Jugoslovenska škola

私淑するものとして ヴァルダル川から トリグラウ山まで ユーゴスラヴィア プラーヴィ

軍靴を履くザダールとズヴォルニクのボールの芸術家 /ルカ・モドリッチ ミラレム・ピアニッチ ユーゴスラビア 10番 クロアチア代表 ボスニア・ヘルツェゴビナ代表

日々の生活で、ベラヤを避けるために、賢さ、鋭い洞察力、多くのアイディアが、遺伝子に書き込まれる地域ユーゴスラビア

 現在、ユーゴスラビアのデセトク―アレクサンダル・ティルナニッチ、ブラゴイェ・マルヤノヴィッチ、スティエパン・ボベク、ベルナルド・ブカス、ライコ・ミティッチ、ミラン・ガリッチ、 ドラゴスラヴ・シェクララツからサフェト・スシッチドラガン・ストイコビッチデヤン・サビチェビッチズボニミール・ボバン、ロベルト・プロシネチュキなどへ―のドグマを受け継ぐ二人の芸術家Luka Modrić―スヴェティロク山頂の南にあり、ヴェレビト山脈の険しい勾配に位置するオブロヴァツ近傍ザトンの村落、小さい村モドリツィ出身、クロアチア内戦では、名をもらった祖父をチェトニックに殺害され、セルビア武装勢力ユーゴスラビア人民軍の侵攻を逃れるため、生家を捨て、砲撃や銃弾の中、ザダールの難民シェルターとなったNKザダルスタジアム近くのホテルで暮らし、NKザダル、ディナモ・ザグレブボスニア・ヘルツェゴビナクロアチア系クラブNKズリニスキ・モスタルインテル・ザプレシッチで人格を涵養したスペインのレアル・マドリードルカ・モドリッチと、カレシヤ出身でドリナ・ズヴォルニクの選手だった父親ファフルディンのもと、ボスニア紛争で、セルビア民兵部隊やユーゴスラビア人民軍が占領し、近郊のカラカイとチェロペクの収容所でボシュニャック人が殲滅された悲劇の町のひとつスルプスカ共和国ズヴォルニクに生まれた、騒がしい銃声を避け、多くのズマイェヴィと同様に、ディアスポラとなり、ルクセンブルク、フランスに潜り生き抜いたイタリアのユヴェントスのミラレム・ピヤニッチ―がチャンピオンズリーグ決勝の大舞台で相まみえる。

 行き場をなくした国粋主義者愛国主義者の祭祀、劇場であり、戦場に、軍靴を履くボールの芸術家Miralem Pjanićが華美に舞う。

f:id:mancedragan:20170606000018j:plain

f:id:mancedragan:20170606000030j:plain

広告を非表示にする