Jugoslovenska škola

私淑するものとして “Srbija do Tokija” 東京までセルビア "Od Vardara pa do Triglava" ヴァルダル川からトリグラウ山まで ユーゴスラヴィア プラーヴィ

Dr.ミルティン・イヴコヴィッチ - ミルティナッツ (ユーゴスラビア王国代表) / セルビア主将 医者 革命家 反ファシズム主義者 共産主義者 闘士 サッカー選手

ユーゴスラビア、特にセルビアのスポーツ、サッカーの世界では―このスポーツと表裏一体に結びつく― Dr.ミルティン・イヴコヴィッチ-ミルティナッツは多くを意味する。

 二度の世界大戦期の伝説的選手の一人、ユーゴスラビア王国代表、1930年ウルグアイ第1回W杯3位の主将 (最初のW杯のベストイレブン、世界最高のディフェンダー)、 バルカン戦争、第一次世界大戦では、陸軍元帥、最高司令部参謀長だったセルビアの国民的英雄ラドミル・プトニクの孫、 カラジョルジェ星勲章とレジオンドヌール勲章を受勲した陸軍大佐ヨヴァン・イヴコヴィッチの息子、 愛国者、医者、反ファシズム主義者、左翼、共産主義者、硬骨漢、闊達、1906.3.3 - 1943.5. 25 ベオグラード生まれ。

フドバル レカル

 現在のツルヴェナ・ズヴェズダの母体で、セルビア民族主義の象徴であるSKユーゴスラヴィヤで活躍 ( 16歳でデビュー、通算235試合、カレニッチ市場近くの荒地で技を磨き、象徴的な名を持つ小さなクラブ "オビリッチ"が最初のクラブ) 、のちにBASKベオグラードへ ( "Soko"から 改名された第3のクラブ)、ユーゴスラビア王国代表には( 19歳でデビュー、通算39試合、モンテビデオW杯では主将)、 アムステルダムオリンピックベルリンオリンピック、第1回モンテビデオW杯に参加、 サッカーと同時に勉学も怠らず、医学に精励し、クネズ・ミハイロヴァ通りで開業し、医者として従事。

ポリティカ

 ミルティナッツは共産主義運動の同調者だった(国王アレクサンダル1世政権では顕在することはなかった)。 ナチス・ドイツの占領時(ミラン・ネディッチの管理下のもとフューラーの手中にあった傀儡:セルビア救国政府) に共産主義運動と連携する。 最初の政治的関与は、ユーゴスラビア共産主義者同盟と協力し、ドイツのヒトラー政権への抗議のために、ベルリンオリンピックへのボイコットを主導したことだった。 さらに、ユーゴスラヴィア共産主義青年同盟 (SKOJ) の新聞 "ムラドスト"の編集長となり スポーツのプロフェッショナリズムや政治化など今日にも関連する事柄を多く批評した。 しかしながら、これらの政治活動は、特殊警察やナチス・ドイツの秘密国家警察ゲシュタポに気付かれずに見過ごされることはなかった。 最後の試合となったBASKの記念試合でナチスが捕らえたときには、最終的に、この積極的な共産主義イデオロギーの信仰が終焉となり、若く、論議を呼ぶ人生はわずか36年で終えた。

 人生、愛、犠牲、進取、情熱...のなかで正義を探る人々にとって道徳的規範や愛国心ロールモデルとなる並外れた人格の永続する記憶はここに残る。ミルティン・イヴコヴィッチ - ミルティナッツ,伝説は永遠に続く。

f:id:mancedragan:20180304182253g:plain

ドラガン・ストイコヴィッチ "ピクシー": 伝説的10番主将から協会会長、クラブ社長を経て代表監督へ 生ける歴史 伝説 神話 ニシュ ボールの芸術家 10番 主将 第5星人 ユーゴスラビアSFR代表 ユーゴスラビアFR代表 セルビア・モンテネグロSCGサッカー協会会長 セルビア代表監督  サッカーと政治 戦争 血の日曜日 東京までセルビア 解体 分離独立 スポーツ制裁 NATO空爆 コソボ マクシミール決戦 ジンジッチ ゼムン サブリャ イェニチェリ 正義の神よ プクニ・ゾロ トヨタ 革靴シュート

頑廉懦立

生ける歴史、伝説は、この暗然で巨大な政治圧力の中で、 不退転の決意で、3度目の大きな荊棘の道に挑むため、真正のディストピアに戻ってきた。 1度目は選手として、2度目は協会会長、クラブ社長として、そして3度目の今代表監督として。

