Jugoslovenska škola

私淑するものとして “Srbija do Tokija” 東京までセルビア "Od Vardara pa do Triglava" ヴァルダル川からトリグラウ山まで ユーゴスラヴィア プラーヴィ

ラドミール・アンティッチ(パルチザン・ベオグラード、スロボダ・ウジツェ) / レアル・マドリー アトレティコ・マドリー バルセロナ ユーゴスラビア スペイン セルビア  ウジツェ ズラティボル ベオグラード マドリード ミリンコ・パンティッチ 嚶鳴

Život je srećan za one koji ga žive da bi pobijedili

ラドミール・アンティッチ"ミステル、ラドミル、ラデ、ラド、アント、アンタラ": 1948.11.22 - 2020.04.06

ユーゴスラビア人民解放戦争に従事した、ユーゴスラビア人民軍大佐、人民英雄勲章を受勲した叔父であるラドミール・ラデ・ブルキッチの名を受け継ぎ 、ヴォイヴォディナ自治州のズレニャニン近傍、中央バナトの小さな町ジティシュテで生まれた。 奇特で稀代なキャリア  選手、監督、委員、解説者 分析者 堅士 活眼 イノベーター ジャガーノート 修繕師 戦略家 チェスの愛好家  チェスの世界的なプレイヤーだった畏友であるリュボミィル・リュボエビッチと古くから気脈を通じる。 最愛するパルチザン・ベオグラード 

スペインの歴史上で、レアル・マドリーアトレティコ・マドリーバルセロナのスペインで大きく敵対する三位一体のクラブに蘊奥を説いた唯一の教導者、巨擘 スペインの歴史上で、レアル・マドリーバルセロナの最も唾棄し敵対するスペインを大きく代表する2つのクラブの椅子に座った2人のうちの1人  スペインでは、特にパルチザン・ベオグラードの及門だったボールの芸術家10番ミリンコ・パンティッチらと共に成し遂げたロヒブランコ、ビセンテカルデロン、アルガンスエラでのクラブの歴史で、最初でこれまでただ一つだけの"歴史的なダブルクラウン"が記憶されている。 最終的には、スペインでは闊大に15シーズン6チームに薫育した。 表裏を知り尽くして、詭計を弄する、いわく付きの狷介な名会長ヘスス・ヒル、ラモン・メンドーザ、ジョアン・ガスパールらとも傑然と分掌した 。 分離独立して僅かの禍乱で禍々しい セルビアには、3代目のセルビア代表監督として椅子に座り、独立後最初のW杯で、欧州予選ではフランスらを抑えて首位で突破して本大会に導いた。ところが、最終的には報われることはなかった ...(2年2日)

愛郷スロボーダが最初のキャリア (その時ティトーのウジツェ)。ウジツェでの最初のキャリアのあと、最愛するパルチザン・ベオグラードへ  ツルノ・ベリのドレスにはディフェンダーとして8シーズン388試合25得点を記録、リーグタイトルにも貢献した 。ユーゴスラビア代表にはマジャール代表との試合が唯一の招待だった。  教導の浄域であるパルティザンでキャリアを始めてから、蘊奥を極めて、ピレネー山脈に再び渡ってからも、学んだ機巧を試して、反芻していったのだった...

Radomire, volimo te! Večna ti slava MISTER ! Vecna ti slava i hvala na svemu Večna slava legendi Pocivaj u miru majstore ‼永遠に‼

f:id:mancedragan:20200424191352g:plain

f:id:mancedragan:20200424191441g:plain

ヨシップ・イリチッチ "ヨヨ"(スロベニア代表) / プリイェドルのボールの芸術家 教授 おばあちゃん イル・プロフェッソーレ ラ・ノンナ カーニオラン ボスニア・ヘルツェゴビナ スルプスカ共和国 クロアチア スロヴェニア トリグラウ マリボル ズラトコ・ザホビッチ アタランタ チャンピオンズリーグ 1試合4得点

