Jugoslovenska škola

私淑するものとして “Srbija do Tokija” 東京までセルビア "Od Vardara pa do Triglava" ヴァルダル川からトリグラウ山まで ユーゴスラヴィア プラーヴィ

10 vjetorin e Pavarësisë së Kosovës Pavarësia e Kosovës 2008年2月17日 コソボ代表 ダルダネト イブラヒム・ルゴヴァ ビル・クリントン  ラムシュ・ハラディナイ マルッティ・アハティサーリ ファトミル・セイディウ ハシム・サチ

Me 17 shkurt 2008 lindi një shtet i ri në botë Lavdi gjithë dëshmorëve dhe heronjëve që “ranë” për lirinë e Kosovës! I përjetë çoftë kujtimi për ata që kontribuan në Pavarësinë e Kosovës. Kosovë, qytetarë të Kosovës, shqiptarë kudo që jeni; urime dita e Pavarësisë së Kosovës! 17 shkurti shënon 10 vjetorin e pavarsisë së shtetit tonë, e cila erdhi si angazhim dhe sakrificë shekullore, shumë gjenerata e shumë njerzë kanë flijuar vetëvetën për lirinë e Kosoves dhe pavarësinë e saj. Kjo u arrit me gjakun e dëshmorëve, vuajtje të shumta, përndjekje, dëbime dhe sakrificë të shqiptarëve nga katër anët e botes, por edhe me ndihmen e Zotit dhe të miqve të Kosovës. Ne grupi i tifozëve të Kosovës, do të vazhdojmë të përkrahim shtetin tonë, në të gjitha evinimentet sportive ku përfaqësohet shteti ynë, ashtu siç e kemi bërë deri tani. Urojmë dhe shpresojmë që vitet që kaluan të jenë mësim për të ardhmën, e vitet që do të vijnë të jenë më të mira për shtetin dhe qytetarët e Kosovës. Pasi Sporti është pasqyra më e mirë ndërkombëtare për shtetin tonë, shpresojmë që tani e tutje, t`i jepët një rëndësi më e madhe dhe mbështetje, sidomos në infrastrukurë, e cila ende nuk është në nivelin e duhur. Urime Kosovë, urime Dardanë. Me respekt, DARDANËT エドン・ジェグロヴァ コソボ

f:id:mancedragan:20180220214725g:plain

 

2018W杯多民族国家ボスニア・ヘルツェゴビナ出身の4人の才気煥発な家主/ガヴリロ・プリンツィプ イヴォ・アンドリッチ メフメド-パシャ・ソコロヴィッチ ウラジミール・プレローグ アシム・フェルハトヴィッチ イヴィツァ・オシム ブランコ・スタンコヴィッチ ミルサド・ファズラギッチ アンテ・パヴェリッチ アリヤ・イゼトベゴヴィッチ エミール・クストリッツァ サフェト・スシッチ  ハサン・サリハミジッチ セルゲイ・バルバレス ズラタン・シェフィク・イブラヒモヴィッチ"キンコ" エディン・ジェコ"ディヤマント"

政治家や民族主義者の陥穽によって、民族融和、多民族性―街灯柱に横たわる大酒飲みのように、国際社会が何十年も頼った無意味なトーテム― を軍靴や戦車に踏みにじられ、現在も政治リーダーや御用聞きたちが戦争に導いた古いレシピを使いながら、市民を民族グループに分割しようと画策する ―代表チームは常に通り抜けられない妨害を受ける―勇壮な多文化・多民族国家ボスニア・ヘルツェゴビナは、2018年ワールドカップに、4人の監督を竜として送る。 ―2018年ワールドカップの大陸予選を突破して勝ち進んだ32か国のうち、4か国までもが、ボスニア・ヘルツェゴビナ・スクール出身の監督を持つ。

 ズラトコ・ダリッチ: 1966.10.26、リヴノ出身、クロアチア代表、ダヴォル・シュケル、ニコとロベルトのコヴァチ兄弟らのルーツであるクロアチアのサッカーと切り離すことができない ボスニア・ヘルツェゴビナ西部の住人一万人の基礎自治体、小さな町リヴノ出身、 現役時代はヴァルテクス、ヴェレジュ・モスタルハイドゥク・スプリト、ブドゥチノスト・ティトーグラードなどに在籍、 欧州予選の最終戦キエフでのウクライナ戦で椅子に座り、壊滅的なヴァトレニに火をともす。

