Jugoslovenska škola

私淑するものとして ヴァルダル川からトリグラウ山まで ユーゴスラヴィア プラーヴィ

もう一人の青年ボスニア/セルビア代表黄金の"鷲"ミヤト・ガチノヴィッチ

世界の血まみれの揺籃地、凄惨な歴史を有し、多文化都市サラエボで、第一次世界大戦の勃発の起因となったハプスブルク帝国からのボスニア・ヘルツェゴヴィナの解放と南スラブの統一を目指す「青年ボスニア」の革命運動による暗殺者ガヴリロ・プリンツィプが放った一発の銃弾によって―オーストリアハンガリーハプスブルク)帝国帝位継承者フランツ・フェルディナント大公と妻ゾフィーが暗殺されたサラエボ事件から100年余り、「青年ボスニア(ムラダ・ボスナMlada Bosna)」の理論的指導者であり、 革命組織の創立者、大セルビアの実現を目指す青年ボスニアの背後組織であるセルビア王国の軍人アスピことドラグティン・ディミトリエヴィッチを指導者とする秘密結社「統一か死か(通称黒手組)」の重要メンバー であったヴラディミール・ガチノビッチの子孫が、U-19欧州選手権U-20ワールドカップで優勝を勝ち取ったのちに、遂にワールドカップ2018欧州予選を戦うセルビアフル代表に招集され、 初ゴールと勝利で最高のデビュー戦を飾り、気勢をあげる。

 世界の歴史を動かし、名を刻んだ祖先、青年ボスニアのリーダーのように、スルプスカ共和国に属するヘルツェゴヴィナ南部の町トレビニェ出身の、数々の名選手を輩出したヴォイヴォディナ・ノヴィサドのFC"ヴヤディン・ボシュコヴ"で陶冶された後継者は、再び民族の解放と自由の尊厳のために闘う。

f:id:mancedragan:20170623015624g:plain

f:id:mancedragan:20170623015641g:plain

広告を非表示にする