Jugoslovenska škola

私淑するものとして “Srbija do Tokija” 東京までセルビア "Od Vardara pa do Triglava" ヴァルダル川からトリグラウ山まで ユーゴスラヴィア プラーヴィ

ニコラ・ミレンコヴィッチ "ブレキ" (セルビア代表) / 新しいネマニャ・ヴィディッチ ベオグラード ウジツェ パルチザン・ベオグラード ツルヴェナ・ズヴェズダ テレオプティク スパルタク・スボティツァ

ノヴィ・パルティザノヴェ・ヴェヴェ

ニコラ・ミレンコビッチ "ブレキ": 1997.10.7 ベオグラード生まれ パルチザン・ベオグラード ファリ・ラマダニ 流星のようなキャリア  高速の筋収縮を許容する白色筋線維の比率が高く、身長195センチで屈強さと速さを併せ持つ拙速な芸術品 欧州で名高いパルチザン・シュコーレでは過度な才能と適用されてなかった、 それゆえにプロフェッショナル契約はもちろん、スカラシップの契約さえも得ることができなかった、2015/16 シーズンにテレオプティクへ、一人の専門家イヴァン・トミッチとの邂逅がなければ、3、4部リーグに今日隠れていても不思議ではなかった、 パルチザン・ベオグラードのファースト・チームには、2016年4月10日FKムラドスト・ルチャニ戦で18歳5か月29日デヴュー、ヴォイヴォディナ戦で初ゴール、 そのゴールはパルチザンのそのシーズンの100ゴールでもあった、ファーストシーズンは4試合1ゴール、次のシーズンは"ツルノ・ベリ"の柱の一員として32試合2ゴール、 パルチザンの最後の試合では、カップ戦決勝、永遠のライバル、ツルヴェナ・ズヴェズダ戦のベオグラード・ダービーでゴールを挙げ、ズヴェズダからダブルクラウンを奪い、ヒーロとなり、別れを告げた、 このゴールは118回のベオグラード・ダービーで当時21歳のネマニャ・ヴィディッチパルチザンに対して挙げたゴールと時間や角度がほとんど同じで重なる、 パルチザンでは通算44試合4ゴール、2018FIFAワールドカップに向けセルビア代表初選出、6月3日チリ戦で20歳7か月23日のセルビア代表デビュー、 伝説的なデヤン・サビチェビッチが、セルビア・モンテネグロ代表の椅子に座っていた時、2002年10月12日ナポリスタディオ・サン・パオロでのイタリア戦で、 軌道上に21歳の青二ネマニャ・ヴィディッチを発射台に置いたように、その時、ヴィディッチとペアを組み、のちに、ディレクター、トレーナーまたは クラブ社長で成功し、現在セルビア代表の椅子に座る快活なムラデン・クルスタイッチは、デーヨがズヴェズダの若き主将を信頼したように、 ワールドカップの舞台で同じような作法をとる、これは大きな代表の発射傾斜台となる。

f:id:mancedragan:20180614222236g:plain