Jugoslovenska škola

私淑するものとして “Srbija do Tokija” 東京までセルビア "Od Vardara pa do Triglava" ヴァルダル川からトリグラウ山まで ユーゴスラヴィア プラーヴィ

ボスニア・ヘルツェゴヴィナ

2018W杯多民族国家ボスニア・ヘルツェゴビナ出身の4人の才気煥発な家主/ガヴリロ・プリンツィプ イヴォ・アンドリッチ メフメド-パシャ・ソコロヴィッチ ウラジミール・プレローグ アシム・フェルハトヴィッチ イヴィツァ・オシム ブランコ・スタンコヴィッチ ミルサド・ファズラギッチ アンテ・パヴェリッチ アリヤ・イゼトベゴヴィッチ エミール・クストリッツァ サフェト・スシッチ  ハサン・サリハミジッチ セルゲイ・バルバレス ズラタン・シェフィク・イブラヒモヴィッチ"キンコ" エディン・ジェコ"ディヤマント"

政治家や民族主義者の陥穽によって、民族融和、多民族性―街灯柱に横たわる大酒飲みのように、国際社会が何十年も頼った無意味なトーテム― を軍靴や戦車に踏みにじられ、現在も政治リーダーや御用聞きたちが戦争に導いた古いレシピを使いながら、市民を民族グ…

軍靴を履くザダールとズヴォルニクのボールの芸術家 /ルカ・モドリッチ ミラレム・ピアニッチ ユーゴスラビア 10番 クロアチア代表 ボスニア・ヘルツェゴビナ代表

日々の生活で、ベラヤを避けるために、賢さ、鋭い洞察力、多くのアイディアが、遺伝子に書き込まれる地域ユーゴスラビア。 現在、ユーゴスラビアのデセトク―アレクサンダル・ティルナニッチ、ブラゴイェ・マルヤノヴィッチ、スティエパン・ボベク、ベルナル…

もう一人の青年ボスニア/セルビア代表黄金の"鷲"ミヤト・ガチノヴィッチ

世界の血まみれの揺籃地、凄惨な歴史を有し、多文化都市サラエボで、第一次世界大戦の勃発の起因となったハプスブルク帝国からのボスニア・ヘルツェゴヴィナの解放と南スラブの統一を目指す「青年ボスニア」の革命運動による暗殺者ガヴリロ・プリンツィプが…

多民族国家最後のPK

今年、オランダのハーグでの旧ユーゴスラヴィア国際戦犯法廷で禁錮40年の有罪判決を言い渡されたセルビア人勢力指導者ラドヴァン・カラジッチが、若き日にFKサラエヴォで心理学者として従事していたけれども、その時、後の悪辣な政治家と共に時間を過ごした…