ここ連日、政権与党の管理下で、テレビや日刊紙では新しいことは何もない 。今、疑似政治的、準軍事的な組織に変状し、偽の政治家やマフィアが、サッカーを壊し猖獗するセルビアでは既に書かれたことだ。 蘭ハーグの監房をセルビア議会選挙の席に取って代えた戦争からあらゆる種で利を貪る偽の政治家 、ツルヴェナ・ズヴェズダのデリエと強い羈縛があるジェリコ・ラジュナトヴィッチ"アルカン"のセルビア義勇親衛隊アルカン・タイガー、 極右セルビア急進党(SRS)のヴォイスラヴ・シェシェリの白鷲シェシェリェヴァツィ、ドラガン・ヴァシリコヴィッチ"キャプテン・ドラガン"の忍者クニンジャ、 中央情報局(CIA)と内密の関係にあった国家保安長官ヨヴィツァ・スタニシッチの蠍シュコルピオニらの2つの伝統のサッカーのスタジアムを砲郭に変える民兵組織の生残 、戦争成金、マフィア、民族主義者、フーリガン、犯罪組織、刺客、諜者、諜報、斥候が、付勢し騒擾している。それ故に、政治と犯罪、今サッカーと犯罪の差異は撤廃されている 。世界では、その国各々でマフィアを持つかもしれないが、サッカーが政治化されているセルビアだけ今、寝首を掻くマフィアが、自らの国家を持ち総攬する。

私たちが、最初にセルビアサッカー協会会長に偽装する、マフィアとつながる政治家スラヴィシャ・コケザを目撃したのは、極右セルビア急進党(SRS)の記者会見だった。 頭には包帯が巻かれ、左腕にはギプス、中央にはセルビア急進党(SRS)の党首代行トミスラヴ・ニコリッチが、 左側に政体の盗人、5月13日"マクシミール"・スタジアムでの血の日曜日にデリエの歴史的な一員、アルカンの継承者、ツルヴェナ・ズヴェズダの最大の支援者、 有罪宣告を受けたセルビア急進党(SRS)を創設した超国家主義者ヴォイスラヴ・シェシェリと共に当時はセルビア急進党(SRS)の幹事長だった、現在のセルビア大統領アレクサンダル・ヴチッチが座ってる 。蘭ハーグ被告ラドヴァン・カラジッチ逮捕の抗議をする過激派の街頭デモでヴチッチを守る際に、警察隊の蛮行に遭った痛々しい姿が強烈な印象を与えた。その時、コケザはセルビア急進党の党員(SRS)、セルビア進歩党(SNS)が設立後は、その党員で役員、 そして進歩派として偽装したセルビア急進党が政権を握るにつれて、 彼の政治指導者ヴチッチの愛顧のもと、ズヴェズダの取締役会の副会長を経て、セルビアサッカー協会のアームチェアまで寡頭的な方法で急激に登ってきた。

大衆はオープンレターを公開してまでも、命の危険を晒しながら、コケザらセルビア進歩党(SNS)の政治マフィアを糾弾して、身命を賭として闘った賢哲ネマニャ・ヴィディッチを共に待っている。 複合的に取り除く時には、無思慮に掘り出すのではなく、徹底的に取り除かなければならない。 ピクシーには、独自のプランとビジョン、政局観、社会政治学的な局勢への知見、犀利、克己、慧敏、機警、警抜、巨大な権威、知識がある。 もしこの獰悪な政治の寵臣が、ピラミッドの頂点にまだ座るのなら、耳を貸す必要はない。 そうでなければ、ここに長くいるべきでない。

ピクシー、ピクシー、マイストーレ!s tobom nam je najbolje!! 幸運を祈る!パシポリャーナ

f:id:mancedragan:20210327184547g:plain

f:id:mancedragan:20210327184623g:plain

f:id:mancedragan:20210327184742g:plain

f:id:mancedragan:20210327184857g:plain

f:id:mancedragan:20210327185018g:plain

f:id:mancedragan:20210327185321g:plain

ディエゴ・アルマンド・マラドーナ: ガリシア人とクロアチア人の人類史上最高の共同芸術 アルゼンチンとクロアチアの繁属 政治神学 神話 サッカーと政治  左翼 ペロン主義者 カストロチャビスモ 奸雄 ビベサ・クリオージャ 神の手(La mano de Dios) エル・ペルーサ D10S ビジャ・フィオリート エストレージャ・ロハ  ロドルフォ・クラリ セサール・ルイス・メノッティ カルロス・ビラルド トマス・カルロヴィッチ"エル・トリンチェ" ダルマ・サルバドーラ”ドーニャ・トタ”フランコ・カリオリッチ

将軍ホルヘ・ラファエル・ビデラが権柄を握り、そのビデラ軍事独裁政権下でアルゼンチンの自国開催のW杯での優勝の基柱を作ったユーゴスラビアクロアチア人ヴァラジュディン出身 、決してクリオーリョではないロドルフォ・クラリは、彼の門下、良き生徒で教えを仰ぐセサール・ルイス・メノッティに、 同じ種性で、14歳からよく知るディエゴ・アルマンドマラドーナフランコという名の鳳雛を代表チームに加える様に強く勧め、正しい時に新世界にプレゼントする準備を進めていた。

