Jugoslovenska škola

私淑するものとして ヴァルダル川から トリグラウ山まで ユーゴスラヴィア プラーヴィ

ヴチッチ、セルビア進歩党女衒に拠るサッカー代表連盟、セルビア代表指揮官 /7番目のズヴェズディナ・ズヴェズダ 

サッカーの権力の糸を操っている独裁者アレクサンダル・ブチッチは、プクニ・ゾロを歌い、ライコ・ミティッチ、ドラゴスラフ・シェクララツ、ドラガン・ジャイッチ、ヴラディミル・ペトロビッチ "ピジョン"、ドラガン・ストイコビッチ"ピクシー"、1991欧州チャンピオンズカップ優勝世代のように舞い、容易にセルビア代表"鷲"をワールドカップへと高く飛ばす。

 大統領アレクサンダル・ブチッチはサッカーとファンに特別な注意を払い、最も原始的なポピュリズムをもって、政治的キャリアを構築し、 ミロシェヴィッチ、シェシェリ、ジンジッチ、コシュトニツァ、タディッチや他の閣僚と違い、フィールド、特にスタンドからの勢力を常に理解している。 ミロシェヴィッチの大セルビア主義の欲望と初のクロアチア自由選挙に勝利したトゥジマンとHDZの新政府に象徴される、 分裂、崩壊と戦争の話で避けることはできない、ユーゴスラビア内戦勃発の引き金となった、ディナモ・ザグレブツルヴェナ・ズヴェズダの政治的に重要な試合、マクシミールの血の日曜日 で、その当時、セルビア急進党ヴォイスラヴ・シェシェリの生徒だったのと同時に、世界最高峰のファン・グループのデリエのメンバーとして闘い、今もなお、ツルヴェナ・ズヴェズダの黒幕であり、狂信的なファンであるヴチッチは、 セルビア民兵組織タイガー部隊のボス、セルビア統一党、デリエのリーダーだった悪ジェリコ・ラジュナトヴィッチ-"アルカン"に倣い、イデオロギーナショナリズムを通じ、サッカーを隠匿し、病的なアブソリューティズムを興隆させる。

f:id:mancedragan:20171113173543j:plain

広告を非表示にする