不抜之志

 取り扱うことが難しい稀世のプロフィール 長身190㎝の左足のボールの芸術家 キャリアの隆盛 生命を脅す2つの横禍 選手キャリアを脅す重度のリンパ節疾患の病気とも戦う 通常なら長身190㎝80kgならハーフ・ウィング-イタリア語ではメッザーラ-より、ストッパーに映ることが普通。 スルプスカ共和国のプリイェドルの芸術家が有する特徴 -偉躯、長身、長い手足、広い肩幅、カーニオラン、バスケットボール選手のような風貌、埃をかぶった三枚扉の衣装ダンスのような外観、見事な手練のテクニック、ドリブル、トリックやフリックの魅惑的なレパートリー、殺人的なハンマーまたは画家の絵筆にもなり得る左足、ゲームへの素晴らしい洞察、時々無為で怠惰で気難しい性格-のため、このポジションでは余りにも奇妙に映る。

 ラ・デアへ笈を負ってから直に敢闘して15得点10アシストを記録。昨季はイタリアの年間ベストイレブン、ベスト・ミッドフィルダーを受賞(グラン・ガラ・デル・カルチョ) 。そしてこの騏驥のリーダーシップのもと、イタリアのベルガモの小さなクラブの歴史でかつてない偉業 - 初の欧州チャンピオンズリーグ。そして今日、チャンピオンズリーグの歴史で32歳41日での最年長で1試合4得点を記録した巨歩を記す。チャンピオンズリーグの歴史でノックアウト・フェーズでのアウェーの試合で2人目の1試合4得点を記録した選手に。 チャンピオンズリーグの歴史で46人目の1試合4得点を記録した選手に (ユーゴスラビアからは伝説的なパルチザン・ベオグラードのミロシュ・ミルティノビッチツルヴェナ・ズヴェズダ のボラ・コスティッチらに始まり8人目)。 イタリアの歴史で4人目のチャンピオンズリーグで1試合4得点を記録した選手に。これで新しいカレンダーになってから驚嘆の11試合14得点1アシスト 。今季現在のこの時点で、公式戦29試合21得点9アシスト。初のチャンピオンズリーグで準々決勝進出、欧州のエリートクラブの8チームに導く。  欧州チャンピオンズリーグ7試合5得点1アシスト...

 ボスニア・ヘルツェゴビナスルプスカ共和国のプリイェドルで、名前からも明らかなようにサンスキ・モスト出身のクロアチア人の家庭のもと生まれた。 既に政治的緊張、民族衝突が増大し、戦争直前のユーゴスラビアで、あまりにも苦しく早過ぎた父との永訣が起因となって、比較的安全なスロベニアのゴレンスカ地方へと戦禍を逃れた 。フットサルを長く興じたのちに、郷党トリグラフ・クラーニにある大きな芝生のフィールドに変えてから、インテルブロックに移る前に、スロベニアの下部ブリトフとボニフィカに所属していた。 インテルブロックでは65試合14得点3アシスト、 カップ優勝に貢献したものの、翌年2部リーグ降格を招いたことで、この若き逸足は大きなフィールドでのキャリアをあきらめて、フットサルに再び戻ろうとしていた。しかし、下部に埋もれていた才能を一人の人物が器遇を施して救った-それがスロベニアの伝説的なズラトコ・ザホビッチだった。この奇士の招きでマリボルで再出発してやり直してから、僅か56日11試合で、アペニン半島で最も優秀で経験豊富な教導者の一人が、筐底から連れ出していったのだった 。インテルブロックのものが、キャリアで唯一のトロフィー。しかし、このボールの芸術家は、これまで長い徒路で万難を排して最後には全てで勝利してきた...

f:id:mancedragan:20200525184312g:plain

 

ヨシップ・イリチッチ "ヨヨ"(スロベニア代表) / プリイェドルのボールの芸術家 教授 おばあちゃん イル・プロフェッソーレ ラ・ノンナ カーニオラン ボスニア・ヘルツェゴビナ スルプスカ共和国 クロアチア スロヴェニア トリグラウ マリボル ズラトコ・ザホビッチ アタランタ チャンピオンズリーグ 1試合4得点

不抜之志

 取り扱うことが難しい稀世のプロフィール 長身190㎝の左足のボールの芸術家 キャリアの隆盛 生命を脅す2つの横禍 選手キャリアを脅す重度のリンパ節疾患の病気とも戦う 通常なら長身190㎝80kgならハーフ・ウィング-イタリア語ではメッザーラ-より、ストッパーに映ることが普通。 スルプスカ共和国のプリイェドルの芸術家が有する特徴 -偉躯、長身、長い手足、広い肩幅、カーニオラン、バスケットボール選手のような風貌、埃をかぶった三枚扉の衣装ダンスのような外観、見事な手練のテクニック、ドリブル、トリックやフリックの魅惑的なレパートリー、殺人的なハンマーまたは画家の絵筆にもなり得る左足、ゲームへの素晴らしい洞察、時々無為で怠惰で気難しい性格-のため、このポジションでは余りにも奇妙に映る。

