Jugoslovenska škola

私淑するものとして ヴァルダル川からトリグラウ山まで ユーゴスラヴィア

黒い山モンテネグロ代表 ハラブリ・ソコリ ユーゴスラビア/ペータル2世ペトロヴィッチ-ニェゴシュ、アレクサンダル1世、聖サヴァ、ステファン・ネマニャ、ミロヴァン・ジラス、ニコラ1世、エレナ・デル・モンテネグロ 、ペコ・ダプチェヴィッチ、エレナ・ペトロヴナ、ミリツァ・ニコラエヴナ、プレドラグ・ミヤトヴィッチ、デヤン・サビチェヴィッチ

ユーゴスラビアの歴史で、第1回のFIFAワールドカップでのブラジル戦の活躍により、エル・グランデ・ミロヴァンの異名が奉られ、最初のワールドカップで世界のベストイレブンに主将のミルティン・イヴコヴィッチと共に選ばれたミロヴァン・ヤクシッチ以降、定期的にテントウムシと共に偉大なゲームの大家―おくらく、殆どの人は、ブドゥチノストとスティエスカでなく、ポドゴリツァの小さなムラドストが、偉大な黒い山の名手―プレドラグ・ミヤトヴィッチ、デヤン・サビチェヴィッチ、レフィク・シャバナジョヴィッチ、近くはステヴァン・ヨヴェティッチなど―を生んだことを知らない―を授ける人口67万人の新しい国家モンテネグロ

 2006年ワールドアップでは合同国家セルビア・モンテネグロとして欧州予選でスペインを抑え、10試合1失点という予選に参加した51か国で最高の守備を構築して、記録を残し、目覚ましい成績で勝ち上がったにもかかわらず、まさにトーナメント開幕直前6月に、ミロ・ジュカノヴィッチ政権によるセルビア共和国との国家連合の解消と独立の国民投票によって、独立が承認され、セルビアセルビア・モンテネグロ代表の後継国家チームとなり、袂を分かち、2つの独立した国家の共同芸術作品を、再び政治によって、崩壊された勇敢な鷹は、多民族国家ユーゴスラビアの青の衣鉢を受け継ぎ、ミルコ・ヴチニッチステヴァン・ヨヴェティッチ、ステファン・サヴィッチなどの後に、マルコ・ヤンコヴィッチ、ネボイシャ・コソヴィッチ、セアド・ハクシャバノヴィッチ―独立後、史上三番目の最年少デヴュー、ラザル・ツァレヴィッチ―父親が会長を務めるOFKグルバリで才腕をふるい、スペインのバルセロナが契約を勝ち取る―などを羽に加えて大きく登る。

f:id:mancedragan:20170618230955j:plain

f:id:mancedragan:20170618231501j:plain

広告を非表示にする