Jugoslovenska škola

私淑するものとして ヴァルダル川からトリグラウ山まで ユーゴスラヴィア

コソボ

コソヴォアルバニアサッカー新たな嚆矢/スカンデルベグ、ムハンマド・アリー・パシャ、イスマイル・チェマリ、ゾグー1世、エンヴェル・ホッジャ、ムスタファ・ケマル・アタテュルク、アリ・サミ・イェン、マザー・テレサ、ロロ・ボリチ、パナヨト・パノ、アデム・ヤシャリ、アギム・ラマダニ、ラムシュ・ハラディナイ、アジズ・サリフ、ノバク・ジョコビッチ、マイリンダ・ケルメンディ

民族と文化と言語が融和するサッカースタジアム、コソボにとって最大のモクス、ミトロヴィツァにある"アデム・ヤシャリ" ―コソボ解放軍の父、コソボ解放軍の創設者、伝説の司令官、アルバニア人にとってのコソボ独立のシンボルである魁偉なアデム・ヤシャリ…

セルビアコソボサッカーの停頓 /大アルバニアと戦争への恐怖

バルカンにとって今年の最も重要な政治的決定の一つでもあるコソボのUEFA加盟が、規定に違反するとして、ワールドカップ予選などのコンペティションから締め出したいセルビアの要求の下、再びスイスのローザンヌの国際スポーツ仲裁裁判所で審議に着手する。 …

コソボ代表 /イブラヒム・ルゴヴァの所産

泥沼化した民族紛争から旧ユーゴ解体・消滅後も、動乱の時代を生き、忍従し、国際社会に認められてないコソヴォが、遂にUEFAとFIFAの加盟国として認められ、大きな1歩を踏み出し、スタジアムに政治を持ち込む。 コソヴォにとって、歴史的最初の国際試合の対…