 ラ・デアへ笈を負ってから直に敢闘して15得点10アシストを記録。昨季はイタリアの年間ベストイレブン、ベスト・ミッドフィルダーを受賞(グラン・ガラ・デル・カルチョ) 。そしてこの騏驥のリーダーシップのもと、イタリアのベルガモの小さなクラブの歴史でかつてない偉業 - 初の欧州チャンピオンズリーグ。そして今日、チャンピオンズリーグの歴史で32歳41日での最年長で1試合4得点を記録した巨歩を記す。チャンピオンズリーグの歴史でノックアウト・フェーズでのアウェーの試合で2人目の1試合4得点を記録した選手に。 チャンピオンズリーグの歴史で46人目の1試合4得点を記録した選手に (ユーゴスラビアからは伝説的なパルチザン・ベオグラードのミロシュ・ミルティノビッチツルヴェナ・ズヴェズダ のボラ・コスティッチらに始まり8人目)。 イタリアの歴史で4人目のチャンピオンズリーグで1試合4得点を記録した選手に。これで新しいカレンダーになってから驚嘆の11試合14得点1アシスト 。今季現在のこの時点で、公式戦29試合21得点9アシスト。初のチャンピオンズリーグで準々決勝進出、欧州のエリートクラブの8チームに導く。  欧州チャンピオンズリーグ7試合5得点1アシスト...

 ボスニア・ヘルツェゴビナスルプスカ共和国のプリイェドルで、名前からも明らかなようにサンスキ・モスト出身のクロアチア人の家庭のもと生まれた。 既に政治的緊張、民族衝突が増大し、戦争直前のユーゴスラビアで、あまりにも苦しく早過ぎた父との永訣が起因となって、比較的安全なスロベニアのゴレンスカ地方へと戦禍を逃れた 。フットサルを長く興じたのちに、郷党トリグラフ・クラーニにある大きな芝生のフィールドに変えてから、インテルブロックに移る前に、スロベニアの下部ブリトフとボニフィカに所属していた。 インテルブロックでは65試合14得点3アシスト、 カップ優勝に貢献したものの、翌年2部リーグ降格を招いたことで、この若き逸足は大きなフィールドでのキャリアをあきらめて、フットサルに再び戻ろうとしていた。しかし、下部に埋もれていた才能を一人の人物が器遇を施して救った-それがスロベニアの伝説的なズラトコ・ザホビッチだった。この奇士の招きでマリボルで再出発してやり直してから、僅か56日11試合で、アペニン半島で最も優秀で経験豊富な教導者の一人が、筐底から連れ出していったのだった 。インテルブロックのものが、キャリアで唯一のトロフィー。しかし、このボールの芸術家は、これまで長い徒路で万難を排して最後には全てで勝利してきた...

f:id:mancedragan:20200322093408g:plain

ジェリコ・ラジュナトヴィッチ"アルカン" / 魁傑 悪魔 サッカーと政治 戦争とハーグ国際戦犯法廷 ヴコヴァルからバニャ・ルカへ アルカンの虎 デリエ ツルヴェナ・ズヴェズダ FKオビリッチ セルビア統一党 1月15日

竜驤虎視

 1月15日の今日、アルカン暗殺のニュースは、アコースティック演奏会の静穏の中に、ヘリコプターが追突し爆発するように反響した。 インターコンチネンタルホテルのロビーからの硝煙は、いつ爆発したかは、ほとんど教えてはくれなかった。 鳶目兎耳、ジャーナリスト、記者、政治家、警官、警察、治安職員、市民は、情報、噂、憶測等を交換するのに奔走した 。高められた最高潮の関心は、ベオグラードセルビアだけではなく 、CNN、SKY、BBCや他の世界の報道機関でも、アルカンの抹殺の報道のために番組プログラムを一時中断し伝えた。 午後には、セルビアの全ての日刊紙を占有し、ほぼ全ての欧州の日刊紙もまた第1面で伝えた 。地球上で最も強力な民兵組織司令官の一人、最も強力なマフィアのボス 、殺戮者、戦争犯罪人、刺客、悪党、ギャング、間諜、政治家、秘密警察UDBA、民兵組織司令官、アルカンの虎のボス、 セルビア超国家主義の、ユーゴスラビアを代表するサッカークラブであるズヴェズダのデリエのリーダー、サッカーの豪腕オーナー-その時、国際刑事警察機構(インターポール)からの赤手配書や蘭ハーグ法廷中-は永訣した。

