Jugoslovenska škola

私淑するものとして ヴァルダル川からトリグラウ山まで ユーゴスラヴィア プラーヴィ

泥濘する政治のフィールド サッカー Dardanët コソボ セルビア ユーゴスラビア/カラジッチとヴォクリ、ダチッチとタチ、コンスタンティウス・クロルス 、アティフェテ・ヤヒヤガ、 ハシム・サチ、イブラヒム・ルゴヴァ、マルッティ・アハティサーリ

ただ一人、ここ何十年もの間、キャリアのなかでも、最も困難な闘いに敢然と挑み、逢着する危険な政治ゲームに勝利し、至高のゴールを決めたコソボの伝説ファディル・ボクリ ―ポドゥイェヴォ出身、KFラピ、FKプリシュティナパルティザンベオグラード民族主義や政治的緊張が横溢する中で、ユーゴスラビア代表に唯一選ばれた偉大なアルバニア人選手、コスモポリタン偉大なイビチャ・オシムの学窓、コソボサッカー連盟会長、歴史が優れた選手、何千もの人のアイドルとして認識するとき、他の素晴らしい卓越した妙技―外交家、交渉人、該博、豪傑―も考えるようになった。

 政治家が国際連合ユネスコに加盟することができずに国際的承認に苦心する中、 世界で最も強力なスポーツ組織―55番目の欧州サッカー連盟UEFA)、210番目の国際サッカー連盟FIFA)の正式加盟国になる、コソボへの流出の恐れのもとに暮らすスイス代表も大勢がスイスの国旗のもとでの戦いに終わりを告げることに気づいていたので、反対票を投じ最後まで加盟に反対―加盟の承認を実現させ、 セルビアサッカー連盟の継子の手から抜け出し、何十年の孤立の後、サッカーの完全独立を成し遂げる。 そして、汚職が蔓延し、不安定な国情を招き、人口流失が続くコソボ大統領ハシム・サチ―初代首相、外相、コソボ民主党(PDK)の党首、コソボ解放軍の指導者―の外交政策を論う。

 彼の奮励のおかげで、コソボでの至る所で、またはディアスポラで、子供、若者が新たな国家の代表チームを夢見ることが可能となった。 才能は無益なリーグで終わらない。 ボクリは寓話。 スヴェカル村から頂点へ。 才能はお金では買えないから、無知は堕落で隠すことはできない。 その点、全ては平等。これはすべてファディル・ボクリによって可能となった。

f:id:mancedragan:20171002001803j:plain


 

 

 

広告を非表示にする