読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Jugoslovenska škole

私淑するものとして ヴァルダル川からトリグラウ山まで 

コンスタンティヌス大帝、ドラガン・ストイコヴィッチ ピクシー、イバン・ミリュコビッチ、ステバン・シンジェリッチ、ステヴァン・スレマツ、デヤン・ペトコヴィッチ /蘊奥、ニシュの先賢、セルビア代表黄金の"鷲"

逸話は、ニーシュで始まり、当時Dragan Stojković Piksiユーゴスラビアリーグにおいて、ラドニチュキ・ニーシュの少年は、ハイデュク・ヴェリコ戦16歳でプロデビュー、ディナモ・ザグレブ戦17歳で初ゴール、ユーゴスラビア代表にザグレブでのフランス代表戦1…

パルティザン部隊による濫觴 /パルティザン・ベオグラードとドラガン・マンツェ

伝統と権威あるセルビアのパルチザン・ベオグラード―民族主義政党クロアチア民主同盟(HDZ)を結成し、初代クロアチア大統領になり、サッカーを最大限に政治利用した、若き日のフラニョ・トゥジマンが、怜悧な革命家で、のちに多民族国家ユーゴスラビアの再…

マケドニア代表・サッカーの紐帯/フィリッポス2世、アレクサンドロス大王、ゴツェ・デルチェフ、ヴォイヴォダ・バブンスキー、マザー・テレサからゲオルゲ・ハジ、パンチェフ  

大セルビア主義者のスローガンになった、スロボダン・ミロシェヴィッチ独裁政権下で使われた「Srbija do Tokijaスルビヤ・ド・トキヤ/東京までセルビア 」を生んだ契機とされる、 ユーゴスラビア崩壊とともに、ツルヴェナ・ズヴェズダが極めた隆盛(UEFAチャ…

セルビアコソボサッカーの停頓 /大アルバニアと戦争への恐怖

バルカンにとって今年の最も重要な政治的決定の一つでもあるコソボのUEFA加盟が、規定に違反するとして、ワールドカップ予選などのコンペティションから締め出したいセルビアの要求の下、再びスイスのローザンヌの国際スポーツ仲裁裁判所で審議に着手する。 …