 ムラデン・クルスタイッチ: 1974.3.4、ボスニア・ヘルツェゴビナ連邦ゼニツァ出身、セルビア代表、スルプスカ共和国のFKラドニク・ビイェリナの現クラブ社長、 現役時代はチェリク・ゼニツァ、パルチザン・ベオグラードらに在籍、 1999年欧州選手権予選のベオグラードでのマケドニア代表戦で新ユーゴスラビア代表でデヴュー、のちにセルビア・モンテネグロ代表、独立後のセルビア代表でプレー、パルチザンのスポーツ・ディレクター、セルビア代表のアシスタント・コーチ。

 ウラディミール・ペトコヴィッチ: 1963.8.15、サラエヴォ出身、スイス代表、思慮深い生粋のサライリヤ、現役時代はFKサラエヴォらに在籍、 決してスイス連邦に根差すことはない名前を持つスイスの市民権を有するユーゴスラビア人―中心はコソボ共和国アルバニア人―で構成し、 チーズ、時計、チョコレートをボールに変える。

 ヴァヒド・ハリルホジッチ“ヴァハ ”: 1952.5.12、ヤブラニツァ出身、日本代表、スロベニア人のダニロ・ポピヴォダに代わり、ベオグラードのスペイン代表戦でユーゴスラビア代表デビュー、 ツルビナ・ヤブラニツァ、ヴェレジュ・モスタルらに在籍、ヴェレジュのクラブ史に残る代表的選手、UEFA U-21欧州選手権MVP、1985バロンドール・ノミネート、 ワールドカップには選手、監督として4度目の参加。

f:id:mancedragan:20180121211733g:plain

ノヴィ・サドの軍人/セルビア代表黄金の"鷲"セルゲイ・ミリンコヴィッチ-サヴィッチ FKヴォイヴォディナ ジョルジェ・ペトロヴィッチ-カラジョルジェ ヴヤディン・ボシュコヴ

凄惨を極めたユーゴスラビア紛争の泥沼を抜け出し、カラシニコフ銃をボールに擬し、ベチェイからピレネー山脈を渡った父ニコラ・ミリンコビッチが、 当時スペイン一部リーグラ・リーガに昇格したカタルーニャ州のクラブUEリェイダに移り逗留していた時に、スペインで生まれ、 当地の慣習に従い、二つの姓をつなげた姓(セルビアでは稀)―父と母―を授かった "黄金の鷲"ノヴィ・サドの軍人セルゲイ・ミリンコビッチ-サビッチ―1995年生まれ、スペイン・リェイダ出身、スペイン、ポルトガルオーストリアから ノヴィ・サドへ、ノヴィ・サドの学校"ソニャ・マリンコヴィッチ"、"ヨヴァン・ヨヴァノヴィッチ・ズマイ"、 FKヴォイヴォディナ、ユーススクール "イリヤ・パンテリッチ"、ヴォイヴォディナでは、2013年11月23日のヤゴディナ戦、18歳8か月27日でデビュー、 FC "ヴヤディン・ボシュコヴ"の拙速な芸術品、マテヤ・ケジュマンの愛蔵品、物議を醸した遅れてきた"黄金の鷲"、UEFA U19欧州選手権FIFA U20ワールドカップ優勝世代"黄金のニュージーランド人"、 フル代表はセルビア代表、モンテネグロ代表、ボスニア・ヘルツェゴビナ代表、スペイン代表、そして前途遼遠だがカタルーニャ代表の選択可能。

 彼ら両親は単に姓だけでなく、特別なスポーツ遺伝子―つまり父だけでなく、母ミラナ・サビッチもまた、プロフェッショナルのバスケットボールの選手であり、 それゆえ、弟ヴァニャは手を使って運命を切り開くとしても驚きはない―もまた授けた。

 自由と解放に導いたカラジョルジェの名のもとに、FC "ヴヤディン・ボシュコヴ"で必死に修練を積んだノヴィ・サドの軍人は、 愛機の銃と榴弾をボールに取り替え、栄光と誉れを賭けた果てしない血みどろの戦いにいよいよ挑む。

f:id:mancedragan:20171222212142g:plain

 