ロドルフォ・クラリ - アルゼンチンでは敬意を込めてドン・ロドルフ...そう呼ばれていた 。ビアモンテ通り1300番にあるアルゼンチンサッカー協会本部には、2つのアルゼンチン代表のW杯優勝チームの中に、その名前が一番最初に燦然と鏤刻されている 。HAŠKグラジャンスキーのドレスにも袖を通し、第二次大戦中にはウスタシャ運動のイデオロギー信奉者でクロアチア独立国の大臣だったミレ・ブダクが編集長を務める週刊誌フルヴァトスキ・ナロド のスポーツ編集者、クロアチア独立国(NDH)のアルゼンチン名誉領事も恪勤した過去を持ち、すべてのことを知悉して、一家言を持ち怜悧な面も持っていた。アルゼンチンのプロフェッショナルコーチ協会(ATFA) の創始者で、戦術や戦略を教諭するコーチングスクールの教授  国際コーチ連盟の幹事 ラテン・アメリカのコーチ連盟の初代会長 アルゼンチン代表のディレクター アルゼンチン自国のW杯と日本のワールドユースでの世界王者の礎石を築く  二人のW杯優勝監督セサール・ルイス・メノッティとカルロス・ビラルドの庇護者 メノッティシモvsビラルディシモ

ディエゴ・アルマンドマラドーナフランコ・カリオリッチ - マルコ・ポーロと同じクロアチアダルマチア地方のコルチュラ島の一系

コルチュラ島の出身のマテイ・カリオリッチは、彼の娘サルバドーラ・カリオリッチを授かり、孫娘のダルマ・サルバドーラ・フランコ・カリオリッチ、そしてのちに大きな歴史を書くことになる曾孫ディエゴをもうけ、科学捜査、現代犯罪学の父であり指紋識別の第一人者である人類学者ファン・ブセティッチのように アルゼンチン社会からビベサ・クリオージャを携行して世界の歴史の新生面を拓くこととなった (曾孫のディエゴもまた美しきダルマチアから由来する母親と同じ名をとり最初の娘にダルマと命名した)。

ガリシア人とクロアチア人の人類史上最高の共同芸術 稀有の種性 ボールの芸術家 歴史上最高の選手の1人 歴史の翹楚  アルゼンチン社会の一部 社会的起源は陬遠のビジャ・フィオリート  アザモール道523  二度と現れることとない稀世のプロフィール 天性のリーダー、永遠の主将 この天稟のメスティーソの歴史は遠く離れた地が出発点  アルゼンチン ブエノスアイレス ラヌース ビージャ・フィオリト ガリシア ルーゴ リバデオ バレイロス サン・ペドロ・アランテ クロアチア ダルマチア地方 コルチュラ島 リエカ バカール プラプトニャク プリモリェ-ゴルスキ 勁悍 雄渾 敵愾心 侠気 節介 強堅 強毅 梟雄 奸雄 ビベサ・クリオージャ 荊棘  ダルマ・サルバドーラ・フランコ・カリオリッチ"ドーニャ・トタ"の愛づ子 8人兄弟の長男 5人の姉妹(4人の姉アナ,リタ,マリア・ローザ,エルサ,...) 10番 鳳雛 エル・ペルーサ エル・セボジータ エル・ピベ D10S トマス・カルロビッチ 世界のスポーツの歴史上最も論争を起こし議論を呼んだ著名な得点"神の手" (La mano de Dios)とW杯の20世紀最高の得点  薬物嗜癖 コカイン エフェドリン アルコール ドーピング 違反長期出場停止 ウーマナイザー女誑 数人の非嫡出子 スキャンダル  すべての輝栄を灰燼に帰す 数々の栄光とスキャンダル、薬物嗜癖は神話の一部に 革命家  サッカーと政治 政治活動家 政治的イデオロギー 左翼 政治的急進主義者 改革主義者 ペロン主義者 ラテンアメリカ左翼 真のカストロチャビスモ  崇拝するチェ・ゲバラ 莫逆の友であるフィデル・カストロウゴ・チャベスニコラス・マドゥロ 同じ種性のネストル・キルチネルとクリスティーナ・キルチネルの熱烈な支持者  映画監督エミール・クストリッツァの "Maradona"  神聖視、欽慕、最愛、尊い、賞賛、またしかし批判、譏刺、非難、狂癲、狂悖、猜疑、疑義  劈頭となるクラブの名はなんと運命的にも父ディエゴ・マラドーナ"チトロ"と共に歩み合歓した赤い星エストレージャ・ロハ(レッドスター) 15歳11ヶ月10日でアルヘンティノス・ジュニアーズでアルゼンチンの歴代最年少デビュー 5度の得点王 メトロポリターノ選手権で17歳でのアルゼンチンのリーグ歴代最年少得点王 ビーショ・デ・ラ・パターナルに熱狂を運ぶ  アルヘンティノス・ジュニアーズで5年間通算166試合111得点  羨望で夢見ていたアルゼンチンを代表するクラブであるボカ・ジュニアーズでは通算40試合28得点  そしてセネイセスから旧大陸へ...  アルゼンチン代表にはラ・ボンボネーラでのマジャール代表との一戦で歴代最年少の16歳3カ月27日でアルゼンチン代表デビュー W杯は選手として4度、監督として1度  栄誉あるアルビセレステのドレスでは日本でのワールドユースと自身の名を不朽の名聞に刻んだメキシコでのW杯でアルゼンチンを無価の世界チャンピオンに アルゼンチン代表では通算91試合34得点 キャリア通算21年間で704試合360得点262アシスト  諸種の美しい快技は歴史の集団的イデオロギーに(ゴール、ワセリン、ドリブル、チレナ、パス、カーニョ、ソンブレロスラローム、ワンタッチ、FK等...)  キャリア最高のゴールはすべてを震懾させたフォークランド戦争の手段を変えた政治の再戦である メキシコW杯準々決勝イングランド戦の51分の神の手(La mano de Dios)の1得点目と55分の世紀最高の得点の2得点目  他にはスペインのエル・クラシコの歴史で最高ゴールの1つ、サンティアゴ・ベルナベウでのレアル・マドリーとのカップ戦決勝の得点や ベオグラードでのUEFAカップウィナーズカップとの決勝ラウンドでマラカナでのツルヴェナ・ズヴェズダ戦でのバセリーナが特に記憶されている

