Jugoslovenska škola

私淑するものとして “Srbija do Tokija” 東京までセルビア "Od Vardara pa do Triglava" ヴァルダル川からトリグラウ山まで ユーゴスラヴィア プラーヴィ

セルビア

Dr.ミルティン・イヴコヴィッチ - ミルティナッツ (ユーゴスラビア王国代表) / セルビア主将 医者 革命家 反ファシズム主義者 共産主義者 闘士 サッカー選手

旧ユーゴスラビア、特にセルビアのスポーツ、サッカーの世界では―このスポーツと表裏一体に結びつく― Dr.ミルティン・イヴコヴィッチ-ミルティナッツは多くを意味する。 二度の世界大戦期の伝説的選手の一人、ユーゴスラビア王国代表、1930年ウルグアイ第1回…

ストラヒニャ・パヴロヴィッチ"カラバ"(18),パルチザン・ベオグラード / ユーゴスラビア人民軍新たな兵士 ノヴィ・パルティザノヴェ・ベベ ツルノ・ベリ 黒白 フムスカ グロバリ デチュコ Da volim crno bele

勇邁卓犖 ストラヒニャ・パヴロビッチ"カラバ":2001.05.24 オドブラナ シャバツ出身 矮小なクラブのサヴァチウム シュマディヤ代表 欧州で名高いパルチザン・ベオグラードのシュコーレでもしかするとここ数十年最も有望な才能をもつショトペル 長身194cm、屈…

フィリップ・ステヴァノヴィッチ "フィツァ"(16),パルチザン・ベオグラード / ユーゴスラビア地域の新しい記録の刻印 ノヴィ・パルティザノヴェ・ベベ ツルノ・ベリ 黒白 フムスカ グロバリ デチュコ Da volim crno bele

白眉最良 フィリップ・ステヴァノビッチ "フィツァ":2002.09.25 ナパダチュ ウジツェ出身 アリリェにある矮小なクラブのヴラニッチ 巨匠チカ・トルバの置き土産 欧州で高尚なゼムネル工場の最新作Partizan Belgrade セルビアの最新のビセル ユーゴスラビア地…

シニシャ・ミハイロヴィッチ "バルビカ"(ユーゴスラビア代表 / ヴコヴァル) / 生まれながらの勝利者 サッカーと政治 超国家主義者 愛国主義者 悪魔の左足 FKの名手 背番号11 東京までセルビア Srbija do Tokija ジェリコ・ラジュナトヴィッチ"アルカン" ボロヴォ ヴォイヴォディナ ツルヴェナ・ズヴェズダ

跿跔科頭 シニシャ・ミハイロビッチ "バルビカ、シニシャ、ミハ":1969.02.20 激戦の地、戦争の象徴の一つである複雑なヴコヴァル生まれ オドブラナ ボロヴォ ヴォイヴォディナ ツルヴェナ・ズヴェズダ 世界でも稀なキャリア 稀代 強烈なキャラクター 美徳と…

ドラゴスラブ・シェクラーラッツ "シェキ " (ユーゴスラビア代表 / ツルヴェナ・ズヴェズダ) / サッカーと政治 伝説 銘肌鏤骨 星人 ズヴェズディナ・ズヴェズダ ヨシップ・ブロズ・チトー スロボダン・ペネジッチ "クルツン" アレクサンダル・ランコヴィッチ ジェリコ・ラジュナトヴィッチ "アルカン"

星人 ドラゴスラブ・シェクラーラッツ "シェキ" ドラゴスラフ・シェクララッツ ドラゴスラヴ・シェクララツ: 1937.11.30 - 2019.01.05 シュティプ (ユーゴスラビア王国 / マケドニア) ベオグラード育ち ツルヴェナ・ズヴェズダ ヴェズニ・イグラチュ ドリブル…

Da se nikad ne zaboravi Sreda, 24. mart 1999. godine NATO agresija na Saveznu Republiku Jugoslaviju / 1999.3.24 NATO空爆 伝説 銘肌鏤骨 ドラガン・ストイコヴィッチ "ピクシー" NATO STOP STRIKES! 帝国主義 人道的危機 NATO アメリカ ランブイエ  スロボダン・ミロシェヴィッチ イブラヒム・ルゴヴァ ビル・クリントン リチャード・ホルブルック マデレーン・オルブライト

