Jugoslovenska škola

私淑するものとして “Srbija do Tokija” 東京までセルビア "Od Vardara pa do Triglava" ヴァルダル川からトリグラウ山まで ユーゴスラヴィア プラーヴィ

シニシャ・ミハイロヴィッチ "バルビカ"(ユーゴスラビア代表 / ヴコヴァル) / 生まれながらの勝利者 サッカーと政治 超国家主義者 愛国主義者 悪魔の左足 FKの名手 背番号11 東京までセルビア Srbija do Tokija ジェリコ・ラジュナトヴィッチ"アルカン" ボロヴォ ヴォイヴォディナ ツルヴェナ・ズヴェズダ

跿跔科頭

シニシャ・ミハイロビッチ "バルビカ、シニシャ、ミハ":1969.02.20 激戦の地、戦争の象徴の一つである複雑なヴコヴァル生まれ オドブラナ  ボロヴォ ヴォイヴォディナ ツルヴェナ・ズヴェズダ

世界でも稀なキャリア 稀代 強烈なキャラクター 美徳と欠陥 超国家主義者 愛国主義者 共産主義者 国華 雄勁 気骨 跿跔科頭 烈士徇名 剛毅果断 曠世之感 怒髪衝天 知勇兼備

ロックスターのような長髪 バルビカ 悪魔の左足 サッカー史に残る最高のフリーキッカーの一人 FKの名手 背番号11 キャリアの初めは左ウィング 戦争、政治的混迷のため去らなければならなかった時、巨匠ヴヤディン・ボシュコフの懇請でイタリアに渡ってからはディフェンダー 

イタリアのセリエAでのFKの歴代最多得点数の記録保持者 FKでのハットトリック 大セルビア主義者のスローガンになった、スロボダン・ミロシェヴィッチ独裁政権下で使われた「Srbija do Tokijaスルビヤ・ド・トキヤ/東京までセルビア 」を生んだ契機となった欧州と世界を制覇したツルヴェナ・ズヴェズダの黄金の星世代

悪名高きジェリコ・ラジュナトヴィッチ"アルカン"との特別な関係 ユーゴスラビア崩壊、内戦、制裁、空爆と、激動の時代を生き抜いた戦士  ヨシップ・ブロズ・ティトー スロボダン・ミロシェヴィッチ UDBA NATO空爆 逆行した歴史的な政治的試合、マクシミール決戦 ブコバル91

故郷のクラブである3部ヴコヴァルのボロヴォから17歳でベリ・マナスティルでのスパルタ戦(1対1)でいきなり得点を挙げ華々しいデビュー 多くの喝采を受け、ユース年代の列国議会の大会では SRクロアチア代表(クロアチア社会主義共和国)でプレーしていた ノヴィ・サドのヴォイヴォディナではリュプコ・ペトロヴィッチのもとで直に地位を築き誰も予想できなかったリーグ優勝に大いに貢献  ヴォイヴォディナで2年半の冒険を終えた後、監督リュプコと共に欧州の強豪ツルヴェナ・ズヴェズダに移った  最初のシーズンにリーグ優勝に貢献したが、とりわけ欧州チャンピオンカップの準決勝バイエルン・ミュンヘンでのFKの得点と決勝に導く決定的な奮励が記憶されている(欧州戦10試合5得点)  そのあと欧州チャンピオンカップインターコンチネンタルカップで欧州と世界を制覇

代表ではユース年代ではSRクロアチア代表(クロアチア社会主義共和国)でのプレーが発端でミロスラフ・ブラジェヴィッチ"チーロ"の関心を引き、クロアチアの浄域ディナモ・ザグレブに招待されたとき、 ユーゴスラビア代表クロアチア人ミルコ・ヨジッチはディナモか、または代表を退くかと脅迫した それ故に世界を制覇した有名な"チリ人"代表チームにはいなかった  のちに選出されたときにU-21欧州選手権では準優勝  シニア年代には軍靴や戦車に踏みにじられた多民族融合の伝説的なユーゴスラビア代表SFRに巨匠サライリヤのイヴィツァ・オシムのもとで22歳2か月26日にデビュー  ユーゴスラビア崩壊後、そのあと国際復帰したユーゴスラビア代表FRで過酷な状況下のもとプレーを続けた  代表最後の国際試合は、その時には既にセルビア・モンテネグロ代表SCGだった 騒乱の渦の中SFRY、FRY、SCGで代表通算63試合10得点、レッドカード(5)を受けた記録的な数も型破りなキャラクターを表している  再び人生で最も困難な試合が待っている!絶対に勝利を!

Veliki igrac, uspjesan i kao trener. Izdrzi legendo, moras dobiti i ovu najtezu utakmicu utakmicu zivota ! Sve može da se pobedi u životu!Rodio si se znajući samo za život, živeo si znajući samo za pobede! Siniša pobedi!

f:id:mancedragan:20190717061041g:plain