 いくつかの虚無主義者は、再び"神は死んだ"と継述する。この天稟の終焉により従者と中傷者の両者の間で、多義で当惑する事態が引き起こされることになった: 一方で日常生活の慣例から消滅したために、この天稟を今現代、つまり歴史の生存者、ある種の避けられない終わりの猶予として生きる人の時間を超えた場所に幽棲する。 制御できない終焉の猛威が、その現存をもう一つの時代の規定、より正確には現存の時間次元へと置き換える。逆説的ではあるが、以前とは対蹠にある影響もある: 全ての記録の深淵、つまり人類の歴史上で重要な人物への誘掖。この焦点として、この心象は、私たちにベールの陰で、決して明らかにすることが不可能な事後分析として提供される。つまり、私たちには単にメディアによってふるいにかけた人生の浮き沈みにつぎ込まれた彼の意志の産出や優れた辣腕以外何もない状態で取り残される。正確には、論説に反映される絶え間ない解釈や釈義の対象として提供されることがこの業績となる。しかしながら、知識階級やジャーナリズムが与える解釈の広大な範囲は、彼が十分に留意されていない側面もある。それは神学的言説の枠組みでの扱い。 ユダヤキリスト教の宗教的象徴からモチーフを利用する彼の論及は膨大でよく知られている。 ヌースと同義でもあるW杯史上最も議論を呼んだ得点として言及される神の手から彼の面魂、キャラクターや言葉を微細に掲出する巧妙なフラッグまで (マルティンフィエロの現代の復唱、ローマ神話ディオニューソスらがスタジアムを異教の謝肉祭に変える)。

 この天稟はオリュンポスから投げ入れられた神の黄金の像を具現化して今にも奈落に突っ込もうとする人々を救う。彼の心象は救い主として側に立ち、大衆の宗教性に動機を充て再び再考することにより神学的な意味合いを運ぶ天稟への陳謝を確認する人々を救解するものとして提供される。この意味するところは、彼の功績がそれ自体神学的命題として分類されることが可能であるということである - フィールドで披露した意味の範囲で、グスタボ・グティエレス・メリノの学派やラテン・アメリカの他の思想家によって提唱されるそれと非常に類似しているように。 ある種の"解放の神学"を実体化するメキシコW杯のやつれた緑の芝生の上での素晴らしい動き。

 もしラテン・アメリカで宗教言説が連綿に大衆的象徴性、社会的習慣、想像等に結び付くなら、彼の心象はこの類のニュアンスを得る。 このプロフィールが、宗教的モチーフや多角の神学的説話を利用する論証的な基址の枠に囲まれ、次に社会的経験や感情に再び構築し適応される。 その意味で、彼の人生の略歴は終末論、つまり究極の救済に向う大逵の歴史に変わり聖人伝に構成され掉尾を飾る。

f:id:mancedragan:20210301210947g:plain

f:id:mancedragan:20210301211046g:plain

f:id:mancedragan:20210301211112g:plain

f:id:mancedragan:20210301211205g:plain

f:id:mancedragan:20210301211253g:plain

f:id:mancedragan:20210301211321g:plain

f:id:mancedragan:20210303085828g:plain

f:id:mancedragan:20210301211348g:plain



人類史上最高の予知能力者ババ・ヴァンガの2020年予言: コロナパンデミックと私の郷邑ストルミツァからマケドニアは新たな聖人が恵与される / 北マケドニア代表 聖ゴラン・パンデフ ババ・ヴァンガ ストルミツァ ユーゴスラビア マケドニア ファイロム 欧州選手権 2020 マケドニア社会民主同盟内部マケドニア革命組織・マケドニア国家統一民主党 統合のための民主連合 国家の英雄 歴史的勝利 アレクサンドロス大王 マザー・テレサ ダルコ・パンチェフ