Na današnji dan pre tačno 20 godina NATO je protivno svim međunarodnim pravima počeo sa agresijom i bombardovanjem SR Jugoslavije! Nemojte zaboravljati istoriju i dešavanja na ovim prostorima i sva zla koja su nam ti ljudi doneli i problem…

ヴェリボル・ヴァソヴィッチの後継者 "強きドゥシャン(Dušan Silni)"ドゥシャン・タディッチ / アヤックス コプリャニカ 10番 主将 リーダー ボールの芸術家 ヴォイヴォディナ自治州 バーチュカ・トポラ ノヴィ・サド FKヴィヴォディナ ヴヤディン・ボシュコヴ ヨハン・クライフ リヌス・ミケルス エリック・テン・ハフ ユーゴスラビア オランダ

採点 ドゥサン・タディッチ(アヤックス・アムステルダム):10/10 既に1st Leg (1: 2)では見事、そしてマドリードでは完璧な活躍。 "サンティアゴ・ベルナベウ"の試合は経歴を飾り名声を得る。 2つの決定的なパスでのアシスト、16メートルでの左足の強烈なキッ…

巨匠チカ・トルバの最後の作品 パルチザン・ベオグラード テレオプティク ツルノ・ベリ バリャク グロバリ ゼムネーロ工場 スタラ・パゾヴァ フムスカ パルティザノヴァ・シュコーラ デチュコ 

ノヴィ・パルティザノヴェ・ベベ欧州で名高いパルティザノヴァ・シュコーラ フィリップ・ステヴァノヴィッチ: 2002.09.25 ナパダチュ ウジツェ出身 アリリェにある小さなクラブのヴラニッチ 2018年12月9日FKラド戦で16歳2か月14日での史上3番目の最年少デビ…

FKセルビア進歩党(SNS) アレクサンダル・ヴチッチ = ツルヴェナ・ズヴェズダ サッカーと政治 / 158戦ヴェチティ・デルビー パルチザン・ベオグラード - ツルヴェナ・ズヴェズダ 1:1 (1:0) スタディオン・パルチザーナ 主審: ダニーロ・グルイッチ 副審: デヤン・ペトロヴィッチ ネマニャ・ペトロヴィッチ グロバリ デリエ スロボダン・ペネジッチ "クルツン" ニコラ・ブガルチッチ ジェリコ・ラジュナトヴィッチ"アルカン"

篭絡 158. srpskim fudbalskim „večitim” derbijem FK PARTIZAN - FK CRVENA ZVEZDA 1:1 (1:0) (Gomeš 33 - Boaći 73) Stadion: FK Partizan.Sudija: Danilo Grujić. Partizan: Stojković – N. R. Miletić (Urošević od 88’), Marković, Valjente, N. G. Mil…

ゾラン・ミルコビッチ"バタ" バティツァ コニャルニク FKラド パルチザン・ベオグラード 伝説 NATO空爆 1999.10.9 クロアチア代表対ユーゴスラビア代表 マクシミール 前半41分 赤紙 3本指 ロベルト・ヤルニ

燦然と刻印された歴史 国民的英雄、コニャルニクの兵士帰還!dobrodošao kući!Ljubi te Batica!ostati u lijepom sjećanju!je jedan BATA !!Srce Na Teren!パルチザン・ベオグラード スポーツ自体を超えた試合、政治的試合、アメリカの交渉人、特使リチャ…

ニコラ・ミレンコヴィッチ "ブレキ" (セルビア代表) / 新しいネマニャ・ヴィディッチ ベオグラード ウジツェ パルチザン・ベオグラード ツルヴェナ・ズヴェズダ テレオプティク スパルタク・スボティツァ

ノヴィ・パルティザノヴェ・ベベ ニコラ・ミレンコビッチ "ブレキ": 1997.10.7 ベオグラード生まれ パルチザン・ベオグラード ファリ・ラマダニ 流星のようなキャリア 高速の筋収縮を許容する白色筋線維の比率が高く、身長195センチで屈強さと速さを併せ持つ…