 弾丸雨飛のなか、ネボイシャ・パヴコヴィッチ司令官が同盟に対して勝利を賛美し、 NATO介入の時に破壊された橋を高名なエンジニアのムルコニッチが再建する年の初めに、アルカンは暗殺された。 また、その年には数十万人の反政府組織の大規模なデモ、民衆革命、最終的にミロシェビッチ独裁政権転覆、 そして、ユーゴスラビア連邦アメリカ合衆国、ロシアは新たな大統領を得ていた: ヴォイスラヴ・コシュトニツァ、ジョージ・W・ブッシュウラジーミル・ウラジーミロヴィチ・プーチン。 それ以降、ドナウ川やサヴァ川に水が多く流れている間、セルビアはもちろん欧州は裏社会も含めて劇的に変化が起こっていった 。しかし、アルカンの死後多くの時が経っても 、すべての奸悪にとって不世出である得難い模範となる人物として永存し生き続いている; すでての極右や国家主義者にとってのミロシュ・オビリッチが英雄になり続けているように; いずれにせよ、アルカンは現在の政治とサッカーで富と資本での利得の傾向や制度への真正の軽蔑、法令の全ての形態の多くと結びついている- 彼はこの政権が何年も市民に喚起する本質的な感情を具現化している。

彼の名は今も恐れられている。

f:id:mancedragan:20200203203659g:plain

f:id:mancedragan:20200203203722g:plain

f:id:mancedragan:20200203203809g:plain

デヤン・クルゼフスキ(マケドニア代表 U-16) / オフリドのボールの芸術家 マケドニア スコピエ オフリド 

芝蘭玉樹

 "ペタル・ミロシェフスキ"・トレーニング・センターに集まった内部マケドニア革命組織(VMRO)は、オフリドのボールの芸術家のひとりが有する15世紀の振幅とリズムを刻むリトミックの動き、形態的生体力学的特性や戦術的柔軟性を大いに堪能し 莞爾した。

 ポジションは攻撃的ミッドフィルダー。名前はデヤンといった。

 2015年11月セルビア戦でデビューして卓越した3点目の得点、モンテネグロ戦では圧巻のパフォーマンスを披露して4得点、イタリア戦の4人抜きのドリブル等の美しい動きの数々… 数々のヘッドラインが躍り殷賑を極めた。そして4年後の今日イタリアの歴史上で20歳以下の取引で2番目の、2000年世代では世界で2番目の高額な取引に。値は最大4400万ユーロ(ボーナス900万)。あの日邂逅した内部マケドニア革命組織は、懐旧の情を喚び起している。

f:id:mancedragan:20200105214102g:plain

f:id:mancedragan:20200105214123g:plain

1990–91 UEFAチャンピオンズカップ 準決勝 2stレグ 1991.4.24 ツルヴェナ・ズヴェズダ 2:2(1:0) バイエルン・ミュンヘン 得点者: 24'シニシャ・ミハイロヴィッチ 90'(o.g.)クラウス・アウゲンターラー 主審: ブルーノ・ギャラ(スイス) マラカナ 観客: 8万0000人 ベオグラード 欧州チャンピオンズリーグ 東京までセルビア ドラガン・ジャイッチ デリエ ジェリコ・ラジュナトヴィッチ"アルカン" ユーゴスラビア紛争 ズヴェズディナ・ズヴェズダ 6星人