破釜沈船

'マケドニアは新たな聖人を得た - 聖ゴラン・パンデフ'

 昨夜、複雑で屹屹した国家である北マケドニア代表が、独立後、初めて大きな国家間の競争を突破した。大衆は1人の名前を欷泣して共鳴させた - その名前はゴラン・パンデフ

 マケドニアの伝説的な主将は - 欧州チャンピオンズリーグの優勝や現在アペニン半島、イタリアの歴史上で外国籍選手での通算最多出場数は歴代3位の出場数等の彼の壮麗なキャリアに終止符を打つことを表明して春に37歳になった - 独立後、初めて待望の国家の主要な軍馬いくさばを身命を賭として戦いの最後とする。 パンデフは何年もの間マケドニアを慰撫し先導してきた - 彼の名を持つクラブ(FKアカデミヤ・パンデフ)は北マケドニア1部リーグに炯然と戦う。 この日、代表チームで早く引退を表明して途中で去りながらも114試合の試合を重ねた。 気節ある主将が、自身114試合目の国際試合にトビリシでの決勝ゴールでマケドニアの成功を確実なものとした。 この56分にグルジア人のネットを破ったゴールは、最後の瞬間へのカウントダウン、もしくはスコピエマケドニア人と世界のあらゆるの場所での間の第2試合が始まることを意味し、 ユーゴスラビア共和国の一つが、何十年も待った大きな歴史的な試合の勝利を声高に宣言した。

f:id:mancedragan:20201124185200g:plain

ミラレム・ピアニッチ "ミレ"(ユーゴスラビア代表) / 軍靴を履くズヴォルニクのボールの芸術家 10番 ボスニア・ヘルツェゴビナ代表 ズマイェヴィ  小さな竜 マリ・プリンツ ピヤニスト デセトカ オスミツィ ボスニア・ヘルツェゴビナ スルプスカ共和国 ルクセンブルク フランス ファリ・ラマダニ ユヴェントス バルセロナ 

虎嘯風生

ミラレム・ピヤニッチ "ミレ"ピャニッチ ピァニッチ プヤニッチ ミーレ:1990.04.03 スルプスカ共和国のズヴォルニク生まれ  ボシュニャック人 ズヴォルニクのボールの芸術家 10番 マリ・プリンツ ピヤニスト

文化の豊穣 マルチカルチャー 6か国語を操るマルティリンガル 賢能 聡明 鋭感 﨟長ける 胆識 警抜 千里眼 ゲームへの素晴らしい洞察 ユーゴスラビア伝統のドグマを受け継ぐ  現在、世界最高峰のFKの専門家の一人 取り扱うことが難しい稀世のプロフィール ボスニア・ヘルツェゴビナ代表 ズマイェヴィ ボスニア・ヘルツェゴビナ-ルクセンブルク-フランス ファリ・ラマダーニ ピニ・ザハヴィ ヴァディム・ヴァシリエフ  アペニン半島では通算275試合42得点68アシスト  スペインのバルセロナは過去4度の懇請で30歳を前に遂に機巧を弄して契約の締結に成功 次はピレネー山脈へ笈を負う  全てのポジションをカバーできるが最大限の長所を生かすのにはイタリア人が考えているメトディスタやメッザーラより"デセトカ"  ここ10年間欧州でFKでの得点数は全選手で3番目の得点数、平均成功率は1番の記録者  ここ10年で欧州でペナルティエリア外、16メートル以上の長距離から得点数は3番目の記録者  イタリアの歴史上で歴代8位のFKでの最多得点数記録者 外国籍では歴代1位のユーゴスラビアシニシャ・ミハイロヴィッチの大きな軌轍に次ぐ歴代得点数記録者  4年連続でイタリアの年間ベストイレブン(グラン・ガラ・デル・カルチョ)  独立後のボスニア・ヘルツェゴビナ代表ではミロスラヴ・ブラジェヴィッチ"チーロ"のもと歴代2番目の19歳11カ月1日での最年少得点記録者(ヤブラニツァのハサン・サリハミジッチ"ブラッツォ"に次ぐ記録者)