ペーパー・プレーヤー ルカ・ヨヴィッチ (セルビア代表) / アルバニア・マフィア セルビアの闇の支配者 ファリ・ラマダニ ピニ・ザハヴィ ツルヴェナ・ズヴェズダ アポロン・リマソール

悪名高いアルバニア・マフィアは、綿密に諜報機関、主に、クロアチア情報庁(HOS) とドイツ連邦情報局(BND) の一部と紐帯して、セルビアのサッカーでどんな小さな出来事でも扱い、麻薬、兵器、爆発装置等からの資金洗浄と共に、 才能ある選手の移籍に関して…

ジェリコ・ブバチ"モズガ" (スルプスカ共和国代表監督) / スルプスカ共和国 クライナ 独立社会民主同盟(SNSD) ミロラド・ドディク  ミレ・コヴァチェヴィッチ  ルダル・プリイェドル ボラツ・バニャルカ マインツ ボルシア・ドルトムント リヴァプール ヨシップ・クゼ ユルゲン・クロップ

プロローグの始まりは、プリイェドル近郊の悲しみの小さな町オマルスカ。 ゼリコ・ブバチ"モズガ": 1961.9.13 マルスカ生まれ 頭脳 明敏 英邁 長身(192cm )と黒髪長髪のクライシュニク ボスニア・ヘルツェゴビナ スルプスカ共和国 クライナ バニャルカ ポト…

大セルビア主義、ミロシェビッチ政権の永遠の主唱者、スロボダン・ミロシェビッチのスピンドクター / サッカーと政治 ユーゴスラビア セルビア進歩党 セルビア急進党 セルビア社会党 セルビア代表 ツルヴェナ・ズヴェズダ パルチザン・ベオグラード

公然と民族主義を奉じ大義のために戦う。―ユーゴスラビアでは民族主義の興隆は、現在も広範な社会だけでなく、サッカークラブや協会の会長によってもまた影響される。 ミロラド・ヴチェリッチ:それに連なる紛れもない歴史的にも学際的にも重要な人物。 現在…

Da se nikad ne zaboravi Sreda, 24. mart 1999. godine NATO agresija na Saveznu Republiku Jugoslaviju / 新ユーゴスラヴィア サッカーと政治 スポーツ制裁 1999.3.24 NATO空爆 ドラガン・ストイコビッチ"ピクシー" NATO STOP STRIKES! 伝説 主将 10番

Danas se obeležava 19. godina od NATO agresije nad Srbijom. Nemojte zaboravljati istoriju i dešavanja na ovim prostorima i sva zla koja su nam ti ljudi doneli i probleme i sa Kosovom. Da se nikada ne zaboravi. I da se nikada ne ponovi. Da …

ノヴィ・サドの軍人/セルビア代表黄金の"鷲"セルゲイ・ミリンコヴィッチ-サヴィッチ FKヴォイヴォディナ ジョルジェ・ペトロヴィッチ-カラジョルジェ コスタ・ハジィ ヴヤディン・ボシュコヴ

凄惨を極めたユーゴスラビア紛争の泥沼を抜け出し、カラシニコフ銃をボールに擬し、ベチェイからピレネー山脈を渡った父ニコラ・ミリンコビッチが、 当時スペイン一部リーグに昇格したカタルーニャ州のクラブUEリェイダに移り逗留していた時に、スペインで生…

ユーゴスラビア代表のゴールマン/スルプスキ・シノヴィ・スラブニフ: ラトコ-ミレ・スヴィラル セルビア ヴォイヴォディナ・ノヴィサド

ヴェリキ ウラディミール! Balerina s Čeličnim Šakama i Čovjek od Gume ヴラディミル・ベアラ、フラニョ・グラサー、ミロヴァン・ヤクシッチ、ミルティン・ショシキッチ、イリヤ・パンテリッチ、イヴァン・チュルコヴィッチ、 エンベル・マリッチ...世界が…

