Jugoslovenska škola

私淑するものとして ヴァルダル川から トリグラウ山まで ユーゴスラヴィア プラーヴィ

クロアチア人ディアスポラ

ユーゴスラヴィアは、何十年、何百年の歴史を通して、不運にも、戦争や政治情勢のため、生き残るために、もしくわ、ここでは得ることが難しい専門知識と妙技への認識や野望を達成するために、例えば、クロアチアは、ヨーロッパに中央アジアや中国を紹介した驚異の書、東方見聞録で有名な貿易商人であり旅行家のマルコ・ポーロノーベル化学賞を受賞した化学者のウラジミール・プレローグ、レオポルト・ルジチカ、天才発明家のニコラ・テスラ、 アメリカの至高のバスケットボール選手、最初のNBAの選手、その圧倒的な力のためにNBAのルールが変更させた、ミスター・バスケットボールの異名を持ち、バスケットボール殿堂入りを果たしたジョージ・マイカン、サッカーでも、ディナモ・ザグレブの英雄で、まだユーゴスラビア連邦の一部だったにもかかわらず、クロアチア独立の予鈴を鳴らすトゥジマンTuđman政権発足とともに、民族主義の激化と民族間の緊張の中、編成したクロアチア代表の初代監督だったドラジャン・イェルコヴィッチと並び、1962年のFIFAワールドカップ得点王となり、1967年にはバロンドールを受賞したフローリアン・アルベルト、史上最高の選手の一人であるディエゴ・マラドーナの母方の曾祖父で、ダルマチア地方のコルチュラ島出身のマテオ・カリロリッチ―彼の娘、マラドーナの祖母のサルバドーラ・カリロリッチは、マラドーナの母親を生み、ダルマチア地方に由来して、ダルマ・サルバドーラ・フランコと名付けた、アルゼンチンの歴史で最高の選手の一人、チェ・ゲバラ、フィト・パエス、セサル・ルイス・メノッティ、アンヘル・トゥリオ・ゾフ、マルセロ・ビエルサリオネル・メッシなどを生んだ無尽蔵の改革の源泉の町ロサリオの伝説トマス"エル・トリンチェ"カルロヴィッチ、そして、新たにアメリカ代表の最年少出場や最年少得点など次々と記録を更新し、アメリカの輿望を一身に担うクリスチャン・マテ・プリシッチなどを持つ、現在でも、白人社会を駆け回る国である。

 文化、商売、スポーツ、発明に秀でたディアスポラは、野心を叶え、名声と名誉を得て、彼らの国で国家のシンボルになる。

f:id:mancedragan:20170205185513j:plain

広告を非表示にする