ユーゴスラビア代表のゴールマン/スルプスキ・シノヴィ・スラブニフ: ラトコ-ミレ・スヴィラル セルビア ヴォイヴォディナ・ノヴィサド

ヴェリキ ウラディミール! Balerina s Čeličnim Šakama i Čovjek od Gume

 ヴラディミル・ベアラ、フラニョ・グラサー、ミロヴァン・ヤクシッチ、ミルティン・ショシキッチ、イリヤ・パンテリッチ、イヴァン・チュルコヴィッチ、 エンベル・マリッチ...世界が発見した簡潔な伝記に連なる卓出したユーゴスラビアのゴールマンたち。

 10月18日、あのスヴィラールの名を背中に背負うラトコ・スヴィラルの継承者ミレが、ゴールマンとして、18歳1か月22日で、UEFAチャンピオンズリーグの歴代最年少出場記録を塗り替えた、というニュースを 伝えなかった新聞はなかった。―ミレは、ヴォイヴォディナ・ノヴィサドユーゴスラビア代表で活躍した長髪を靡かせるセルビアの小さな町ツルベカの謹厳なドナウ・シュヴァーベン人ラトコ・スヴィラルの息子というセンテンスが、ここでは常に加えられる。 ラトコは、ヴォイヴォディナには、名望ある権威ヴヤディン・ボシュコヴの招待を受け移り、南アメリカ人トドル・ヴェセリノヴィッチの創り上げた、 サッカーの健啖家に喝采を浴びた、"チュパヴツィ"と呼ばれた、華々しく魅惑的なスタイルを身に着け人気を博した。

 偉大なゴールマンを輩出するユーゴスラビアで歴史に重要な足跡を残した人物にカテゴリされた父の馥郁たる一縷の香りをめぐる探訪の旅へ―血統が強調されるときには、常に虫眼鏡をかざされ重圧を受けながら―遂に踏み出す。

f:id:mancedragan:20171126142158g:plain

f:id:mancedragan:20171126142231g:plain

ヴチッチ、セルビア進歩党女衒に拠るサッカー代表連盟、セルビア代表指揮官 /7番目のズヴェズディナ・ズヴェズダ 

サッカーの権力の糸を操っている独裁者アレクサンダル・ブチッチは、プクニ・ゾロを歌い、ライコ・ミティッチ、ドラゴスラフ・シェクララツ、ドラガン・ジャイッチ、ヴラディミル・ペトロビッチ "ピジョン"、ドラガン・ストイコビッチ"ピクシー"、1991欧州チャンピオンズカップ優勝世代のように舞い、容易にセルビア代表"鷲"をワールドカップへと高く飛ばす。

 大統領アレクサンダル・ブチッチはサッカーとファンに特別な注意を払い、最も原始的なポピュリズムをもって、政治的キャリアを構築し、 ミロシェヴィッチ、シェシェリ、ジンジッチ、コシュトニツァ、タディッチや他の閣僚と違い、フィールド、特にスタンドからの勢力を常に理解している。 ミロシェヴィッチの大セルビア主義の欲望と初のクロアチア自由選挙に勝利したトゥジマンとHDZの新政府に象徴される、 分裂、崩壊と戦争の話で避けることはできない、ユーゴスラビア内戦勃発の引き金となった、ディナモ・ザグレブツルヴェナ・ズヴェズダの政治的に重要な試合、マクシミールの血の日曜日 で、その当時、セルビア急進党ヴォイスラヴ・シェシェリの生徒だったのと同時に、世界最高峰のファン・グループのデリエのメンバーとして闘い、今もなお、ツルヴェナ・ズヴェズダの黒幕であり、狂信的なファンであるヴチッチは、 セルビア民兵組織タイガー部隊のボス、セルビア統一党、デリエのリーダーだった悪ジェリコ・ラジュナトヴィッチ-"アルカン"に倣い、イデオロギーナショナリズムを通じ、サッカーを隠匿し、病的なアブソリューティズムを興隆させる。

f:id:mancedragan:20171113173543j:plain

新たなコルバラの戦い/ユーゴスラビア代表ネマニャ・マティッチ(セルビア王国代表) 

