Jugoslovenska škola

私淑するものとして ヴァルダル川から トリグラウ山まで ユーゴスラヴィア プラーヴィ

ノヴィ・サドの軍人/セルビア代表黄金の"鷲"セルゲイ・ミリンコヴィッチ-サヴィッチ FKヴォイヴォディナ ジョルジェ・ペトロヴィッチ-カラジョルジェ ヴヤディン・ボシュコヴ

凄惨を極めたユーゴスラビア紛争の泥沼を抜け出し、カラシニコフ銃をボールに擬し、ベチェイからピレネー山脈を渡った父ニコラ・ミリンコビッチが、 当時スペイン一部リーグラ・リーガに昇格したカタルーニャ州のクラブUEリェイダに移り逗留していた時に、スペインで生まれ、 当地の慣習に従い、二つの姓をつなげた姓(セルビアでは稀)―父と母―を授かった "黄金の鷲"ノヴィ・サドの軍人セルゲイ・ミリンコビッチ-サビッチ―1995年生まれ、スペイン・リェイダ出身、スペイン、ポルトガルオーストリアから ノヴィ・サドへ、ノヴィ・サドの学校"ソニャ・マリンコヴィッチ"、"ヨヴァン・ヨヴァノヴィッチ・ズマイ"、 FKヴォイヴォディナ、ユーススクール "イリヤ・パンテリッチ"、ヴォイヴォディナでは、2013年11月23日のヤゴディナ戦、18歳8か月27日でデビュー、 FC "ヴヤディン・ボシュコヴ"の拙速な芸術品、マテヤ・ケジュマンの愛蔵品、物議を醸した遅れてきた"黄金の鷲"、UEFA U19欧州選手権FIFA U20ワールドカップ優勝世代"黄金のニュージーランド人"、 フル代表はセルビア代表、モンテネグロ代表、ボスニア・ヘルツェゴビナ代表、スペイン代表、そして前途遼遠だがカタルーニャ代表の選択可能。

 彼ら両親は単に姓だけでなく、特別なスポーツ遺伝子―つまり父だけでなく、母ミラナ・サビッチもまた、プロフェッショナルのバスケットボールの選手であり、 それゆえ、弟ヴァニャは手を使って運命を切り開くとしても驚きはない―もまた授けた。

 自由と解放に導いたカラジョルジェの名のもとに、FC "ヴヤディン・ボシュコヴ"で必死に修練を積んだノヴィ・サドの軍人は、 愛機の銃と榴弾をボールに取り替え、栄光と誉れを賭けた果てしない血みどろの戦いにいよいよ挑む。

f:id:mancedragan:20171222212142g:plain

 

広告を非表示にする