Jugoslovenska škola

私淑するものとして “Srbija do Tokija” 東京までセルビア "Od Vardara pa do Triglava" ヴァルダル川からトリグラウ山まで ユーゴスラヴィア プラーヴィ

10 vjetorin e Pavarësisë së Kosovës Pavarësia e Kosovës 2008年2月17日 コソボ代表 ダルダネト イブラヒム・ルゴヴァ ビル・クリントン  ラムシュ・ハラディナイ マルッティ・アハティサーリ ファトミル・セイディウ ハシム・サチ

Me 17 shkurt 2008 lindi një shtet i ri në botë Lavdi gjithë dëshmorëve dhe heronjëve që “ranë” për lirinë e Kosovës! I përjetë çoftë kujtimi për ata që kontribuan në Pavarësinë e Kosovës. Kosovë, qytetarë të Kosovës, shqiptarë kudo që jeni…

2018W杯多民族国家ボスニア・ヘルツェゴビナ出身の4人の才気煥発な家主/ガヴリロ・プリンツィプ イヴォ・アンドリッチ メフメド-パシャ・ソコロヴィッチ ウラジミール・プレローグ アシム・フェルハトヴィッチ イヴィツァ・オシム ブランコ・スタンコヴィッチ ミルサド・ファズラギッチ アンテ・パヴェリッチ アリヤ・イゼトベゴヴィッチ エミール・クストリッツァ サフェト・スシッチ  ハサン・サリハミジッチ セルゲイ・バルバレス ズラタン・シェフィク・イブラヒモヴィッチ"キンコ" エディン・ジェコ"ディヤマント"

政治家や民族主義者の陥穽によって、民族融和、多民族性―街灯柱に横たわる大酒飲みのように、国際社会が何十年も頼った無意味なトーテム― を軍靴や戦車に踏みにじられ、現在も政治リーダーや御用聞きたちが戦争に導いた古いレシピを使いながら、市民を民族グ…

ノヴィ・サドの軍人/セルビア代表黄金の"鷲"セルゲイ・ミリンコヴィッチ-サヴィッチ FKヴォイヴォディナ ジョルジェ・ペトロヴィッチ-カラジョルジェ ヴヤディン・ボシュコヴ

凄惨を極めたユーゴスラビア紛争の泥沼を抜け出し、カラシニコフ銃をボールに擬し、ベチェイからピレネー山脈を渡った父ニコラ・ミリンコビッチが、 当時スペイン一部リーグのラ・リーガに昇格したカタルーニャ州のクラブUEリェイダに移り逗留していた時に、…

ユーゴスラビア代表のゴールマン/スルプスキ・シノヴィ・スラブニフ: ラトコ-ミレ・スヴィラル セルビア ヴォイヴォディナ・ノヴィサド

ヴェリキ ウラディミール! Balerina s Čeličnim Šakama i Čovjek od Gume ヴラディミル・ベアラ、フラニョ・グラサー、ミロヴァン・ヤクシッチ、ミルティン・ショシキッチ、イリヤ・パンテリッチ、イヴァン・チュルコヴィッチ、 エンベル・マリッチ...世界が…

ヴチッチ、セルビア進歩党女衒に拠るサッカー代表連盟、セルビア代表指揮官 /7番目のズヴェズディナ・ズヴェズダ 

サッカーの権力の糸を操っている独裁者アレクサンダル・ブチッチは、プクニ・ゾロを歌い、ライコ・ミティッチ、ドラゴスラフ・シェクララツ、ドラガン・ジャイッチ、ヴラディミル・ペトロビッチ "ピジョン"、ドラガン・ストイコビッチ"ピクシー"、1991欧州チ…

新たなコルバラの戦い/ユーゴスラビア代表ネマニャ・マティッチ(セルビア王国代表) 

コルバラの基礎自治体ウブの村ヴレロに任地したタムナバからの兵士ネマニャ・マティッチNemanja Matić ―ユーゴスラビア崩壊直前、2部マチュヴァ・シャバツでミロスラヴ・ジュキッチとともに活躍した ドラガン・マティッチを父親にもつ、セルビアが欲していな…

泥濘する政治のフィールド サッカー Dardanët コソボ セルビア ユーゴスラビア/カラジッチとヴォクリ、ダチッチとタチ、コンスタンティウス・クロルス 、アティフェテ・ヤヒヤガ、 ハシム・サチ、イブラヒム・ルゴヴァ、マルッティ・アハティサーリ