コルバラの基礎自治体ウブの村ヴレロに任地したタムナバからの兵士ネマニャ・マティッチNemanja Matićユーゴスラビア崩壊直前、2部マチュヴァ・シャバツでミロスラヴ・ジュキッチとともに活躍した ドラガン・マティッチを父親にもつ、セルビアが欲していなかったヴレロとオブレノヴァツで育った巨大な少年についての奇譚:衆愚や混乱状態の連合は、 偉人ニコラ・テスラやミルティン・ミランコビッチのように、異端として扱い、ツルヴェナ・ズヴェズダパルチザン・ベオグラードを追われ、 ウブに戻り、早くに国を去らなけらばならなかった。 だが、決して生まれ故郷は忘れてはいない、高潔、慧眼の士は華麗なイコノスタシを有するゴシック-ロマネスク建築の教会、寺院、塔、学校、小売店等の再建を援助し、スポーツセンターを建設、 ドラガン・ジャイッチが最初のステップとして名を刻んだウブのクラブFKイェディンストヴォを運営し、スタジアムの改築などの投資も行う。

  イギリスの秘密情報部エムアイシックス(MI6) は、今もなお、007のジェームズ・ボンドのモデルとなった ヴォイヴォディナの南バチュカに位置する町ティテル(セルビア)に生まれ、ドゥブロヴニク(クロアチアアドリア海の真珠)で育った、 ドイツのアプヴェーア、イギリスのMI6、ユーゴスラビア王国亡命政権の三重スパイで、 第二次世界大戦とスパイの世界の伝説となったドゥシュコ・ポポフの信奉者に接触し、 セルビアの茫洋たる牧歌的な村―教会、学校、雄牛が付近を逍遥する田園のサッカー場であふれるウバから数十キロのヴレロ―に送り込み 、イギリス人が胸を躍らせるヴレロが生んだ神秘を懸命に探し続ける。

  将軍ジヴォイン・ミシッチの指揮下のもと、第一次世界大戦コルバラの戦いで、塹壕にいる兵士の如く、 オーストリア・ハンガリー帝国軍との手段を変えた血なまぐさい再戦、ピッチ上で繰り広げる政治対決に向け 、ヴレロの兵士は武器の銃剣をボールに変え、攻撃を指令するトランペットの音を期待して、ワールドカップへの最後の襲撃を開始する。

f:id:mancedragan:20171114044348j:plain

 

 

泥濘する政治のフィールド サッカー Dardanët コソボ セルビア ユーゴスラビア/カラジッチとヴォクリ、ダチッチとタチ、コンスタンティウス・クロルス 、アティフェテ・ヤヒヤガ、 ハシム・サチ、イブラヒム・ルゴヴァ、マルッティ・アハティサーリ

ただ一人、ここ何十年もの間、キャリアのなかでも、最も困難な闘いに敢然と挑み、逢着する危険な政治ゲームに勝利し、至高のゴールを決めたコソボの伝説ファディル・ボクリ ―ポドゥイェヴォ出身、KFラピ、FKプリシュティナパルティザンベオグラード民族主義や政治的緊張が横溢する中で、ユーゴスラビア代表に唯一選ばれた偉大なアルバニア人選手、コスモポリタン偉大なイビチャ・オシムの学窓、コソボサッカー連盟会長、歴史が優れた選手、何千もの人のアイドルとして認識するとき、他の素晴らしい卓越した妙技―外交家、交渉人、該博、豪傑―も考えるようになった。

 政治家が国際連合ユネスコに加盟することができずに国際的承認に苦心する中、 世界で最も強力なスポーツ組織―55番目の欧州サッカー連盟UEFA)、210番目の国際サッカー連盟FIFA)の正式加盟国になる、コソボへの流出の恐れのもとに暮らすスイス代表も大勢がスイスの国旗のもとでの戦いに終わりを告げることに気づいていたので、反対票を投じ最後まで加盟に反対―加盟の承認を実現させ、 セルビアサッカー連盟の継子の手から抜け出し、何十年の孤立の後、サッカーの完全独立を成し遂げる。 そして、汚職が蔓延し、不安定な国情を招き、人口流失が続くコソボ大統領ハシム・サチ―初代首相、外相、コソボ民主党(PDK)の党首、コソボ解放軍の指導者―の外交政策を論う。

 彼の奮励のおかげで、コソボでの至る所で、またはディアスポラで、子供、若者が新たな国家の代表チームを夢見ることが可能となった。 才能は無益なリーグで終わらない。 ボクリは寓話。 スヴェカル村から頂点へ。 才能はお金では買えないから、無知は堕落で隠すことはできない。 その点、全ては平等。これはすべてファディル・ボクリによって可能となった。

f:id:mancedragan:20171114045107j:plain