時Dragan Stojković Piksiユーゴスラビアリーグにおいて、ラドニチュキ・ニーシュの少年は、ハイデュク・ヴェリコ戦16歳でプロデビュー、ディナモ・ザグレブ戦17歳で初ゴール、ユーゴスラビア代表にザグレブでのフランス代表戦18歳で代表デビュー、1945年に創設し、ユーゴスラビア崩壊によって、リーグが瓦解するまでに、最多19個のタイトル、ヨーロッパ・カップ、インターコンチネンタルカップを勝ち取っているユーゴスラビア最大のクラブであるツルヴェナ・ズヴェズダでは、数多くの栄光をもたらし、クラブ最大の名誉と称号であるズヴェズディナ・ズヴェズダをミティッチ、シェクララッツ、ジャイッチ、ペトロヴィッチに次ぎ第5星人に24歳で受賞、政治的圧力と闘った最後のユーゴスラビア代表のイタリアワールドカップでの光輝(FIFA World Cup All-Star Team選出)、歴史的なズヴェズダとのチャンピオンズリーグ決勝バーリの聖ニコラウスの夜、バロンドール通算3度のノミネート、90年代には旧ユーゴ崩壊、スロベニアクロアチアの独立、ボスニア・ヘルツェゴビナ紛争、国連安全保障理事会によるスポーツを含む制裁で国際大会からの追放、ユーゴへのNATOによる空爆と、常に政治、戦争、民族、国家に翻弄され暗涙に咽び、激動の時代を生きた、パシ・ポリャーネからの天才、ゲームの大家、夢想家、マジシャン、イリュージョニスト、ドラゴスラヴ・シェクララッツ・シェキの練達した技を昇華した動きを幾つかレパートリーに、強烈なリーダーシップスキルを備えたユーゴスラビア最後の10番、伝説的英雄ドラガン・ストイコビッチ・ピクシー。

 ストイコヴィッチ・ピクシーを生み、新たなピクシーの出現を半世紀近く待たせようと考えていたセルビア共和国南部の都市ニーシュは、再び俊秀を生み、甲冑も武器も持たない豪傑な戦士アンドリヤ・ジヴコヴィッチ・ジレを欣然と送り込む。戦争に敗北し、名誉や自尊心を失い、屈辱を受け、意識を失った、虚弱で不規則な秩序、乱世の時代を生き抜いた1994、1995、1996、1997年生まれの世代の―U-19欧州選手権、U-20 ワールドカップでチャンピオンになり欧州と世界を制し名を刻む―先鋒として、愛と憎悪をフィールドに持ち込み、セルビアの白鷲となり戦う。ベオグラード、ヴォイヴォディナ、シュマディヤ、クライナ、スルプスカ、サンジャク、モンテネグロコソボなどから蝟集した群衆に安寧を運ぶためにDragan Stojković Piksi

f:id:mancedragan:20170610182416j:plain