ボスニア・ヘルツェゴビナセルビアを隔てる秀麗な川の名を持つ、矮小なクラブ、ドリナ、ズヴォルニクのドリナに小さな赤ん坊を連れて、 婦人が緊要な要件を持って入ってきた。彼女の夫ファフルディンは 、政治的緊張、民族衝突が増大し、戦争直前のユーゴスビアで 戦火を逃れるため、またはサッカーで生き残るために、新たな居場所を必死に探すために却走していた。 彼女は荊棘の会長により良くも険難である新たな人生を歩むために、夫を行かすことを懇願し泣血した。 しかし、会長は拒否して、それは彼女の赤ん坊が泣いても同様だった。 小さな赤ん坊は母親の異変を鋭く感じてから、会長に向かって金切り声で叫び立て続けた。 会長はどうしたらいいか分からず、遂に根負けして契約書にサインをして、彼女の夫を行かせた。これが運命を決めた。 もしこの赤ん坊がその場にいなかったら、おそらくユーゴスラビア人民軍が占領してボシュニャック人が殲滅された悲劇の町スルプスカ共和国ズヴォルニクにいることになった。

その後、この赤ん坊の長く困難な徒路には、いつも傍にカラシニコフ銃に擬した大きなボールがあった。

f:id:mancedragan:20200628200016g:plain

Miralem Pjanić

ペーパー・プレーヤー フィリップ・ステヴァノヴィッチ "フィチャ"( '17 : パルチザン・ベオグラード) / アルバニア・マフィア セルビアの闇の支配者 ファリ・ラマダニ ピニ・ザハヴィ アポロン・リマソール パルチザン・ベオグラード ウジツェ アリリェ ズラティボル  (2020)

悪名高いアルバニア・マフィアは、綿密に諜報機関、主に、クロアチア情報庁(HOS) とドイツ連邦情報局(BND) の一部と紐帯して、セルビアのサッカーでどんな小さな出来事でも扱い、麻薬、兵器、爆発装置等からの資金洗浄と共に、 才能ある選手の移籍に関しての運用や選手の経済的権利を通して、多くの資金を稼ぎ、セルビアの分裂、サンジャックやコソボの分離を促進するために、過激派に資金を分配する。

 彼らは、常に租税回避地キプロスで、キプロスのクラブ、アポロン・リマソールを重要な中継地点として、 選手を売り、若しくは貸し出し、売買する。しかしながら、彼らの才能ある選手は、決してキプロスの地に足を踏み入れることはない。 それどころか、キプロスのクラブおかげで、彼らは転売で多くの利益を生み出し、キプロスのクラブは、 スポーツ的観点ではなく、投資として、権利を買い上げる。通常、アポロンから受け取るセルビアのクラブの総額は、最終価格より少なく、 多くの選手はわずか数日で転売されると同時に、その利益はキプロスで投資家に残る。 クラブでの彼らの存在は、フィールドでなく、ペーパー、つまり、ただ書類の上だけにしか残らない。

 彫刻的なクラブの拠点であるキプロスの他に、もう一つの租税回避地カリブ海ヴァージン諸島、ネイビス島、ベリーズ、そしてアメリカ合衆国のニューヨークも加えて、彼らは投資を通じて広大に精華を増益し続ける。

このビジネス・スキームの中心で、 弁護士、役人、政治家、仲介人やオフショア・カンパニーらと強力で広範なネットワークを作り上げた 悪名高いアルバニア・マフィア、ファリ・ラマダニは、傑出した一種のサッカーの寡頭政治の支配者 (アポロンの株主構成で大株主は重鎮ピニ・ザハビ、ラマダニの側近)

 世界でも裏社会で最も強力なラマダニとザハヴィが同じ本拠を持つのは明白であるという仮定の下、その様なビジネスを策動し再三再四言及されるイタリアのトスカーナ、ヴェスヴィオ山、ポルトガルリスボン、スペインのマヨルカ島、ベルギーのムスクロンも忘れてはならない。

  セルビア・サッカーの非公式の統治者

ファリ・ラマダニ: テヴォド、マケドニア生まれ ベルリン在住 今や欧州屈指のエージェント 闇市場、市場を陰で動かす大きな影響力のあるエージェント  今現在、クライアントの総価値が世界で最も高額であるコンサルティング会社の一つ 凶漢 奇怪 虧盈 隠然 マフィア 該博 リアン・スポーツ・エージェンシーのオーナー  本物のオクトパス 非公式の統治者 滅多に公に晒すことはなく、メディアに現れるときには、主に才能ある選手のハイジャックに関しての多くの非難 W杯でもラマダーニが代表を篭絡し暗躍したことで非難を浴びる 疑義をもった者は去り、代表チームは権威を失った  国内での促進者、ファシリテーターセルビアの大統領、セルビア進歩党党首アレクサンダル・ヴチッチの寵愛を受けるツルヴェナ・ズヴェズダ会長、前セルビアサッカー協会会長、マフィアともつながるズヴェズダン・テルジッチ 彼の婿でありラマダニの側近ニコラ・ダミヤナツ アレクサンダル・ヴチッチ-セルビア進歩党-ツルヴェナ・ズヴェズダ セルビア 中国 アレクサンダル・ヴチッチ 習近平 セルビア・サッカーリーグ山東玲瓏輪胎(リンロンタイヤ)・スーペルリーガ Zbogom Zvezdo zauvek!