ただ一人、ここ何十年もの間、キャリアのなかでも、最も困難な闘いに敢然と挑み、逢着する危険な政治ゲームに勝利し、至高のゴールを決めたコソボの伝説ファディル・ボクリ ―ポドゥイェヴォ出身、KFラピ、FKプリシュティナ、パルティザン・ベオグラード、民…

クロアチア代表と大統領フラニョ・トゥジマン サッカーと民族主義の澎湃 麗しき我らがふるさと/スティエパン・ボベク 、ズラトコ・チャイコフスキー、ブランコ・ゼベツ、ベルナルド・ブカス、ヴラディミル・ベアラ、ブルノ・ベリン、イヴィツァ・ホルヴァト、ドラジャン・イェルコヴィッチ、ヨシップ・スコブラル、ダヴォル・シュケル、ズボニミール・ボバン 、ロベルト・プロシネチキ 、アレン・ボクシッチからルカ・モドリッチ、イヴァン・ラキティッチ、マテオ・コヴァチッチ、マリオ・マンジュキッチ、イヴァン・ペリシッチ

他のユーゴスラビアの国々と比べて、 クロアチアは、独立後1990年代、大統領自身がFranjo Tuđmanサッカーの熱烈な愛好家―フラニョ・トゥジマン―によって統治されたのが特徴的である。 クロアチアのサッカーの強い政治性を理解する決定的で些細な要素―まず第…

淵源/ 政治家とサッカー Tole Lopove! セルビア パルチザン・ベオグラード ツルヴェナ・ズヴェズダ

政柄を握るトミスラヴ・ニコリッチがアレクサンダル・ヴチッチに。 イビツァ・ダチッチのセルビア社会党がアレクサンダル・ヴチッチのセルビア進歩党に。パルチザン・ベオグラードがツルヴェナ・ズヴェズダに。 セルビアでは、サッカーは政争の道具であり政…

黒い山モンテネグロ代表 ハラブリ・ソコリ ユーゴスラビア/ペータル2世ペトロヴィッチ-ニェゴシュ、アレクサンダル1世、聖サヴァ、ステファン・ネマニャ、ミロヴァン・ジラス、ニコラ1世、エレナ・デル・モンテネグロ 、ペコ・ダプチェヴィッチ、エレナ・ペトロヴナ、ミリツァ・ニコラエヴナ、プレドラグ・ミヤトヴィッチ、デヤン・サビチェヴィッチ

旧ユーゴスラヴィアの浩瀚な歴史において、第1回目のFIFAワールドカップでのブラジル戦の活躍により、エル・グランデ・ミロヴァンの異名が奉られ、最初のワールドカップで世界のベストイレブンに選出された主将のミルティン・イヴコヴィッチと共に大活躍した…

軍靴を履くザダールとズヴォルニクのボールの芸術家 /ルカ・モドリッチ ミラレム・ピアニッチ ユーゴスラビア 10番 クロアチア代表 ボスニア・ヘルツェゴビナ代表

日々の生活で、ベラヤを避けるために、賢さ、鋭い洞察力、多くのアイディアが、遺伝子に書き込まれる地域ユーゴスラビア。 現在、ユーゴスラビアのデセトク―アレクサンダル・ティルナニッチ、ブラゴイェ・マルヤノヴィッチ、スティエパン・ボベク、ベルナル…

コソヴォアルバニアサッカー新たな嚆矢/スカンデルベグ、ムハンマド・アリー・パシャ、イスマイル・チェマリ、ゾグー1世、エンヴェル・ホッジャ、ムスタファ・ケマル・アタテュルク、アリ・サミ・イェン、マザー・テレサ、ロロ・ボリチ、パナヨト・パノ、アデム・ヤシャリ、アギム・ラマダニ、ラムシュ・ハラディナイ、アジズ・サリフ、ノバク・ジョコビッチ、マイリンダ・ケルメンディ

民族と文化と言語が融和するサッカースタジアム、コソボにとって最大のモクス、ミトロヴィツァにある"アデム・ヤシャリ" ―コソボ解放軍の父、コソボ解放軍の創設者、伝説の司令官、アルバニア人にとってのコソボ独立のシンボルである魁偉なアデム・ヤシャリ…