ヴチッチ、セルビア進歩党女衒に拠るサッカー代表連盟、セルビア代表指揮官 /7番目のズヴェズディナ・ズヴェズダ 

サッカーの権力の糸を操っている独裁者アレクサンダル・ブチッチは、プクニ・ゾロを歌い、ライコ・ミティッチ、ドラゴスラフ・シェクララツ、ドラガン・ジャイッチ、ヴラディミル・ペトロビッチ "ピジョン"、ドラガン・ストイコビッチ"ピクシー"、1991欧州チ…

新たなコルバラの戦い/ユーゴスラビア代表ネマニャ・マティッチ(セルビア王国代表) 

コルバラの基礎自治体ウブの村ヴレロに任地したタムナバからの兵士ネマニャ・マティッチNemanja Matić ―ユーゴスラビア崩壊直前、2部マチュヴァ・シャバツでミロスラヴ・ジュキッチとともに活躍した ドラガン・マティッチを父親にもつ、セルビアが欲していな…

淵源/ 政治家とサッカー Tole Lopove! セルビア パルチザン・ベオグラード ツルヴェナ・ズヴェズダ

政柄を握るトミスラヴ・ニコリッチがアレクサンダル・ヴチッチに。 イビツァ・ダチッチのセルビア社会党がアレクサンダル・ヴチッチのセルビア進歩党に。パルチザン・ベオグラードがツルヴェナ・ズヴェズダに。 セルビアでは、サッカーは政争の道具であり政…

もう一人の青年ボスニア/セルビア代表黄金の"鷲"ミヤト・ガチノヴィッチ

世界の血まみれの揺籃地、凄惨な歴史を有し、多文化都市サラエボで、第一次世界大戦の勃発の起因となったハプスブルク帝国からのボスニア・ヘルツェゴヴィナの解放と南スラブの統一を目指す「青年ボスニア」の革命運動による暗殺者ガヴリロ・プリンツィプが…

コンスタンティヌス大帝、ドラガン・ストイコヴィッチ ピクシー、イバン・ミリュコビッチ、ステバン・シンジェリッチ、ステヴァン・スレマツ、デヤン・ペトコヴィッチ /蘊奥、ニシュの先賢、セルビア代表黄金の"鷲"

逸話は、ニーシュで始まり、当時Dragan Stojković Piksiユーゴスラビアリーグにおいて、ラドニチュキ・ニーシュの少年は、ハイデュク・ヴェリコ戦16歳でプロデビュー、ディナモ・ザグレブ戦17歳で初ゴール、ユーゴスラビア代表にザグレブでのフランス代表戦1…

パルティザン部隊による濫觴 /パルティザン・ベオグラードとドラガン・マンツェ

伝統と権威あるセルビアのパルチザン・ベオグラード―民族主義政党クロアチア民主同盟(HDZ)を結成し、初代クロアチア大統領になり、サッカーを最大限に政治利用した、若き日のフラニョ・トゥジマンが、怜悧な革命家で、のちに多民族国家ユーゴスラビアの再…

マケドニア代表・サッカーの紐帯/フィリッポス2世、アレクサンドロス大王、ユスティニアヌス1世、ゴツェ・デルチェフ、ヴォイヴォダ・バブンスキー、マザー・テレサ、トシェ・プロエスキからゲオルゲ・ハジ、ダルコ・パンチェフ

大セルビア主義者のスローガンになった、スロボダン・ミロシェヴィッチ独裁政権下で使われた「Srbija do Tokijaスルビヤ・ド・トキヤ/東京までセルビア 」を生んだ契機とされる、 ユーゴスラビア崩壊とともに、ツルヴェナ・ズヴェズダが極めた隆盛(UEFAチャ…

セルビアコソボサッカーの停頓 /大アルバニアと戦争 黄金の鷲の子 ピクシー ドラガン・ストイコビッチ 

バルカンにとって今年の最も重要な政治的決定の一つでもあるコソボのUEFA加盟が、規定に違反するとして、ワールドカップ予選などのコンペティションから締め出したいセルビアの要求の下、再びスイスのローザンヌの国際スポーツ仲裁裁判所で審議に着手する。 …