Jugoslovenska škola

私淑するものとして ヴァルダル川からトリグラウ山まで ユーゴスラヴィア

コンスタンティヌス大帝、ドラガン・ストイコヴィッチ ピクシー、イバン・ミリュコビッチ、ステバン・シンジェリッチ、ステヴァン・スレマツ、デヤン・ペトコヴィッチ /蘊奥、ニシュの先賢、セルビア代表黄金の"鷲"

逸話は、ニーシュで始まり、当時Dragan Stojković Piksiユーゴスラビアリーグにおいて、ラドニチュキ・ニーシュの少年は、ハイデュク・ヴェリコ戦16歳でプロデビュー、ディナモ・ザグレブ戦17歳で初ゴール、ユーゴスラビア代表にザグレブでのフランス代表戦18歳で代表デビュー、1945年に創設し、ユーゴスラビア崩壊によって、リーグが瓦解するまでに、最多19個のタイトル、ヨーロッパ・カップ、インターコンチネンタルカップを勝ち取っているユーゴスラビア最大のクラブであるツルヴェナ・ズヴェズダでは、数多くの栄光をもたらし、クラブ最大の名誉と称号であるズヴェズディナ・ズヴェズダをミティッチ、シェクララッツ、ジャイッチ、ペトロヴィッチに次ぎ第5星人に24歳で受賞、政治的圧力と闘った最後のユーゴスラビア代表のイタリアワールドカップでの光輝(FIFA World Cup All-Star Team選出)、歴史的なズヴェズダとのチャンピオンズリーグ決勝バーリの聖ニコラウスの夜、バロンドール通算3度のノミネート、90年代には旧ユーゴ崩壊、スロベニアクロアチアの独立、ボスニア・ヘルツェゴビナ紛争、国連安全保障理事会によるスポーツを含む制裁で国際大会からの追放、ユーゴへのNATOによる空爆と、常に政治、戦争、民族、国家に翻弄され暗涙に咽び、激動の時代を生きた、パシ・ポリャーネからの天才、ゲームの大家、夢想家、マジシャン、イリュージョニスト、ドラゴスラヴ・シェクララッツ・シェキの練達した技を昇華した動きを幾つかレパートリーに、強烈なリーダーシップスキルを備えたユーゴスラビア最後の10番、伝説的英雄ドラガン・ストイコビッチ・ピクシー。

 ストイコヴィッチ・ピクシーを生み、新たなピクシーの出現を半世紀近く待たせようと考えていたセルビア共和国南部の都市ニーシュは、再び俊秀を生み、甲冑も武器も持たない豪傑な戦士アンドリヤ・ジヴコヴィッチ・ジレを欣然と送り込む。戦争に敗北し、名誉や自尊心を失い、屈辱を受け、意識を失った、虚弱で不規則な秩序、乱世の時代を生き抜いた1994、1995、1996、1997年生まれの世代の―U-19欧州選手権、U-20 ワールドカップでチャンピオンになり欧州と世界を制し名を刻む―先鋒として、愛と憎悪をフィールドに持ち込み、セルビアの白鷲となり戦う。ベオグラード、ヴォイヴォディナ、シュマディヤ、クライナ、スルプスカ、サンジャク、モンテネグロコソボなどから蝟集した群衆に安寧を運ぶためにDragan Stojković Piksi

f:id:mancedragan:20170610182416j:plain

広告を非表示にする