もう一人の青年ボスニア/セルビア代表黄金の"鷲"ミヤト・ガチノヴィッチ

世界の血まみれの揺籃地、凄惨な歴史を有し、多文化都市サラエボで、第一次世界大戦の勃発の起因となったハプスブルク帝国からのボスニア・ヘルツェゴヴィナの解放と南スラブの統一を目指す「青年ボスニア」の革命運動による暗殺者ガヴリロ・プリンツィプが…

端倪すべからざる人物 新たなスロボダン・ペネジッチ・クルツン ミロシュ・オビリッチ プリンツィプ アルカン スロボダン・ミロシェヴィッチ / ツルヴェナ・ズヴェズダ ヴチッチ首相、テルジッチ、コケザ、チョヴィッチ vs パルティザン 1:1 34アレクサンダル・ヴチッチ - 87ウロシュ・ジュルジェヴィッチ

政治家、極右の民族主義者、武装マフィア、戦場帰りの犯罪者たちが、サッカーを壊し、猖獗を極めるセルビア共和国。 ツルヴェナ・ズヴェズダのウルトラス・リーダー、ズヴェズダを勢力基盤にして、サポーターを兵士として採用し、ユーゴ戦争を戦った悪名高い…

コンスタンティヌス大帝、ドラガン・ストイコヴィッチ ピクシー、イバン・ミリュコビッチ、ステバン・シンジェリッチ、ステヴァン・スレマツ、デヤン・ペトコヴィッチ /蘊奥、ニシュの先賢、セルビア代表黄金の"鷲"

逸話は、ニーシュで始まり、当時Dragan Stojković Piksiユーゴスラビアリーグにおいて、ラドニチュキ・ニーシュの少年は、ハイデュク・ヴェリコ戦16歳でプロデビュー、ディナモ・ザグレブ戦17歳で初ゴール、ユーゴスラビア代表にザグレブでのフランス代表戦1…

パルティザン部隊による濫觴 /パルティザン・ベオグラードとドラガン・マンツェ

伝統と権威あるセルビアのパルチザン・ベオグラード―民族主義政党クロアチア民主同盟(HDZ)を結成し、初代クロアチア大統領になり、サッカーを最大限に政治利用した、若き日のフラニョ・トゥジマンが、怜悧な革命家で、のちに多民族国家ユーゴスラビアの再…

クロアチア人ディアスポラ

旧ユーゴスラヴィアは、何十年、何百年の歴史を通して、不運にも、戦争や政治情勢のため、生き残るために、もしくわ、ここでは得ることが難しい専門知識と妙技への認識や野望を達成するために、例えば、クロアチアは、ヨーロッパに中央アジアや中国を紹介し…

マケドニア代表・サッカーの紐帯/フィリッポス2世、アレクサンドロス大王、ユスティニアヌス1世、ゴツェ・デルチェフ、ヴォイヴォダ・バブンスキー、マザー・テレサ、トシェ・プロエスキからゲオルゲ・ハジ、ダルコ・パンチェフ

大セルビア主義者のスローガンになった、スロボダン・ミロシェヴィッチ独裁政権下で使われた「Srbija do Tokijaスルビヤ・ド・トキヤ/東京までセルビア 」を生んだ契機とされる、 ユーゴスラビア崩壊とともに、ツルヴェナ・ズヴェズダが極めた隆盛(UEFAチャ…

セルビアコソボサッカーの停頓 /大アルバニアと戦争 黄金の鷲の子 ピクシー ドラガン・ストイコビッチ 

バルカンにとって今年の最も重要な政治的決定の一つでもあるコソボのUEFA加盟が、規定に違反するとして、ワールドカップ予選などのコンペティションから締め出したいセルビアの要求の下、再びスイスのローザンヌの国際スポーツ仲裁裁判所で審議に着手する。 …

多民族国家最後のPK

今年、オランダのハーグでの旧ユーゴスラヴィア国際戦犯法廷で禁錮40年の有罪判決を言い渡されたセルビア人勢力指導者ラドヴァン・カラジッチが、若き日にFKサラエヴォで心理学者として従事していたけれども、その時、後の悪辣な政治家と共に時間を過ごした…

コソボ代表 /イブラヒム・ルゴヴァの所産

泥沼化した民族紛争から旧ユーゴ解体・消滅後も、動乱の時代を生き、忍従し、国際社会に認められてないコソヴォが、遂にUEFAとFIFAの加盟国として認められ、大きな1歩を踏み出し、スタジアムに政治を持ち込む。 コソヴォにとって、歴史的最初の国際試合の対…