Jugoslovenska škola

私淑するものとして “Srbija do Tokija” 東京までセルビア "Od Vardara pa do Triglava" ヴァルダル川からトリグラウ山まで ユーゴスラヴィア プラーヴィ

2018 FIFAワールドカップ グループE 2018.6.22 20:00 セルビア代表 - コソボ代表 1:2 (1:0) 得点:アレクサンダル・ミトロヴィッチ 5' - グラニト・ジャカ 52' ジェルダン・シャチリ 90' 会場:カリーニングラード 観客:33,167 主審:フェリックス・ブリッヒ(ドイツ)

コソボの"3番目の代表チーム"

 国際司法裁判所(ICJ)が、独立に関して適法と判決を下した時以来、セルビアに対して最大の勝利!

 ヘルベティア人の応援のもと、ナティのドレスを着きて先発メンバーに名を連ねた卓出したダルダニア人選手、ダルダネト: ジェルダン・シャチリグラニト・ジャカヴァロン・ベーラミ、 近隣マケドニアブレリム・ジェマイリとともに、シュチプタルが3分の1以上も占めた。

 約190万人の住人と比較しても、スイスで生活するコソボアルバニア人は、20万人以上と目覚ましい比率を持つ。 ドイツをベースとしたコミュニティーらとともに、彼らはコソヴォにとって重要な財源の一つであり、 毎年、1億7500万スイスフラン(約1億5000万ユーロ)が送金される。 コソボ首相、コソボ未来同盟(AKK)の党首ラムシュ・ハラディナイ自身も、独立のためのゲリラ組織、コソボ解放軍のリーダーになるために戻る以前は、 スイスでナイトクラブの用心棒、空手の教師やアルバニア民族主義者組織 "コソボ国民運動"の一員として、勃々たる雄図をもって若き日を過ごしていた。

f:id:mancedragan:20180624193108j:plain

f:id:mancedragan:20180624183954g:plain

f:id:mancedragan:20180624184038g:plain

f:id:mancedragan:20180624184324g:plain

f:id:mancedragan:20180624184350g:plain