  ラマダニ・ビジネス

フィリップ・ステバノビッチ "フィチャ"(17): 2002.09.25 ナパダチュ 西部ズラティボルの中心部ウジッツェ生まれ 南西部の街アリリェで涵養する 矮小なクラブOFK ヴラニッチ出身 パルチザン・ベオグラード アポロン・リマソール 巨匠チカ・トルバの置き土産 恵贈品   欧州で高尚なゼムネル工場の最新作

2018年12月9日20節FKラド戦(3対0)で16歳2か月14日での史上3番目のパルティザンのクラブ歴代最年少出場デビュー。2019年8月1日ヨーロッパリーグ予選ラウンド2の2stレグでのコノーズ・キー戦(3対0)で16歳10か月7日の史上2番目のクラブ歴代最年少得点記録、 クラブと代表での欧州戦のコンペティションでは歴代最年少得点記録を更新。

ウジッツェの異能は、わずか16歳で壮烈にファーストチームでのチャンスを得て、今シーズンの最初、507分で3ゴール、ラード戦では2ゴールを記録して勝利に貢献。 欧州の舞台では、4試合169分もの席が用意され得点も記録した。 しかし、運営陣はツルノ・ベリの双肩を担う新しい偉材を再び悪のヴィライェトに入れ全てを隠匿しようとしている。 それ以降、欧州の舞台では3試合で42分も満たない席しか与えられず、12月の最終戦では82分からの出場。 国内では現在、15試合947分で4得点3アシストを記録 。席は明らかに謀計をもって限定され、屈抑しようとしている 。軽過するに非ず 。露になるのは時間の問題、クラブの賢示を待っている、甘くて享得するものか?

f:id:mancedragan:20200608204543g:plain

ラドミール・アンティッチ(パルチザン・ベオグラード、スロボダ・ウジツェ) / レアル・マドリー アトレティコ・マドリー バルセロナ ユーゴスラビア スペイン セルビア  ウジツェ ズラティボル ベオグラード マドリード ミリンコ・パンティッチ 嚶鳴

Život je srećan za one koji ga žive da bi pobijedili

ラドミール・アンティッチ"ミステル、ラドミル、ラデ、ラド、アント、アンタラ": 1948.11.22 - 2020.04.06

ユーゴスラビア人民解放戦争に従事した、ユーゴスラビア人民軍大佐、人民英雄勲章を受勲した叔父であるラドミール・ラデ・ブルキッチの名を受け継ぎ 、ヴォイヴォディナ自治州のズレニャニン近傍、中央バナトの小さな町ジティシュテで生まれた。 奇特で稀代なキャリア  選手、監督、委員、解説者 分析者 堅士 活眼 イノベーター ジャガーノート 修繕師 戦略家 チェスの愛好家  チェスの世界的なプレイヤーだった畏友であるリュボミィル・リュボエビッチと古くから気脈を通じる。 最愛するパルチザン・ベオグラード 

スペインの歴史上で、レアル・マドリーアトレティコ・マドリーバルセロナのスペインで大きく敵対する三位一体のクラブに蘊奥を説いた唯一の教導者、巨擘 スペインの歴史上で、レアル・マドリーバルセロナの最も唾棄し敵対するスペインを大きく代表する2つのクラブの椅子に座った2人のうちの1人  スペインでは、特にパルチザン・ベオグラードの及門だったボールの芸術家10番ミリンコ・パンティッチらと共に成し遂げたロヒブランコ、ビセンテカルデロン、アルガンスエラでのクラブの歴史で、最初でこれまでただ一つだけの"歴史的なダブルクラウン"が記憶されている。 最終的には、スペインでは闊大に15シーズン6チームに薫育した。 表裏を知り尽くして、詭計を弄する、いわく付きの狷介な名会長ヘスス・ヒル、ラモン・メンドーザ、ジョアン・ガスパールらとも傑然と分掌した 。 分離独立して僅かの禍乱で禍々しい セルビアには、3代目のセルビア代表監督として椅子に座り、独立後最初のW杯で、欧州予選ではフランスらを抑えて首位で突破して本大会に導いた。ところが、最終的には報われることはなかった ...(2年2日)

愛郷スロボーダが最初のキャリア (その時ティトーのウジツェ)。ウジツェでの最初のキャリアのあと、最愛するパルチザン・ベオグラードへ  ツルノ・ベリのドレスにはディフェンダーとして8シーズン388試合25得点を記録、リーグタイトルにも貢献した 。ユーゴスラビア代表にはマジャール代表との試合が唯一の招待だった。  教導の浄域であるパルティザンでキャリアを始めてから、蘊奥を極めて、ピレネー山脈に再び渡ってからも、学んだ機巧を試して、反芻していったのだった...