班荊道故

1990–91 UEFAチャンピオンズカップ 準決勝  2stレグ 1991.4.24  ツルヴェナ・ズヴェズダ 2:2(1:0) バイエルン・ミュンヘン  得点者: 24'シニシャ・ミハイロヴィッチ 90'(o.g.)クラウス・アウゲンターラー  主審: ブルーノ・ギャラ(スイス) マラカナ 観客: 8万0000人 ベオグラード 欧州チャンピオンズリーグ 東京までセルビア ドラガン・ジャイッチ デリエ ジェリコ・ラジュナトヴィッチ"アルカン" ユーゴスラビア紛争 ズヴェズディナ・ズヴェズダ 6星人  リュプコ・ペトロヴィッチ ダルコ・パンチェフ デヤン・サビチェヴィッチ ロベルト・プロシネチキ ミオドラグ・ベロデディッチ ウラディミール・ユーゴヴィッチ シニシャ・ミハイロヴィッチ ステヴァン・ストヤノヴィッチ レフィク・シャバナジョヴィッチ ドゥシュコ・ラディノヴィッチ スロボダン・マロヴィッチ ドラギシャ・ビニッチ

CRVENA ZVEZDA - BAJERN 2:2 (1:0) Beograd, 24. april 1991. Stadion: Marakana. Sudija: Bruno Galer (Švajcarska). Gledalaca: 80.000. Strelci: Mihajlović u 26. i 90. minutu za Crvenu zvezdu, a Augentaler u 61. i Bender u 68. minutu za Bajern. CRVENA ZVEZDA: : Stojanović, Radinović, Marović, Jugović, Belodedić, Najdoski, Prosinečki, Mihajlović (Stošić), Pančev, Savićević, Binić (Tošić) BAJERN: Auman, Švabl, Bender, Grahamer, Augentaler, Efenberg, Štrunc, Rojter, Volfart, Ton, Laudrup.

f:id:mancedragan:20191126215114g:plain

f:id:mancedragan:20191126215320g:plain

f:id:mancedragan:20191126215235g:plain

1965–66 UEFAチャンピオンズカップ 準決勝 1stレグ 1966.4.13 パルチザン・ベオグラード 2:0 マンチェスター・ユナイテッド 得点者: 46'ムスタファ・ハサナギッチ 59'ラドスラフ・ベチェヤツ ユーゴ人民軍スタジアム スタディオンJNA 主審: クルト・ツシェンツシャー (西ドイツ) 観客: 5万5000人 アブドゥラフ・ゲギッチ サー・マット・バスビー フロリアン・マテカロ パルティザノヴェ・べべ バスビー・ベイブス ミュンヘンの悲劇 ユーゴスラビア ベオグラード ゼムン 

班荊道故

1965–66 UEFAチャンピオンズカップ 準決勝 1stレグ 1966.4.13 パルチザン・ベオグラード 2:0 マンチェスター・ユナイテッド 得点者: 46'ムスタファ・ハサナギッチ 59'ラドスラフ・ベチェヤツ ユーゴスラビア人民軍スタジアム 主審: クルト・ツシェンツシャー (西ドイツ) 観客: 5万5000人 アブドゥラフ・ゲギッチ サー・マット・バスビー フロリアン・マテカロ パルティザノヴェ・べべ バスビー・ベイブス ミュンヘンの悲劇 ゼムン ベオグラード チャンピオンズリーグ ヴェリボル・ヴァソヴィッチ ミラン・ガリッチ ミルティン・ショシュキッチ ファハルディン・ユスフィ ヴラディカ・コバチェビッチ ムスタファ・ハサナギッチ ブランコ・ラショヴィッチ リュボミール・ミハイロヴィッチ イヴァン・チュルコヴィッチ デニス・ロー ボビー・チャールトン ジョージ・ベスト ノビー・スタイルズ パット・クレランド ビル・フォルケス

PARTIZAN - MANČESTER JUNAJTED 2:0 Strelci: 1:0 Hasanagić u 46, 2:0 Bečejac u 58. minutu. Stadion: JNA. Gledalaca: 55.000. Sudija: Kurt Čenšer (SR Nemačka). PARTIZAN: Šoškić, Jusufi, Rašović, Mihajlović, Vasović, Bajić, Bečejac, Miladinović, Hasanagić, Kovačević, Pirmajer. Trener: Abdulah Gegić. M. JUNAJTED: Greg, Folks, Brenan, Dan, Krirend, Stajls, B. Čarlton, Lou, Herd, Koneli, Best. Trener: Mat Bezbi.

f:id:mancedragan:20191024214544g:plain

f:id:mancedragan:20191024213600g:plain

f:id:mancedragan:20191024213708g:plain