Jugoslovenska škola

私淑するものとして “Srbija do Tokija” 東京までセルビア "Od Vardara pa do Triglava" ヴァルダル川からトリグラウ山まで ユーゴスラヴィア プラーヴィ

2018W杯多民族国家ボスニア・ヘルツェゴビナ出身の4人の才気煥発な家主/ガヴリロ・プリンツィプ イヴォ・アンドリッチ メフメド-パシャ・ソコロヴィッチ ウラジミール・プレローグ アシム・フェルハトヴィッチ イヴィツァ・オシム ブランコ・スタンコヴィッチ ミルサド・ファズラギッチ アンテ・パヴェリッチ アリヤ・イゼトベゴヴィッチ エミール・クストリッツァ サフェト・スシッチ  ハサン・サリハミジッチ セルゲイ・バルバレス ズラタン・シェフィク・イブラヒモヴィッチ"キンコ" エディン・ジェコ"ディヤマント"

政治家や民族主義者の陥穽によって、民族融和、多民族性―街灯柱に横たわる大酒飲みのように、国際社会が何十年も頼った無意味なトーテム― を軍靴や戦車に踏みにじられ、現在も政治リーダーや御用聞きたちが戦争に導いた古いレシピを使いながら、市民を民族グループに分割しようと画策する ―代表チームは常に通り抜けられない妨害を受ける―勇壮な多文化・多民族国家ボスニア・ヘルツェゴビナは、2018年ワールドカップに、4人の監督を竜として送る。 ―2018年ワールドカップの大陸予選を突破して勝ち進んだ32か国のうち、4か国までもが、ボスニア・ヘルツェゴビナ・スクール出身の監督を持つ。

 ズラトコ・ダリッチ: 1966.10.26、リヴノ出身、クロアチア代表、ダヴォル・シュケル、ニコとロベルトのコヴァチ兄弟らのルーツであるクロアチアのサッカーと切り離すことができない ボスニア・ヘルツェゴビナ西部の住人一万人の基礎自治体、小さな町リヴノ出身、 現役時代はヴァルテクス、ヴェレジュ・モスタルハイドゥク・スプリト、ブドゥチノスト・ティトーグラードなどに在籍、 欧州予選の最終戦キエフでのウクライナ戦で椅子に座り、壊滅的なヴァトレニに火をともす。

 ムラデン・クルスタイッチ: 1974.3.4、ボスニア・ヘルツェゴビナ連邦ゼニツァ出身、セルビア代表、スルプスカ共和国のFKラドニク・ビイェリナの現クラブ社長、 現役時代はチェリク・ゼニツァ、パルチザン・ベオグラードらに在籍、 1999年欧州選手権予選のベオグラードでのマケドニア代表戦で新ユーゴスラビア代表でデヴュー、のちにセルビア・モンテネグロ代表、連邦離脱、分離後、セルビア代表でプレー、パルチザンのスポーツ・ディレクター、セルビア代表のアシスタント・コーチ。

 ウラディミール・ペトコヴィッチ: 1963.8.15、サラエヴォ出身、スイス代表、思慮深い生粋のサライリヤ、現役時代はFKサラエヴォらに在籍、 決してスイス連邦に根差すことはない名前を持つスイスの市民権を有するユーゴスラビア人―中心はコソボ共和国アルバニア人―で構成し、 チーズ、時計、チョコレートをボールに変える。

 ヴァヒド・ハリルホジッチ“ヴァハ ”: 1952.5.12、ヤブラニツァ出身、日本代表、スロベニア人のダニロ・ポピヴォダに代わり、ベオグラードのスペイン代表戦でユーゴスラビア代表デビュー、 ツルビナ・ヤブラニツァ、ヴェレジュ・モスタルらに在籍、ヴェレジュのクラブ史に残る代表的選手、UEFA U-21欧州選手権MVP、1985バロンドール・ノミネート、 ワールドカップには選手、監督として4度目の参加。

f:id:mancedragan:20180121211733g:plain

広告を非表示にする