Radomire, volimo te! Večna ti slava MISTER ! Vecna ti slava i hvala na svemu Večna slava legendi Pocivaj u miru majstore ‼永遠に‼

f:id:mancedragan:20200424191352g:plain

f:id:mancedragan:20200424191441g:plain

ヨシップ・イリチッチ "ヨヨ"(スロベニア代表) / プリイェドルのボールの芸術家 教授 おばあちゃん イル・プロフェッソーレ ラ・ノンナ カーニオラン ボスニア・ヘルツェゴビナ スルプスカ共和国 クロアチア スロヴェニア トリグラウ マリボル ズラトコ・ザホビッチ アタランタ チャンピオンズリーグ 1試合4得点

不抜之志

 取り扱うことが難しい稀世のプロフィール 長身190㎝の左足のボールの芸術家 キャリアの隆盛 生命を脅す2つの横禍 選手キャリアを脅す重度のリンパ節疾患の病気とも戦う 通常なら長身190㎝80kgならハーフ・ウィング-イタリア語ではメッザーラ-より、ストッパーに映ることが普通。 スルプスカ共和国のプリイェドルの芸術家が有する特徴 -偉躯、長身、長い手足、広い肩幅、カーニオラン、バスケットボール選手のような風貌、埃をかぶった三枚扉の衣装ダンスのような外観、見事な手練のテクニック、ドリブル、トリックやフリックの魅惑的なレパートリー、殺人的なハンマーまたは画家の絵筆にもなり得る左足、ゲームへの素晴らしい洞察、時々無為で怠惰で気難しい性格-のため、このポジションでは余りにも奇妙に映る。

 ラ・デアへ笈を負ってから直に敢闘して15得点10アシストを記録。昨季はイタリアの年間ベストイレブン、ベスト・ミッドフィルダーを受賞(グラン・ガラ・デル・カルチョ) 。そしてこの騏驥のリーダーシップのもと、イタリアのベルガモの小さなクラブの歴史でかつてない偉業 - 初の欧州チャンピオンズリーグ。そして今日、チャンピオンズリーグの歴史で32歳41日での最年長で1試合4得点を記録した巨歩を記す。チャンピオンズリーグの歴史でノックアウト・フェーズでのアウェーの試合で2人目の1試合4得点を記録した選手に。 チャンピオンズリーグの歴史で46人目の1試合4得点を記録した選手に (ユーゴスラビアからは伝説的なパルチザン・ベオグラードのミロシュ・ミルティノビッチツルヴェナ・ズヴェズダ のボラ・コスティッチらに始まり8人目)。 イタリアの歴史で4人目のチャンピオンズリーグで1試合4得点を記録した選手に。これで新しいカレンダーになってから驚嘆の11試合14得点1アシスト 。今季現在のこの時点で、公式戦29試合21得点9アシスト。初のチャンピオンズリーグで準々決勝進出、欧州のエリートクラブの8チームに導く。  欧州チャンピオンズリーグ7試合5得点1アシスト...

 ボスニア・ヘルツェゴビナスルプスカ共和国のプリイェドルで、名前からも明らかなようにサンスキ・モスト出身のクロアチア人の家庭のもと生まれた。 既に政治的緊張、民族衝突が増大し、戦争直前のユーゴスラビアで、あまりにも苦しく早過ぎた父との永訣が起因となって、比較的安全なスロベニアのゴレンスカ地方へと戦禍を逃れた 。フットサルを長く興じたのちに、郷党トリグラフ・クラーニにある大きな芝生のフィールドに変えてから、インテルブロックに移る前に、スロベニアの下部ブリトフとボニフィカに所属していた。 インテルブロックでは65試合14得点3アシスト、 カップ優勝に貢献したものの、翌年2部リーグ降格を招いたことで、この若き逸足は大きなフィールドでのキャリアをあきらめて、フットサルに再び戻ろうとしていた。しかし、下部に埋もれていた才能を一人の人物が器遇を施して救った-それがスロベニアの伝説的なズラトコ・ザホビッチだった。この奇士の招きでマリボルで再出発してやり直してから、僅か56日11試合で、アペニン半島で最も優秀で経験豊富な教導者の一人が、筐底から連れ出していったのだった 。インテルブロックのものが、キャリアで唯一のトロフィー。しかし、このボールの芸術家は、これまで長い徒路で万難を排して最後には全てで勝利してきた...

f:id:mancedragan:20200525184312g:plain